R. I. P. Helmut Sinn  その時計哲学を偲ぶ

カテゴリ:
僕も大好きな質実剛健を追求するドイツブランド、Sinnの創業者であるHelmut Sinn氏が、102歳で亡くなられたのことだ。

GUINAND
https://www.guinand-uhren.de/home-en.html

ヘルムート ジン、2108年2月14日没、享年102歳。亡くなられる直前まで現在手がけられているGUINANDでの時計開発をされていたとのことで、その情熱たるや余人の及ぶところではない。

FullSizeRender

僕はあまり時計をブランドで選ばないのだが、気づくと手元に溜まっているブランドというのが確かにある。Sinnがまさにそうだ。

作り手のメッセージを雄弁に物語る時計は、本当に少ない。Sinnは、一にも二にも実用性を追求し、かつドイツらしい機能美を備える時計を作っていた。

汎用ムーブを載せて高く売るETAポン時計と揶揄する向きもあったが、Sinnに関してはそれは的外れであると僕は思う。ジンほどのメーカーなら、自社ムーブメントを作ろうと思えば難なく作れたと考えるのが自然である。

しかしそれには当然価格の高騰も伴うし、信頼性を担保するのに多大なコストと時間がかかってしまうだろう。結果、本当に時計を必要とする多くの人たちにとって、雑誌やSNSで眺めるだけの"雲上"時計になってしまう。そうなると、実用性からは遠く離れてしまう。

しかし、既に広く生産、販売されているETAを活用することで、まず値段を抑え実用する人々の手に届きやすくしたこと、そして耐久性、精度の信頼性を高め予測不可なエラーを可能な限り排除したこと、最後に、究極的には部品が壊れたら町の時計屋さんでもムーブごと取り換えることも容易な程の高メンテナンス性を確保すること、この三点において明確に選択された判断であると考えるのが妥当だ。

ムーブに余計な手間をかけず、しかし実際に使用者の手に触れ、過酷な環境にさらされる外装へのこだわりは他の追随を許さない。

ケース、オイルを含む素材の独自開発、ガスやハイドロ注入などの画期的な防水機構、エンジンオイルに触れても腐食しない特殊パッキンの採用、抜群の視認性、そのいずれも全ては利用者に信頼して使ってもらうためのとてつもない工夫と努力、そして何より投資の産物である事を忘れてはならない。

大手資本に与するを良しとせず、様々なイノベーションを産み出し、徹底的に現場に寄り添うその姿勢は、多くの日本人の共感を買うところであろう。

ジンは、もっともっと、日本人に愛されるべきブランドだ。

実際に使う人ほど、それを強く感じさせられる。時計に特に信頼性を求める人たちには、ぜひ使ってみて欲しい。


氏の遺志が、数々の実績が、戦火を潜り抜けたパイロットという伝説的な逸話が、何より氏の育てた多くの人間と彼らの作り出した時計の存在そのものという光跡が、これまでもこれ以後も時計に関わる全ての人々を照らし続けると信じている。


ご家族をはじめ関係各位のご心痛をお見舞い申し上げると共に、氏のご冥福をお祈りします。


◇愛用しているSinn 256
IMG_20180216_091629


◇Sinn EZM3
IMG_1662



◇Bell&Ross Vintage 126
FullSizeRender









愚かなパチロレ

カテゴリ:
某所で見かけた、セラミックベゼルのサブマリーナー…の偽物。

FullSizeRender

溢れでるチープ感がとても物悲しい…

このとき、裏蓋を開けてメンテしてるとこを見たのだが、この様になっている。許可を取って撮影した。⬇️
FullSizeRender

なんこれ😭😭😭😭😭

ペラペラのプラスチックのようなムーブメントにも衝撃であったが、それ以上に笑ったのがこれ。
切替車、なんか紫色のシール貼ってる…
IMG_2785


本物のロレックスのムーブの切替車は、アルミ素材の歯車に耐久性向上のための加工がされていて色が付いてるのだが、それを色だけ真似ようというのである。

愚かだ…。

ちなみにこれが本物のムーブメント。
image


さて、彼らはパチモノを作ろうというのだから本物にも当然相応に詳しいはずでふある。ロレックスの切替車の表面加工なんて百も承知だろう。そういう人たちが、額に汗して考えつき、素材を発注し、決して低くはないレベルの技術で加工した末に出来上がったものが、これである。

