Wittnauer 7004A とわさビーフ

カテゴリ:
ビンテージダイバー時計の名作、

Wittnauer 7004A
IMG_8650

褪色してしまっているが、レッドのベゼルとロリポップなクロノグラフ針、骨太なアローハンズが特徴的な、これぞビンテージダイバース!という趣の一本である。

IMG_8653

ピザポテトと勢力を二分するぜいたくポテトチップス界の雄、わさビーフ。これを味わう貴重なひとときを、この珠玉の名作ダイバーズと共に過ごす。

IMG_8654

シャツにも合うのでオフィスでも使えます。リアルでは一度も同じ時計を撒いてる人を見たことが無い。今後も間違いなく無いであろう。

IMG_8651

かっこよいー!ムーブはバルジュー7733搭載、日付なしの2つ目クロノグラフです。名作。

IMG_8652


以上、かっちょよいウィットナーのクロノグラフの写真でしたとさ。





Patek Philippe 5067A 良き哉

カテゴリ:
A女史がかっちょいい時計を巻いていたので、見せてもらうついでに巻かせてもらった。

パテクフィリップ 5067A

IMG_9188

ダイアモンドベゼル、クオーツ。

カッコ良い! そして華やか。

あんまり時計に興味のない御仁なので純粋に見た目(と価格)で買ってるはずなのだが、カジュアルさが気に入ったと言っていた。カジュアル、なのか…?

IMG_9191

こんくらいのサイズは腕に乗っかってる気がして心地よい。
IMG_9186

3日に撮ったので三時位置にちゃんと3と書いてある 笑
IMG_9123

さすがの輝き…
IMG_9114


ただのシリコンバンドがなぜここまでオーラを纏うのか…
IMG_9132

せっかくなので手元のシンクローナ2100とツーショット。白シャツにめちゃめちゃ似合ってる!
IMG_9202


以上、レディスクォーツの最高峰とも言えるアクアノートのダイヤベゼルでしたとさ。













仮面ライダー 変身ベルト的腕時計

カテゴリ:
タイトルまんま…


P君の私物。

IMG_8272


レディースサイズの時計かと思いきや、実は仮面ライダーのベルトデザイン。
IMG_8275

ナイス⭐️

放射線状の模様がインデックスのようで良いね!本物は確か回るんだったっけか…?
IMG_8274


中はこの通り、ごく普通のデジタル時計。
IMG_8278

裏蓋。電池交換はここからであろう。
IMG_8269


ベルトはカスタムした革バンドを付けている。このバンドに本体の数倍の金をかけている。
IMG_8268


良いね!時計っぽさある。
IMG_8267


以上、遊び心溢れる時計のご紹介でした。

こういう一本を愛で楽しむ事ができてこそ、真の時計好きと言えるのではないだろうか…。学ぶところ深し。










Cartier マストタンクの歩度調整

カテゴリ:
前に不動品を買ってオーバーホールしたカルティエの初期型マストタンク、実はまだ歩度を調整できていないのであった。

というのも、ここ最近、パソコンでオーディオインターフェースを接続していつものごとくびぶ郎を起動しようとしたら謎のブルースクリーンが出てきてしまい、OSを巻き込んで落ちていたのであった。これについては後で詳しく書こう。


色々あってやっとエラー解消し、調整に入る。
IMG_9621
マイクはアコースティックギター用のピックアップを使用する。上の写真の左側にちょこっと見えている。

ケースの上からでも十分音が拾える!
IMG_9620


一日五分ほど遅れ気味であったので、緩急針を調整する。
IMG_9615

さすがのETA2512である。こないだやったYEMA MEANGRAFとは全然違う安定感…😁👍🏻

五分くらいいじってでこの結果。
IMG_9618

凄ない??すごい。
IMG_9617

姿勢差もほとんどなく、ピシャリ合ってくれた。50年近く前の時計が日差数秒以内で動くってのは、驚きである。

以上、マストタンクはデザインだけでなく中身も素晴らしいというお話でした。


IMG_20191015_075548
このサイズ感、以外に快適でオンで普通に使っている…













オメガ メモマチックを青ラバーバンドへ換装

カテゴリ:
個人的には記念すべき第2号の機械式時計であった、OMEGA MEMOMATIC。

マニアックな時計だが鳴り物界隈では超スタンダードな一本である。レマニアムーブを搭載している。

革バンドにも、10年使ってるブレスにも飽きてきたので、なんかいいシリコンバンド無いかなーと探してたのだが一つ見つけて買ってみた。

IMG_8202

22mmが意外と可愛いのないんだよなー。

長さ調整。これは切ってしまうともう接着できないため、細心の注意を払うようにする。時間をかけてひとつひとつ切り詰め、試着してフィット感を試していく。
IMG_8201


完成。
IMG_8205

デザインはイマイチなのだが…まぁ雰囲気イケメン的な?
ぱっと見の印象が涼しげなのでいいかー。

IMG_8203

はい。

ダイアルとバンドの色が合ってて良いね!

