シャネルがF.P.ジュルヌの株式20%を取得…ええやん!!

カテゴリ:
おそらく相当の時計好きしか知らないであろう、しかし高級時計好きなら必ず知っているであろうブランド、フランソワ ポール・ジュルヌ (F.P.JOURNE)

一般的知名度はほぼ無いといって良いのだが、独立時計師アカデミー(AHCI)に所属するフランソワ・ポール・ジュルヌ氏により設立されたブランドである。ほかの時計にはあまり見られない革新的なデザイン、18金をムーブメントに使用する豪快さ、そして特徴的なティアドロップ型の針がとてもエレガント。

大手のリシュモングループやスウォッチグループに属しない完全独立ブランドであり年間で1000本にも満たない数しか作成しないため、出回る数も非常に少ない。

代表的な時計をいくつか貼るが、見たことある!という人も多いのではなかろうか?

Image result for F.P.jOurne

Image result for F.P.jOurne
これ特によい…


Image result for F.P.jOurne


僕も時計好きの人たちのSNSを結構フォローしているのだが、F.P.Journeはかなり人気があり、とてもうらやましいのであった。

イメージとしては、ロレックスを経てパテックへと至り、ルクルトやランゲに枝を伸ばしつつさらに幹を伸ばしたところにあるブランド・・・という感じだろうか?

このブランドについて、つい先日このようなニュースが持ち上がった。

シャネルがF.P.ジュルヌの20%の株を取得

Chanel acquires a 20% stake in F.P.Journe


なんとシャネルがF.P.Jorneの株の20%を取得したことが、2018年9月14日に明らかになったというニュースだ。これはつまり、FPJとシャネルの協力関係がオフィシャルなものとなり、相互に影響を及ぼしうる事を示している。

内心気が気でないのは現在のユーザーであろう。彼らが魅了され、一千万近い金を払って買ったブランドが大手資本に与する事となり、めちゃくちゃにされないだろうか?デザインがダサくなり、利益偏重で品質が落ちないか?…等々。

ところがこの記事では、ベルロスを例にあげ、シャネルと資本関係を持った時計メーカーはその特性も独立性も保たれるので安心してほしい、まだ慌てるような時間じゃないーーーという主張を展開しているようだ。

さらにこの提携のメリットとして『A big partner like Chanel makes the brand more resistant in case of a downturn of the economy(Chanelのような巨大なパートナーは、ブランドが経済的な苦境に立たされる時により心強く支えていける)』と述べているが、これは他の掲示板でも語られているように、まずはキャッシュフローの強化、そして今後数年、数十年のブランドの事を考えたFPJ幹部の(内心の)念願でもあったのではなかろうか。

ブランド維持のための売却

F.P. Journe Sells 20% Ownership to Chanel: The True Cost of independence』という記事では、ジュルヌ氏が最も多く投げかけられる質問を推測している。それは、

What would happen to the brand when you are no longer around?” 
(あなたが去ったとき、FPJブランドはどうなるのですか?)


というものであり、独立ブランドはそれゆえにこだわりのある製品を作り世界中にファンを持つが、一方大手グループの庇護を受けず、何かの際には経営が立ちいかず、消えていくのではという懸念が払拭されるものではない、とのことである。

これもまさにその通りで、非常に納得できるロジックだ。

そもそもジュルヌ氏の強烈な個性により世界中で何億ユーロもの売り上げをあげているのである。もし氏に不慮の事故が、不治の病が…などという懸念は当然として、成長著しいアジア市場、中東市場は同時に地政学的リスクも相応にはらんでいるため、もし短期的なものであっても戦争や紛争などが勃発した場合に売り上げの大半を失い、キャッシュフローが悪化し経営が立ちいかなくなる…という懸念もある。

この記事も資本提携には好意的な印象を持っており、シャネルの関係者の談話として『シャネルはFPJのものづくり精神、芸術性を理解しており、またそれらを敬愛し、守っていきたいと考えている』と述べている。