無駄な会議に出て、上司のパワハラにもめげず、頭の悪い部下を根気強く指導し、現場をわからない経営陣の文句を言いながら、残業を重ね、手を油と金屑まみれにしながら作り上げたものが、これである。

愚かだ。そして、悲しいお話だ。

こんな悲しいパチモノに、1万円も2万円も出す御仁がいるものだから、わからない。

パチロレの製作も購入も、技術力、生産設備、原料、貴重な人件費の浪費以外の何者でもない、文化的に価値がゼロな行為と言える。

さてもさても、読者諸氏には厳に慎むようお願いしたい。


ま、こんな場末の時計ブログを読むような好き者は端からパチモノには興味ないとは思うのだけれど、あるいは騙されてつかまされたりしないかと申し上げた次第でございました。

雨のVulcain Cricket Nautical

カテゴリ:
雨だー
IMG_2125


外は雨
IMG_2130


ここの朝飯はバゲットがまじでうまい。
折角の特等席の眺望も、雨のせいでこの通り。
IMG_2136

時計は、バルカンのクリケット ノーティカル。黒文字盤、ほんとナイスである。ロリポップ秒針も大変よい。風防に映る四角い窓にはやはり雨雲。
IMG_2137



なんか写真加工機能が無くなったのはマジでイマイチだなー、livedoorブログ…。止むに止まれぬ事情があったのであろうが、まともにブログが書けないので何とかして欲しい所である。

お好み焼き

カテゴリ:
こちら、自称広島風お好み焼き定食。
IMG_2697

お好み焼きはもはやツッコミ所満載とかいう次元を超えて触れてはいけない系のオーラを放っている…のはいいのだが、

その右に佇むは、なんとオニギリ。


オニギリて。お好み焼きにオニギリて…


あと、味噌汁とサラダ、漬物も付いていた。


…そして悔しいことに、これがまた意外と合うのであった…。

白米がソースの味を中和するなど、良い仕事をしていた。肉野菜炒めと化したお好み焼きが、もはや白米と合わないわけがないのである。

しかしこーいう、お好み焼きに良く似た物を食べると、本物が恋しくなるばかりである。

広島のお好み焼き、食いたいなあ…広島に住んでいる全ての人が羨ましい…。


特に、中小企業で昼休みには全社員7、8名で近所のお好み焼き屋にのんびり食べに行く人達とか、めちゃめちゃ羨ましい…



関係ないけど去年行った伝説の名店@広島、ドバイーでの一枚。メニューはヤング風という。チーズハンバーグかお好み焼きの上に乗っている。うますぎ。⬇️
IMG_6068


LAMYの万年筆を頂いた

カテゴリ:
僕にとって初のラミーの万年筆。
色は爽やかな青であった。
IMG_2557

カートリッジ付きであるが、なんとコンバーターも一緒についてくるので、お気に入りのインクで遊ぶこともできるという優れもの。
IMG_2558

もうすぐ遠くへ行ってしまうNさんからのものであるが、僕はお返しに、というわけではないが時計の贈り物を用意していて、ラミーをもらった時に渡した。喜んでもらえたようで一安心…

Nさん、ありがとうございました!


試し書き。少しカリカリ感があるか?しかしシャープな感じで好印象である。ラミーはもっとどっちゃりした印象であったが、これならガンガン使えそうだ。
IMG_20180209_132144
(⬆︎文面に意味はなし、お気に入りのアルバムタイトル)




マチビトキタラズ

カテゴリ:
アポイントの時間は五時…
IMG_2583


時計好きなら、例えアポで待たされても、時計を眺めているだけで時間が過ぎるから得である。

この時計はジャガールクルトのメモボックス、E855。の中でも数種類のデザインがあるのだが、これは六時位置のバーインデックスが中央近くまで細長く伸びていて、僕が全てのアナログ時計の中でベストデザインだと思っている時計であり、いつか再評価されるであろうと信じている。