夏っぽくてよろしい。
IMG_8200
バンドのデザイン、こんなにブヨブヨにしなくて良かったのになー…フラットなやつあれば買い換えよう。

買ったばっかの青サンダルと共に。ほのかに色を合わせただけなのにテンション上がるね!
IMG_8204

流石のシリコンバンド、装着感は抜群。ものすごく快適。

IMG_8086


まだシリコンバンドを試した事がない人は、是非試すことをお勧めいたします。時計の装着率が一気に上がること請け合い。
IMG_8083


以上、青シリコンバンド装着のお話でした。












MB&Fのルイジ・コラーニ追悼ポスト

カテゴリ:
なんかストーリーズのキャプチャが続き申し訳ないが、手抜きではない…


産業デザイン界の巨匠、ルイジ・コラーニが2019/9/16にお亡くなりになった。享年91、大往生といえる。

氏の業績はここで語り尽くせるものでもないのだが、腕時計にも彼のデザインが存在する。

IMG_8574

そしてタイトルのMB&Fである。超高級複雑時計メーカーであり異次元の時計を作り出す事で異質な存在感を醸し出すこのメーカーが、彼の死を悼んで以下のようなポストをしていた。

“先週、有名なデザイナー、ルイジ・コラーニ氏がお亡くなりになりました”
IMG_8398

“中略 いくつかのMB&Fの機械の閃きの源泉となりました”
IMG_8400

“例えばこの、HM6 スペース・パイレーツなどです。”
IMG_8401

なんと、この超高級時計ブランドに多大なインスピレーションを与えていたというのは驚きである。

かっこよさ、というのは時代を超えて引き継がれるという事なのだろう。


確かにこの自動車、↑の時計に似ている…
IMG_8402


ペガサスと言う名のピアノ。
IMG_8403


椅子。
IMG_8404


ご尊顔。
IMG_8405


R. I. P. 
IMG_8406


…かっこよさ、とは、何であろうか?人種も、時代も違う人間の心に、強烈な印象を残すその原理はどのようなものだろう?

偉大な業績に敬意を抱きつつ、惜しまれながら逝去された氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。











Only Watch project 今年も始動。ウルベルクとドゥベトゥーンの合作が見たすぎる

カテゴリ:
2年に一度行われるチャリティーオークション、オンリーウオッチプロジェクト。

各ブランドが、このオークションのためだけにオリジナルの個体を製作し、売り上げは筋ジストロフィーの研究基金として寄付される。

Luc Pettavino氏により、氏のご子息Paul君への思いと決意によってリードされるこのプロジェクトは、それだけで映画になるようなストーリーである。

詳しくはそのうちまた書こうと思ってるのだが、今年のラインナップがすごすぎ…!!

東京にも10/23-24にプレビューがくるらしいので、行きたい人は知り合いのオークショニアに声かけると良い…のではなかろうか。笑

ということで何個かご紹介。画面はスクショだが公式SNSのポストなので、何の問題もなかろう。

まずはモーザー。めちゃ黒い材質を使ったムーンフェイズ付きのモデル。やべー
IMG_8377

HUBLOT。スッケスケでピッカピカ。しかも、オンリーウオッチのロゴに合わせたポップな色使い!!やべー
IMG_8378

フェルディナント・ベルトゥー。やべー
IMG_8379


ジャガールクルト。なにこの色使い!!昔のオリスみたい…
IMG_8380

FPジュルヌ。この時計は裏側もやばい。撮り忘れた。
IMG_8381

芸術家、コンスタンティン・チャイキン。セルフィーと名付けられたこの時計、氏を投影したデザインであろうか、とっても良い!!
傾けると、飛び出てる方の片目を閉じたり開いたりして可愛い。12時位置の曜日は表情で表していて、ここも開閉する。
IMG_8382

ドゥベトゥーンとウルベルクというスーパーウルトラハイパーメゾンの合作。今回の超話題作。噂によると2000万を超え3000万まで行くんじゃないかと言われている。つーか、そんくらい行くんでない??
IMG_8383

侮れないのがルイヴィトン。バラをモチーフにした文字盤、針は見事!!美しい〜
IMG_8384

サイラス。どんな機能があるのだろう??めちゃめちゃカッコ良いー
IMG_8385

クリストフクラーレ。ヤバイ。かっこよすぎ。
IMG_8386

モリッツグロスマン。表側はシンプルに見えるのだが…
IMG_8387

裏側がやばい!!!カッコいい!
IMG_8388

パテック。流行りのサーモンの複雑時計。これは表側、
IMG_8389

裏側はこれ。きっとすごい値段がつけられるであろう。IMG_8390

ボヴェ。ムーンフェイズと、ダイアルに描かれた人物の幻想的な雰囲気に引き込まれる。
IMG_8391



…と、適当にいくつかご紹介しましたが、いずれまたエントリに書きたいと思いました。

いやー個人的にはウルベルクとドゥベトゥーンのがやはり目玉ではないかなぁと思った。リストショット撮ってみたいなー😂😂







ドライバー研ぐです、ムズイです。

カテゴリ:
時計いじりをしていると、必ず使うのがドライバー。様々な大きさのネジに対応するために何種類か持っておくのが普通なのだが、結構すぐ曲がったり欠けたりする。