これはブランドのファン、ユーザーにとって最も聞きたかった言葉であろうし、このニュースの受け止め方を決定付けるものであろう。おめでとうございます。

シャネルはオーナーもF.P.ジュルヌのファンでありコレクターであるという噂もあるため、むしろF.P.ジュルヌブランドは盤石となったいう見方で正しいと言って言い過ぎではないだろう。ひと言でいうと、タイトルの通り「ええやん!」となる。

僕は個人的にYEMAというフランスメーカーの時計のファンでもあるので、このフランスの二大ブランドが資本提携するというのはとても腑に落ちるものであった。かつて実際に起こったYEMAがSEIKOに買収されたというニュースよりははるかに腑に落ちるw

まとめ

  • 20%の株式売却はFPJノーダメ、資金注入おいしいです
  • シャネルが最初からFPJの独立性キープを表明、つかオーナーがFPJの大ファン
  • 過去にベルロスやグルーベル・フォルセイなど大手資本と提携しても独立性を保つブランドはある
  • ジュルヌ氏個人への依存によるブランドリスクの軽減によりFPJはより盤石に

『いつかデイトナ欲しいよね』は、(どちらも手の届かない高嶺の花であっても)シャネルとF.P.ジュルヌの新たなる歴史を応援しています。

分解掃除にうってつけ!穴ポコシート

カテゴリ:
先日時計具材店で見かけて、タダで数枚もらったプラスチックのシート。元々は電池か何かの仕入れ時のケースだろうか?
IMG_20180915_104320


たくさん穴があるので、分解清掃時に部品を置いておくのに役に立ちそう…と思ったのだが、

IMG_6598

ビンゴ!

めっちゃ便利!!

僕はいつも、バラした部品とネジがあってるかどうか、組み合わせを間違わないかどうかをとても心配する人なのだが、これさえあれば、バラした部品とネジをセットで置いておけるので安心。

IMG_6594

僕の癖で、バラした部品は右上から左に向かって順に置いていく。


この写真では、右上に輪列を抑えるブリッジ、その横に輪列、その下にはアラーム機構と、左真ん中にはカレンダーとカレンダー抑えが置かれている。
IMG_6597
カレンダー周りは特にネジが多彩でしかも極小なので、これは本当に助かる。贅沢を言えば、透明な蓋が取り付けられればもっと良い。


こうして写真に撮っておけば、部品を超音波洗浄機で洗った後にまた正しくネジと組み合わせられる、これは久々にかなりいい買い物をした。なんでもっと早く気づかなかったんや…

IMG_6561
今やってるビンテージアラームムーブメント


使用後は水洗いもできるし、清潔。

身の回りに同じようなシートがある人、是非お試しくださいませ。

ちなみに小さいサイズの穴のシートもあり、こちらもネジ置きに使えそう。
IMG_20180915_104240

SICURA GlobetrotterがMatchとマッチした

カテゴリ:
世界一美味いといっても過言ではないかもしれない、大塚製薬のMATCH。初めて飲んだ時はその美味さに衝撃をうけたものである。

大塚製薬の商品はあまり大きく変わることがない分安定して生産させるというイメージがあるが、これもまさにそうで、派手なヒットにはならなくても、決して市場からなくなることはない、名清涼飲料水である。

黄色と緑のシャツを着たら、色もばっちり!青x黄色というベゼルのSICURA Globetrotterにもこの上なく映えて、ビタミンがたくさんとれそうな色合わせになってしまった。ラベルの水色は偶然スニーカーと合ったw
IMG_4177




水面の魚を眺めながら優雅に時計をかざす、この時間のぜいたくさよ。

IMG_4182



過去のSICURA Globetrotter関連エントリはこちら。ボロボロのジャンクを買って再生させた時計なので、思い入れはひとしお・・・!!






