UR-111Cカッコ良すぎワロタ

カテゴリ:
超絶機構、唯一無二の革新的腕時計を次々と生み出す独立派ブランド、URWERK。最近出た新作UR-111Cがカッコいいったらありゃしない。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

下のコンセプトムービーを見て欲しい。もはや合体ロボットである。そして日夜喜んでこのムービーを眺めていつかこの手に巻くのを夢に見ているいい歳こいた時計愛好者達は、少年が超合金ロボットのオモチャに目を輝かせている姿となんら変わりがない。



カッコ良すぎ!


モニタの前の諸君も、目をキラキラさせて、さぁもう一度再生して見ましょう。






ヴァルカンの時計とストレッチジーンズ

カテゴリ:
お気に入りのストレッチジーンズ、と呼んでいいのだろうか?ボルダリングパンツという名前だがデニム地なので街でしか履かないやつ。クリーニングに出して引き取ったまますっかり忘れていたのを発見して履いてみた。

IMG_6896


多分これか?↓

(マムート) MAMMUT アウトドア パンツ チョーク ボルダー パンツ 1022-00330 [メンズ] 1022-00330 5818 blue denim XS
MAMMUT(マムート)
2017-12-01

時計はヴァルカンのクリケットノーティカル、シリコンバンド換装版。なんかバンドに白っぽい埃がたまっててあまりかっこよくない。今度水洗いしとこう。

IMG_6895



黒文字盤の時計、いつでも楽に履けるストレッチジーンズと同じく一つは持っておいて損はないものと思われます。
IMG_6963
テディベアだらけのカフェで頼んだチョコスムージー。
甘いけどうまー



唐揚げには山盛りマヨネーズ

カテゴリ:
昼飯の唐揚げ定食。

お供の時計はウィットナーのレトログラード時計。スーパーカッコ良い時計である。色が何パターンかあるのだが、この、黒✖️金が最もカッコ良い!
IMG_6820


マヨネーズはいつも山盛りを頼む。ここで盛りが極小だったり、別料金を請求してくる店には二度と行かない。

この店はその点素晴らしく、これでもかという盛りである。だから、唐揚げが食いたくなればいつもここに通う。
IMG_6821

…余談ではあるが、根っからの唐揚げマヨネーズ派の僕にでもマヨネーズはいらない唐揚げが存在する。

それは大分県の国東高校という高校のすぐそばにある、あるいはあった肉屋さんの唐揚げなのだが、素の唐揚げそのまんまなのにスパイシーで奥行きが深く、衣はカリカリ、鶏肉はジューシーで旨味がぎっしり詰まっている。

世の中にこんなうまいものがあったのか、と、当時十歳にも満たない僕は驚愕したのであった。

なぜ場所を覚えているかといえば、親戚のおじさんに連れられて唐揚げを買ったあと、二人でその唐揚げを食べながら野球部の練習を眺めていたから。大分にはもう十数年足を踏み入れておらず、その店が何という名前か、どうなったかなど分かりようも無い。

あの唐揚げこそが人生のベスト唐揚げであり、以来、マヨネーズ漬けにして唐揚げを食う行為は、ベスト唐揚げにもう出会うことができない悲しみを埋め合わせているだけなのかもしれない。

麻薬中毒者は、薬をやめてから何年たっても強烈なフラッシュバックに襲われるという。唐揚げですらこうである、僕は20年以上の昔に食べた唐揚げを今でも忘れることができないのである。

IMG_6824

それでもここの唐揚げは、他とは比較にならないレベルでうまい。素材、仕込み、油、揚げのどれか一つでも疎かにするとこの味はでない。自分で作るからよくわかる。至福の時を最高の時計とともに過ごす。完璧な金曜日の昼下がりだ。

美味しゅうございました!