今までは我流で研いできてのだが、ある日某若き時計師に研ぎ方を教えてもらって目から鱗であった。

ので、早速実践してみるなり。


まずは木を探してくる。スリ台と言って、ドライバーを固定するための台。

適当に庭で木を見つけた。
IMG_7767

ノコギリで適当な大きさに切り落とす。いい運動になった。
IMG_7769

水洗いして、カッターで切り込みを作る。

IMG_7810


ここにドライバーを乗せるわけですな。ちっさ!
IMG_7811

こんな感じ。研ぐ面が木からはみ出るようにする。

IMG_7813

砥石を乗せて…垂直方向に動かし、ひたすらこする!!研ぐ!
IMG_7815

反対側も。横から見て二等辺三角形を目指す。

IMG_7818

砥石のスリ目は直角に入るようにする。未熟すぎてまったく入ってない笑

IMG_7821

先端の厚み調整。地味にむずい。
IMG_7819

この後バリ取りを軽くかけて完了。

その他のドライバーについても同様に行う。
IMG_7829

大事な大事なベルジョンのドライバーセット、リフレッシュできました。良かったね!!

IMG_7833

この作業は慣れが必要で、教えてくれた方も毎日練習して身につけたと言っていた。僕も精進します。

以上、ドライバー研ぎのお話でした。天才若手時計師のE様、心からありがとございました。







さても美しいJLCメモボックス E855 ロングインデックスSS

カテゴリ:
ジャガールクルトのメモボックスSSを久々に着用。
IMG_7762


んーカッコ良い。アナログ時計の中ではコレが一番カッコ良い。と思う。
IMG_7764
このモデルは複数デザインがあるのだが、1番のお気に入りはこのデザイン。六時位置のバーインデックスが、アラームインジケーターダイアルまで伸びているパターンのもの。

他にはこんなのも持ってて状態はこっちのが断然いいのだが、デザインはロングインデックスの方が好き。
IMG_0648


側面もかなり良い状態。ブレスはゲイフレアーのオリジナルブレス。
IMG_7763

竜頭もオリジナル。JLロゴが輝く!
IMG_7761


その昔、コレがジャンボサイズと言われた時代が有ったのです。
IMG_7695

普通に実用、精度も申し分なし、でもそのうちオーバーホールしようっと。
IMG_7726
木製ベンチで撮影会。



いつになってもカッコ良いメモボックスのお話でしたとさ。

Citizen xC 二次電池の入手、交換

カテゴリ:
シチズンのエコドライブ、かつ電波時計であるところのこの時計…

シチズン xC H240-T020097

IMG_5038

5年くらい前?に買ったものだが電池が切れて動かなくなったということで、しばらく放置されていてらしい。

時計屋に持ち込んだところ電池はないと言われ、諦めていたそうだ。

何とかなりませんか?と言われ預かったはいいものの…

難なく裏蓋を開け、
IMG_5036


電池を取り出してみる。うん、見たこともない型番だ。そらそうだ、充電可能な二次電池である。
IMG_5039


裏側にはこんな金具がくっついている。
IMG_5041

色々調べたのだが、似たような電池を無理やりヤスリがけなどして加工して使ってる人がいたのだが、他人の時計なので無理はしたくない…


というわけで、探し出して買いました、純正電池。Amazonだと3万円くらいしてギャグなので、別ルートで5千円以下で購入。それでも普通の電池に比べたら十倍くらいする!
IMG_7557

大層な箱に入ってくる…
IMG_7561

この箱が全く開かない!!くっついてんのか?と思うくらい開かない。まさかと思いコジアケで抉ったら開いた。

IMG_7559

ビンテージ時計の裏蓋より固いがな。


金具の形状に気をつけつつ、滑り込ませるように電池を入れる。素手や金属製のピンセット、ドライバーなどで触らないように注意。
IMG_7563

裏蓋を閉めて完成。
IMG_7565

電池には説明書まで付いていた。ので、記念にアップ。
IMG_7568

マニュアルを読みながら国合わせ、時刻、カレンダー合わせなどを行う。ふつうにうるう年対応のパーペチュアルカレンダーです。

無事持ち主の元へ戻りましたとさ、めでたしめでたし!
IMG_7570

この時計、デザインも良いし、なにより正確だし他の国の時刻も読めるし、とても良い時計だと思う。3万円から5万円だろうか?時計選びに迷ってる女子にはオススメしたいモデルだ。電池交換もほとんどしなくて良いので、めちゃめちゃ便利である。


以上、シチズンのxCシリーズの電池交換でしたとさ。ググってもあんま情報ないが、みんなどーしてんだろうか…??






このページのトップヘ

見出し画像
×