待ち人はこの五分後くらいに来ましたとさ。


ゴルフと時計

カテゴリ:
ゴルフ場で巻いていたのは、Wakmannのビンテージクロノ。
IMG_2543

この時計には耐震機構が付いていないため、衝撃はご法度である。なので、プレー中は当然外して、かつカートの振動が伝わらないように布に包んでカバンにしまっておく。

ゴルフボールは見やすいピンクがお気に入り。
蛍光黄色は、飛んでる時は良いのだが芝と土に紛れて少し見にくいことがある。もう2年くらいピンクを愛用している。
IMG_2529

手首に巻いている黒いのはリストサポーター。昔、ゴルフやりすぎて腱鞘炎気味になった時に巻いたら調子が良かったことから、いまでもなんとなく続いている。元は野球用…なのだろうか?
IMG_2518
午前七時前、既にハーフも終えかけ休憩中。ゴルフやるのは早朝に限るね!☀️

…あと、たまーに、ロレックス巻いたままプレーするおじさま、おにーさま、おねーさま方がいらっしゃいますが、時計にとっては拷問以外の何者でもないため、厳に慎むようお願い申し上げます。


如何にロレックスのタフな高品質キャリバーであっても、ゴルフのインパクトの瞬間の衝撃というのは凄まじいらしく、さらには移動時やスイング時の動作を考えてもあらゆる部品に多大な悪影響を与えてしまう。外装についても、クラブ持ち替えやカート乗降時にぶつける可能性もある。

ゴルフの時は素直にGショックが吉。もしくは、時計の重さが手の疲れに繋がりショットの精度が落ちるため、何も付けなくても良いのです。きっと。

Eric Kayser のクロワッサンウマー

カテゴリ:
カフェの投稿が続いてしまったが、シャレオツカフェで昼餉など。2日連続でカフェなんて贅沢であるが仕方なし。

パン屋チェーンのエリックカイザーに行ったのだが、ここのクロワッサンが美味すぎる。

これはチョコクロワッサン。この時点でかなり美味い。でも普通のクロワッサンの方がシンプルで食べやすい。
どちらも食うべし。
IMG_2249

時計は昨日に続いてバルカンクリケットのノーチラス。カッコ良すぎ。なんでこれあんま話題にならないのだろう?
ダイバーズモデルの中でも珠玉の名作と言えると思うのだが…バルカンがマイナーだからだろうか…
IMG_2251
ちなみにリューズは三つ付いていて、上からアラームセットボタン、時刻、アラーム設定竜頭、そして減圧時間を計算するためのインナーダイアルを回すための竜頭。


美味すぎたので買い足して持ち帰り。

食い意地が張っていかんのう。
IMG_2303
真ん中上がシグネチャーのクロワッサン。マジうま。

オ家のーブンでパンを焼きなおすときのコツは、余熱のみで焼く事。これを知らないと人生の四割くらい損する。

五分くらい空のオーブンをつけておいて、スイッチを切ってからパンを入れてさらに五分待つ。これでしっかり焼けるので不思議だ。

もっちりカリフワで美味しゅうございました。

Le temps du café!  With Vulcain cricket nautical

カテゴリ:
タイトルはコーヒーの時間!という意味のフランス語。グーグル先生より。

そのまんま、バルカンのノーティカルとともにコーヒーを。

壁が曲がっていて三面に窓がある。どことなくヨーロピアンテイストな空間…
IMG_2018

なかなか洒落乙な店内でありました。

特にこの部屋、鉄格子の中に石を入れて壁にしている!初めて見た。モダンである。
IMG_2014

と思いきや反対側はこんな感じでアンティークなチーク材も取り入れている。
IMG_2019

コーヒーも美味しゅうございました。

塩水で走る車

カテゴリ:
をつくってみた。

一緒に写ってるのは、なんとなくポップさが共通するSICURA GLOBETROTTER。最近NATOストラップをつけてるのだが、これがつけ心地がたまらんのである。
IMG_1869

なんとこれ、この車、菓子のおまけレベルのチャチさなのだが、後ろの部分に八割の水に二割の塩を溶かした塩水を入れると、この部分にセットされているアルミと木炭のプレートに電圧が生じて即席の電池になる。んで、接続されてるモーターが回転して車が走る。

結構速く走るのでびびる。しかも数滴で数十分走る…!
ミニ四駆世代であるところの父親世代に深く突き刺さるものがある。
IMG_1867
以上、Shell石油からの頂き物でしたとさ。

このページのトップヘ

見出し画像
×