IMG_6836


編み編みストラップ x Memovox

カテゴリ:
ズボン用のベルトではたまに編み編みのやつを使うのだが、時計のバンドにも編み編みのやつが登場して久しい。

この編み編みバンドの正式名称は知らないので、ここでは編み編みストラップと称する。

メリットは、ベルトと同じくフレキシブルに長さ調整ができることと、オーセンティックなルックス。
IMG_6797
装着の仕方はNATOストラップに似ていて、スプリングを取り外すことなく着脱できる。NATOほどくだけた感じではないので、ビジネスユースも余裕である。

合わせたのはジャガールクルトのMemovox e855。数あるデザインの中でも一番カッコ良いと思ってるデザインのモデル。ドーフィンハンド、アラームインジケーターダイアルまで伸びる細長いバーインデックスが特徴。
IMG_6800
お試しということで何となく緑色を買ったのだが、思いの外使いやすくカッコ良いので、他の色も買おう。何色にしようかなー、迷うなあ。

IMG_6794

目新しいストラップをお探しの皆様、是非編み編みストラップをおためしあれ!


焼肉 de Synchronar

カテゴリ:
また食欲に負けて1周目焼き始めてから写真撮ってないことに気づいた…

IMG_6698
大好物のホルモン。

社会人になるまで食べたことがなかったのだが、こんなうまいものに食欲旺盛な十代の頃に気付かなかったのは、かなり損であった。ちなみに焼き鳥のぼんじりも同じく成人してから食ったらあまりの旨さに驚いた。

これはまた別の日の、エスニックな感じのラーメン。
IMG_6767


…あとものすごいどうでもいい情報として、シンクローナは、プラスチックのモジュールが側面にあるためブレスレットをしてもステンレスのケースが傷つかないという特徴がある。だから1枚目の写真では金属ブレスを併用。石の数珠ブレスなんかもいけるはず。

Lipのオールドクロノ、マッハ2000…カッコ良すぎひん?

カテゴリ:
昔某ベイで見つけて保存してた画像。
 
LIP MACH 2000 CHRONOGRAPH  
FullSizeRender


かっこよすぎてびびる…

FullSizeRender


これは色違い。カラフルなプッシュボタンが最高にかっこよい。



高級時計ブランドとして知られるアラン・シルベスタインが時計を作り始めた理由は、このモデルをずっと使っていて壊れてしまい、他に気に入ったのがなかったから自分で作ろうとしたというのが始まり、らしい。なんとなくわかるかも・・・w
「アラン・シルベスタイン」の画像検索結果
アラン・シルベスタインの時計。色使い、直線と曲線の組み合わせにマッハ2000の面影を感じなくもない



Logo入りバンド欲しすぎる。。。

このデザインは後年クォーツで復活しLIPの代名詞ともいえるほどに有名になったが、オリジナルは1973年、いまから実に45年前(!)にバルジュー7734で発売されたこのクロノグラフなのであった。

デザイナーは伝説の工業デザイナー、ロジェ・タロン

LIPはバシュマコフやブリケなど名だたるデザイナーを起用している歴史を持つが、その中でもLIPのロゴのデザインを完成させたこの人物こそ最重要とみて間違いない。フランスの高速鉄道TGVのデザインや、ポータブルテレビのTelevia、果てはスキーブーツまで、時計界のみならず産業界にも多大な影響を及ぼしている。
「Roger Tallon」の画像検索結果


こんなチェアや
vue_ensemble14


こんなランプをデザインした人。
images



同じくLIPのLEDウォッチも激カッコよい。
「LIP LED watch」の画像検索結果



うーん、、、、欲しい。。。。カッコよすぎるぜマッハ2000・・・。
Lip-Mach2000-3




曲線的デザインがIKEPODにも通じるものがある・・・のか?
個人的にはIKEPODのスペーシー味のある曲線よりも、LIPのぬくもりのある曲線デザインのほうが好きだ。
「IKEPOD」の画像検索結果
IKEPODの時計画像(参考)。針の形が超かっこよい!


曲線の中にも直線を交え、素材のぬくもりを活かしている。LIPはそういう時計が多い。
Lip-Mach2000-1

こういう時計は、部品が壊れたりなくなったりしたら替えがないので別作するしかなく、しかもオリジナルに忠実に再現するならば、樹脂素材で作ることになるので難しいであろう…

復刻盤はごまんと存在するのだが所詮復刻は復刻、しかもクォーツムーブである。やはり手に入れるならオリジナル以外にあり得ないのではなかろうか。


以上、いつかは手に入れたい伝説のクロノグラフのご紹介でしたとさ。


※LIPのデザインに魅せられた人はぜひこのサイトもチェック!

Lip horloges 

シャネルがF.P.ジュルヌの株式20%を取得…ええやん!!