魚とVulcain Cricket Nautical、と、最後にラーメン

カテゴリ:
人気の海鮮系居酒屋で魚を食う。

魚ということでダイバーズ時計の…

Vulcain Cricket Nautical

IMG_3996

黒文字盤は夜に映える!!



刺身盛り。大満足の量!!
IMG_3994

これはなんだ?お通し?だったかな?
IMG_3992


鮟肝パテ、だったはず。クラッカーの味は余計だなー。これだけで腹が膨れてしまう。
IMG_3991



んで締めは…大都会の真ん中にたたずむ某ラーメン屋。
IMG_4021



うまっ!!

この店はパイコー麺もある。タンタンメンもあり、どちらも同行者から一口もらったがマジうまかった。しかし一番うまいのはシュウマイであった。あのシュウマイなら20個食える。。。写真撮り忘れた。。


以上、夜のValcain Cricketでしたとさ。


名ビンテージダイバーズで会議

カテゴリ:
多分、というかかなり高い確率でこれを持っている人間はこのビルで僕だけであろう…という時計。

Wittnauer 7004A
IMG_6482

会議でも余裕で使用。

色あせた赤ベゼがカッコ良いー!


組み立て。Rolex 16233Gの輝きは素晴らしい!

カテゴリ:
洗った部品が乾いたら、組み立てに入る。

IMG_6038

部品の一つ一つが美しく、かつ丈夫に作られている。ロレックスのいくつかのモデルは馬鹿げたプレミアがつきまくっているが、この品質を目の当たりにすると納得できてしまう。良いものは良い、以上!
IMG_6050


切り替え機構、日の裏側から組み立てて行く。切り替え機構にはシチズンのAO-3を注油。
IMG_6053


ダイアルは外した瞬間からケースの中でお寝んね。傷や汚れがつかないよう最大限気をつける。
IMG_6056


日の裏が終わったら輪列を組む。組みやすさに驚愕。本当に素晴らしいムーブ。ほぞ穴にはAO-2を注油。
IMG_6105


耐震機構は見たことがなかったので、ユーチューブでかなり予習が必要であった。バネが非常に折れやすいため、全神経を集中させて扱う必要がある。更には注油や石の取り付けなどとてもデリケートな作業になるため、めちゃめちゃ神経を使う。

練習が必要なので、やったことない人は絶対にジャンクムーブ何個かで練習する必要あり。

自動巻機構も、カポッと。
IMG_6106

すでに磨いて洗浄してあるケースに合わせる。
IMG_6107


ホイ。
IMG_6108

綺麗だ。
IMG_6111

パッキンは劣化していたため、新しいのに交換。ストックから合うやつを探して取り付ける。
IMG_6112

グリーシング。このスポンジに置いて、蓋を閉めてぐりぐり回すとグリースが塗布される。
IMG_6113

ピンセットで、ムーブやケースにグリースがつかないよう注意してパッキンをはめ込む。
IMG_6114
爪楊枝とか使う。

完成。
IMG_6116

テンプを調整するための特殊な器具を持っておらず歩度調整はできないので、機械の性能を信じるのみ。

試用、、という名の借用w
IMG_6127
ミーティングに何度か持ち出したが、存在感はやはり別格。

IMG_6124


小傷だらけだったバックルもスッキリ!
IMG_6140

ほんとはガラスの交換もしたいところなのだが、こちらも専用工具を持っていないため断念。十分綺麗なので良しとしよう。
IMG_6142


コンビモデルの16233G、時代を超えた美しさと気品を放っている。

歳をとるとゴールドに惹かれるのは、肌の色から明るさが失われるのも理由の一つだろう。肌はくすみ、黒ずんでも、腕に巻いた良質なゴールドの時計は、その心を照らすかのように輝きを失わない。
持ち主はこの時計に負けず、いつも輝いて周りを明るくしている方である。髪が緑やピンク、紫と目まぐるしく変わるのでいつも新鮮である。

これからどんどん活用してほしいなぁ。
IMG_6143

持ち主のK氏(とその旦那様、C氏)には喜んでもらえて何より。

その後素敵なシュークリームと、スリランカのお土産の紅茶を頂いた、ありがとうございました!


