Wittnauer 7004A 夜光の色合わせ

カテゴリ:
最近入手した、ダイバーズ時計の往年の名作…

Wittnauer 
Chronograph professional 7004A
IMG_2648
つけ麺とともに・・・

この通りボロボロの状態で手に入れたのだが、さすが名作だけあって結構なお値段であった。上の写真を見ておわかりだろうか、過去にメンテナンスされたときに一通り夜光を塗りなおされている形跡がある。それらが古くなって腐りかけてきているため、せっかくのIndexの夜光が黒くボロボロになっている。

針も同様にボロボロであったのだが、こちらはサクッと夜光を載せ替えた。

…のはいいのだが、今度は新しい夜光が文字盤と全く合っていないという事になった。

この時計の特徴はなんといっても長針のアローハンズで、これがカッコよすぎで欲しくなったので別にいいといえば良いのだが…

とはいえ、ここまでチグハグなまま使い続けるのも時計に申し訳ないので、針の夜光にビンテージらしい焼けた色を入れることにする。
IMG_2677
ベゼルを抉って外し、プラ風防も取り外す。

針も取り外す。

文字盤はいたるところのプリントが剥がれ落ちているのはまぁ良いとして、後から塗り直されたであろう夜光が黒くこびりつき、汚い…。
IMG_2678


さて、ここからはTAMIYAカラーの出番。

愛読しているゼンマイワークス社のブログに、同じようにタミヤカラーで夜光を塗りなおす記事がある。ここに乗っている写真をもとにいくつかタミヤカラーを購入、まったく同じように色を混ぜるw
このエントリではなぜか既存の夜光の上から焼けた感じの色を塗るという謎の要件があったそうなので、僕もそれに倣って夜光を残したまま色を塗りなおすことにする。

一部違うのは、僕は夜光塗料も一緒に混ぜている事である。
ただ、これはきっと全く意味がない。。。
IMG_2679

適当に混ぜ合わせたら、針に塗ってみる。

おお!?意外といきなり上手くいってるのではないだろうか??

IMG_2680


横に未塗装の短針を並べてみる。

おお、結構焼けた風合いになってるではないか・・・!

IMG_2681

という事で、短針も長針もこのノリで塗っていく。

写真を撮ってないのだが、このあと文字盤にも手を入れる。黒くこびりついた、おそらく後年追加で塗り直された夜光塗料の除去である。

ビンテージ時計の文字盤は、ちょっとだけいじるつもりで合っても思わぬ影響が出て時計のバランスが崩れるため、文字盤ノータッチの原則というのが(僕の中で)あるのだが、これは文字盤のゴミの除去の範疇であろうと思うため、よいのだ。
それに後年の夜光塗料は粉末状になっているため、機械に入り込みそうで危険でもある。

これはすべて手作業で、オリジナルのインデックスの塗料をはがさないようにものすごく慎重に行う。倍率の高いルーペを装着し、精密ドライバーで、ほんのわずかずつ、触るか触らないか程度の高さで削ぎ落とすようにこすりながら除去していく。

それでもやはりオリジナルの塗料を僅かに剥がしてしまった所があったため、そこは新しい夜光をうすーーーく塗りなおして修正。


IMG_2683

できた。

FullSizeRender
こんなもんか…?

尚、ベゼルの上部、元々は夜光塗料が入っていたと思われる三角形の部分があるのだが、すっかり剥がれ落ちてしまっていたちめ、ここにも針と同じ色の塗料と夜光を入れてみた。が、整形が難しい…後日塗り足してみよう。

焼けた感じの色合いが統一感を生む。
IMG_2713


あとは色あせたベゼルの替えを見つけるか、赤く再塗装できれば完璧なのであるが・・・


尊敬する某時計師様によれば、ベゼルの再塗装というのは聞いたことが無く、基本的には入れ替えになる、、という事であった。残念。。。


以上、ウィットナーの名作時計の夜光を調整した話でございました。


インデックスのゴミを除去するだけとはいえ、毎度毎度、文字盤に手を入れるのは心臓に悪い。。。

お気に入りのサングラス GW-3701 (and OMEGA Memomatic)

カテゴリ:
10年近く前に最初に購入して以来、ずっと使い続けてきているサングラスがある。

こないだ二代目が壊れたので新しいのを買って、届いたのがこれ。
目出度く三代目と相成った。
IMG_2790

中身。
IMG_2789

SWANS
GW-3701

と言うモデルで大阪の老舗、山本光学株式会社謹製の由緒正しいメイドインジャパン製品である。

曲線的なフォルムが顔にフィットし、さらにレンズ自体も無駄なフレームがなく、まさに体の一部のように顔に吸い付く。

ゴルフの石川遼モデルと聞いたことがあるが、その通り、ゴルフに最適な一本!
レンズ下部がフレームレスなので、アドレスの際ボールを見るときに邪魔にならないし、スイングの際も自然に顔についてくる。
IMG_2791


広げてみたところ。

側に置いてるのは愛すべきOmega Memomatic!
IMG_2792

裏はこんな感じ。
IMG_2794
とても軽く、柔らかい…!