カテゴリ:
おそらく相当の時計好きしか知らないであろう、しかし高級時計好きなら必ず知っているであろうブランド、フランソワ ポール・ジュルヌ (F.P.JOURNE)

一般的知名度はほぼ無いといって良いのだが、独立時計師アカデミー(AHCI)に所属するフランソワ・ポール・ジュルヌ氏により設立されたブランドである。ほかの時計にはあまり見られない革新的なデザイン、18金をムーブメントに使用する豪快さ、そして特徴的なティアドロップ型の針がとてもエレガント。

大手のリシュモングループやスウォッチグループに属しない完全独立ブランドであり年間で1000本にも満たない数しか作成しないため、出回る数も非常に少ない。

代表的な時計をいくつか貼るが、見たことある!という人も多いのではなかろうか?

Image result for F.P.jOurne

Image result for F.P.jOurne
これ特によい…


Image result for F.P.jOurne


僕も時計好きの人たちのSNSを結構フォローしているのだが、F.P.Journeはかなり人気があり、とてもうらやましいのであった。

イメージとしては、ロレックスを経てパテックへと至り、ルクルトやランゲに枝を伸ばしつつさらに幹を伸ばしたところにあるブランド・・・という感じだろうか?

このブランドについて、つい先日このようなニュースが持ち上がった。

シャネルがF.P.ジュルヌの20%の株を取得

Chanel acquires a 20% stake in F.P.Journe


なんとシャネルがF.P.Jorneの株の20%を取得したことが、2018年9月14日に明らかになったというニュースだ。これはつまり、FPJとシャネルの協力関係がオフィシャルなものとなり、相互に影響を及ぼしうる事を示している。

内心気が気でないのは現在のユーザーであろう。彼らが魅了され、一千万近い金を払って買ったブランドが大手資本に与する事となり、めちゃくちゃにされないだろうか?デザインがダサくなり、利益偏重で品質が落ちないか?…等々。

ところがこの記事では、ベルロスを例にあげ、シャネルと資本関係を持った時計メーカーはその特性も独立性も保たれるので安心してほしい、まだ慌てるような時間じゃないーーーという主張を展開しているようだ。

さらにこの提携のメリットとして『A big partner like Chanel makes the brand more resistant in case of a downturn of the economy(Chanelのような巨大なパートナーは、ブランドが経済的な苦境に立たされる時により心強く支えていける)』と述べているが、これは他の掲示板でも語られているように、まずはキャッシュフローの強化、そして今後数年、数十年のブランドの事を考えたFPJ幹部の(内心の)念願でもあったのではなかろうか。

ブランド維持のための売却

F.P. Journe Sells 20% Ownership to Chanel: The True Cost of independence』という記事では、ジュルヌ氏が最も多く投げかけられる質問を推測している。それは、

What would happen to the brand when you are no longer around?” 
(あなたが去ったとき、FPJブランドはどうなるのですか?)


というものであり、独立ブランドはそれゆえにこだわりのある製品を作り世界中にファンを持つが、一方大手グループの庇護を受けず、何かの際には経営が立ちいかず、消えていくのではという懸念が払拭されるものではない、とのことである。

これもまさにその通りで、非常に納得できるロジックだ。

そもそもジュルヌ氏の強烈な個性により世界中で何億ユーロもの売り上げをあげているのである。もし氏に不慮の事故が、不治の病が…などという懸念は当然として、成長著しいアジア市場、中東市場は同時に地政学的リスクも相応にはらんでいるため、もし短期的なものであっても戦争や紛争などが勃発した場合に売り上げの大半を失い、キャッシュフローが悪化し経営が立ちいかなくなる…という懸念もある。

この記事も資本提携には好意的な印象を持っており、シャネルの関係者の談話として『シャネルはFPJのものづくり精神、芸術性を理解しており、またそれらを敬愛し、守っていきたいと考えている』と述べている。

これはブランドのファン、ユーザーにとって最も聞きたかった言葉であろうし、このニュースの受け止め方を決定付けるものであろう。おめでとうございます。

シャネルはオーナーもF.P.ジュルヌのファンでありコレクターであるという噂もあるため、むしろF.P.ジュルヌブランドは盤石となったいう見方で正しいと言って言い過ぎではないだろう。ひと言でいうと、タイトルの通り「ええやん!」となる。