Rolex 16233G 分解洗浄 日の裏側

カテゴリ:
続いて、日の裏側の分解に入る。個人的に日の裏は苦手で、理由は昔セイコーファイブのカレンダー抑えのバネを飛ばして無くしたトラウマと、ムーブによって仕組みが極端に異なるため、部品のそれぞれの役割と組み合わせを考えるのに骨が折れるからである。
IMG_6020

ところが流石ロレックス…こちら側も整備のしやすさを念頭において設計していることが伺える。なんと、カレンダーディスクは一つのネジも外さず、抑えを90度回転させるだけで取り外せるのであった。すごない???
IMG_6021

カレンダー送り機構の抑えの裏側。左上に弓のような部品があるが、カレンダーを正しい位置に固定するためのもの。大嫌いな針金式のバネではなく、部品と一体になっているタイプ。外すのもつけるのも簡単。素晴らしすぎる😭 すごいぞ!3135。
IMG_6022

切り替え機構が丸見えに。

左側の円形の部品はカレンダー送り。その左にある長細い部品も機構の一部。カレンダー送りの回転を止め、一気にジャンプさせる。
この部品の働きにより、日付が変わる直前までカレンダーが動かず、いきなりカシャって日付が変わる。これがデイトジャストというモデル名の由来である。
IMG_6023

時針が取り付けられる筒車を取り外す。
IMG_6026

カレンダー送り機構を取り外す。写真左上に映っているが、ここにはしれっと針金式のバネが仕込まれているため、指で押さえながら気をつけて外す。ロディコで抑えるだけだとバネのパワーに負けて飛ばされることがある。
IMG_6027

切り替え機構の抑えを外す。
IMG_6028


抑え。
IMG_6029


の、裏側。
IMG_6031

さて、切り替え機構。組むときに写真を見ながら組むことになるため、凝視。昔はスケッチして構造を覚えていたらしい…💧
簡単に、好きなだけ写真が撮れて、かつ綺麗な画面でズームまでできるiPhoneに感謝。
IMG_6032

カチャカチャとバラしていく。
IMG_6033

一つの部品を外すたびに一枚写真を撮る。ヘンゼルがパンのかけらを森に落とすが如く、丁寧に…
IMG_6034

全体も欠かさずに。
IMG_6035

切り替え機構は超慎重に。リューズとどう連動するのかを予測しながらバラしていく。古い油でベトベト。
IMG_6036

完了。
IMG_6041

きれいにプレートだけになりましたとさ。ビックリマンのキラキラのような模様はペラルージュ文様という。ゴム砥石を押し付けて作るらしいが、今度ミニルーターでやってみようっと。
IMG_6042


次は自動巻機構。
IMG_6044

抑えを外す。以前、この中の真ん中の黄色い歯車が錆びている個体を直したことがある。
IMG_6046


構造を忘れないように写真を忘れずに…!
IMG_6047



こっから超音波洗浄機に突っ込んで洗う。続く。

ROLEX 16233G 分解洗浄 輪列側

カテゴリ:
ケースの方はオッケーなので、分解洗浄へ進む。

針を外す。
このギラついたダイアモンドインデックス、良いねぇ…!
IMG_6003

文字盤も外す。
側面に二つネジがあるので緩めて持ち上げるだけ。さすがロレックス、加工精度が高いのか、すごくスムーズに取り外せる…。安い(といっても数十万クラス)時計だとガタガタで取り外しにくかったりする。
IMG_6004

裏返して駆動系を分解していく。まずは駆動部の息の根を止める、という時計師の言葉を忘れずに…

3135 の素晴らしい両持ちブリッジ。いつ見ても惚れ惚れする…
IMG_6005

ブリッジごとテンプを取り外したところ。
テンプの左右、ねじ止めされていたところにハマっている金色の丸い輪っかは、テンプ受けの高さを変えてテンプのアガキを微調整するためのもの。ロレックス以外では見たことがない。素晴らしい工夫。これを考え出した人は天才すぎ。
IMG_6006

輪列受けを取り外したところ。
IMG_6008

三番車を外す。
IMG_6009

二番車、四番車を外す。波打つようにムーブ全体に刻まれているペラルージュが美しい…!
IMG_6012

香箱受けを外す。
IMG_6013

香箱も取り出す。
IMG_6016

真ん中の抑えも外す。
IMG_6017


これはハック機構部分。時刻合わせのためにリューズを引いた時、秒針を止めるためにテンプを停止させる役割を持つ。この金色の細長い部品がぴょこんと飛び出てテンプを止める。
IMG_6018

これもきちんと分解。
IMG_6019


つづく。



ROLEX 16233Gの外装研磨

カテゴリ:
研磨といっても設備がないので、小キズを取る程度である。

IMG_5609

電動のミニルーターとサンエーパールで心を込めて磨く。

IMG_5610

うーん、まぁまぁ…か?🤔
IMG_5611

次はラグのヘアラインの部分。マスキングテープで周りを囲う。

まずはピラミッドベゼル。さらに側面もマスキングテープでカバーする。

IMG_5613

ちと分かりにくいが、下側の側面にマスキングしている。ヘアライン用研磨スポンジで一方向にシュッシュッと磨いていく。まずは荒い目から始め、三段階で細かい目のものに変えていく。
IMG_5614

こんな感じ。ラグ部分のヘアラインから小キズが消えてスッキリ!
IMG_5615

反対側。

奥に見えてるスポンジがヘアライン加工用のもの。

IMG_5616


ブレスも、コンビ部分の金色の所をマスキングした後、サンエーパールとミニルーターでガーッと磨く。

バックルの裏も抜かりなく…
IMG_5617
ジュビリーブレス、磨いたらキラキラ光ってめちゃ綺麗!最近GMTマスターのヘプシカラーがジュビリーブレスのモデルを出したが、やはりジュビリーブレスの方がカッコよく、グレード感があると思う。


バックル表側はつや消しなので、ヘアラインからラグ部分と同じように小キズを取る。

写真を撮ってないので、仕上がり後のものを載せる。
IMG_6124



つづく。

Vulcain Cricket Nauticalにシリコンバンド装着

カテゴリ:
した。

といっても非純正のシリコンバンド。純正はカッコ良いし形も当然ビシッと合うのだが、二万円オーバー、かつ納期に数ヶ月という事で諦めた。

IMG_20180827_092023

というわけで店頭で適当に購入した代替のシリコンバンド、縦に掘られた溝がタイヤみたいでカッコ良い。

腕につけてみたところ。
IMG_20180827_091703

バックルはこんな感じ。ストッパーを外して左右のボタンを押し込んで外す。
IMG_20180827_091731

文字盤が黒いせいか、黒のシリコンが非常にマッチしている…
IMG_20180827_091758

よく見ないと安っぽさが分からない(よね?)。とても良くできている。つーかそもそもシリコンバンドってグレード感が値段に比例してない、と思うのは自分だけであろうか…いやない。
IMG_20180827_091824

タイヤ的な溝。シンプルだがシュッとした感を醸し出す。
この時計は裏に穴が空いている。二重底になっていて、アラーム音をより響かせる為の工夫だ。これが本当にでかい音がしてビビる…
IMG_20180827_091849


とても軽いのと、水に強い事、腕にフィットする事がシリコンバンドのメリット。これは本当に夏とても快適です。
IMG_20180827_091919

カッコ良い!
IMG_20180827_092052

夏は黙ってシリコンバンド。ロレとか巻いてて夏は重いし暑いなーとか思ってる人は、ぜひシリコンバンドへの換装を試してみて下さいませ。




このページのトップヘ

見出し画像
×