僕は個人的にYEMAというフランスメーカーの時計のファンでもあるので、このフランスの二大ブランドが資本提携するというのはとても腑に落ちるものであった。かつて実際に起こったYEMAがSEIKOに買収されたというニュースよりははるかに腑に落ちるw

まとめ

  • 20%の株式売却はFPJノーダメ、資金注入おいしいです
  • シャネルが最初からFPJの独立性キープを表明、つかオーナーがFPJの大ファン
  • 過去にベルロスやグルーベル・フォルセイなど大手資本と提携しても独立性を保つブランドはある
  • ジュルヌ氏個人への依存によるブランドリスクの軽減によりFPJはより盤石に

『いつかデイトナ欲しいよね』は、(どちらも手の届かない高嶺の花であっても)シャネルとF.P.ジュルヌの新たなる歴史を応援しています。

分解掃除にうってつけ!穴ポコシート

カテゴリ:
先日時計具材店で見かけて、タダで数枚もらったプラスチックのシート。元々は電池か何かの仕入れ時のケースだろうか?
IMG_20180915_104320


たくさん穴があるので、分解清掃時に部品を置いておくのに役に立ちそう…と思ったのだが、

IMG_6598

ビンゴ!

めっちゃ便利!!

僕はいつも、バラした部品とネジがあってるかどうか、組み合わせを間違わないかどうかをとても心配する人なのだが、これさえあれば、バラした部品とネジをセットで置いておけるので安心。

IMG_6594

僕の癖で、バラした部品は右上から左に向かって順に置いていく。


この写真では、右上に輪列を抑えるブリッジ、その横に輪列、その下にはアラーム機構と、左真ん中にはカレンダーとカレンダー抑えが置かれている。
IMG_6597
カレンダー周りは特にネジが多彩でしかも極小なので、これは本当に助かる。贅沢を言えば、透明な蓋が取り付けられればもっと良い。


こうして写真に撮っておけば、部品を超音波洗浄機で洗った後にまた正しくネジと組み合わせられる、これは久々にかなりいい買い物をした。なんでもっと早く気づかなかったんや…

IMG_6561
今やってるビンテージアラームムーブメント


使用後は水洗いもできるし、清潔。

身の回りに同じようなシートがある人、是非お試しくださいませ。

ちなみに小さいサイズの穴のシートもあり、こちらもネジ置きに使えそう。
IMG_20180915_104240

SICURA GlobetrotterがMatchとマッチした

カテゴリ:
世界一美味いといっても過言ではないかもしれない、大塚製薬のMATCH。初めて飲んだ時はその美味さに衝撃をうけたものである。

大塚製薬の商品はあまり大きく変わることがない分安定して生産させるというイメージがあるが、これもまさにそうで、派手なヒットにはならなくても、決して市場からなくなることはない、名清涼飲料水である。

黄色と緑のシャツを着たら、色もばっちり!青x黄色というベゼルのSICURA Globetrotterにもこの上なく映えて、ビタミンがたくさんとれそうな色合わせになってしまった。ラベルの水色は偶然スニーカーと合ったw
IMG_4177




水面の魚を眺めながら優雅に時計をかざす、この時間のぜいたくさよ。

IMG_4182



過去のSICURA Globetrotter関連エントリはこちら。ボロボロのジャンクを買って再生させた時計なので、思い入れはひとしお・・・!!






魚とVulcain Cricket Nautical、と、最後にラーメン

カテゴリ:
人気の海鮮系居酒屋で魚を食う。

魚ということでダイバーズ時計の…

Vulcain Cricket Nautical

IMG_3996

黒文字盤は夜に映える!!



刺身盛り。大満足の量!!
IMG_3994

これはなんだ?お通し?だったかな?
IMG_3992


鮟肝パテ、だったはず。クラッカーの味は余計だなー。これだけで腹が膨れてしまう。
IMG_3991



んで締めは…大都会の真ん中にたたずむ某ラーメン屋。
IMG_4021



うまっ!!

この店はパイコー麺もある。タンタンメンもあり、どちらも同行者から一口もらったがマジうまかった。しかし一番うまいのはシュウマイであった。あのシュウマイなら20個食える。。。写真撮り忘れた。。


以上、夜のValcain Cricketでしたとさ。


このページのトップヘ

見出し画像
×