これはポラライズドレンズ、所謂偏光サングラスで、このレンズも本当に素晴らしくて、窓に映った反射や眩しい光などをことごとくカットしてくれる。

ゴルフや運転、陽射しのきつい日の外出にはほんとうに役に立つのです。あと多分釣りとかにも良いと思う。

普通にメモマチックを撮ったらこう、
IMG_2800

このサングラス越しに撮ったらこう。
IMG_2801

…あんまかわらん…笑。

しかし上側、一時のあたりに写り込んでる照明が和らいでいるのが分かるだろうか?実際かけて見ると、このようにきつい光が和らいでとても見やすい。

レンズの角度により遮る光の方向性が大きく変わるため、写真ではなかなかこのレンズの素晴らしさをお伝えできないのがもどかしいところである。


上記のアマゾンレビュー見ても、やはり絶賛の嵐…!オークリーより上とのコメントもあるが、これはまさにその通り!軽いし形がすごくフィットするので、汗をかいても全然ずれ落ちない。レイバンより、オークリーよりかけ心地の良い傑作と言えよう。


…とは書いたものの、もう廃盤だろうし市場から無くなって将来買えなくなっても困るので、皆様におかれましてはどうかSWANS現行品をお買い上げ下さいますようお願い致します。


スワンズ製品ページ(微妙に見にくい)

ポールスミスの時計を試す。これ、意外と良いのでは…

カテゴリ:
友人に電池交換を頼まれて預かった、ポールスミス。
IMG_2849

汎用クオーツ搭載の所謂ファッションウォッチであるが、それ以前にポップすぎるデザインから検討もした事のないブランドであった。

開けてみると、これ。
モジュールを囲うのはチープなプラスチックのスペーサー…ペラッペラ。時計自体もめっちゃ軽い。

IMG_2850

電池交換ついでに外装をきれいにするか、と研磨に取り掛かった。

裏蓋。放置しまくっていたという割には綺麗だ。
IMG_2851

ダイアル。
あれ?なんかすごい綺麗だ。風防のガラスが傷つきまくってたので、勿体無いなあ…
IMG_2852

ヘアラインを出すためのスポンジでケースをこすり、傷を取りつつヘアラインを入れる。
IMG_2853
IMG_2854

表側を研磨するときは、ガラスをこすらないようにタミヤのマスキングテープで養生する。
IMG_2856

竜頭側もしっかりポリッシュ!
ブレスもブラシで擦って水洗いし、傷を取りつつヘアラインをつける。傷が深いので完全に取るのは無理。
IMG_2857

ケース、ブレス、裏蓋を超音波洗浄機に放り込む。ブレスは完全に固着していて取れなかったので、そのまま。
IMG_2858

裏蓋も傷を取る。こちらもそこそこしか取れない。
IMG_2859

パッキンはこの形のものを持ってないので、再利用。シリコングリスを塗布。
IMG_2861


電池は、電気を通さないプラスチック製のピンセットで扱うべし…
IMG_2862

出来た。
IMG_2863

いつも通り、動作確認と言う名の試着を行う。

…おお!!なんか結構良い感じではなかろうか??
IMG_2878
深みのある青の文字盤ががつや消しのステンレスに引き立てられ、渋い輝きを放っている。バセロンコンスタンタンのオーヴァーシーズの様ではないか?!
(とか言うとバセロンユーザーにギャラ入り外箱で殴られそうですが…w )

焼けた風の色合いの夜光(ダミー)も良い感じである。ワイシャツの袖の丸みと袖口の直線が、同じく丸みと直線で形作られるトノー型ケースに絶妙にマッチしている。トノー型、いいねぇ…!

こやってみてみるとほんとカッコ良い。つーか可愛い。流石のポールスミスと言うべきなのか…。
IMG_2891
尚、持ち主はバセロンも余裕で買えるであろうスーパーエリートなのだが、時計には無頓着極まりないのでありました。

この後、いつまでも大事にして欲しいと伝えて返却。とか言いながら、オススメの時計を聞かれたので、ぜひクォーツ最高峰である"The Citizen"を、と焚き付けておいた。買ったら見せてもらおう…


以上、初めて手に取ったポールスミスの時計が意外と良かった、というお話でしたとさ。

Synchronarでおでかけの巻

カテゴリ:
シンクロナー、実用してる人間は果たして何人居るのだろうか…?!
IMG_2435

…僕はしまくりなのだが、これ、現代テクノロジーでぜひ復刻させて欲しいなあ。

モジュール密閉型クオーツ、特殊な液体でモジュールを満たすことによる耐衝撃性及び防水性向上、磁力による物理スライドスイッチ、両手を使わないと時間がわからない…などのコンセプトはぜひそのままで。

ソーラー発電だって、圧倒的に安上がりに高性能な部品を使えるはず。セイコーあたり、ライセンス買い取って販売してくれないかなぁ…すごい話題になると思うのだが…。


航空機の機内とシンクロナー
IMG_9239


計器とシンクロナー
IMG_9264



R. I. P. Helmut Sinn  その時計哲学を偲ぶ

カテゴリ:
僕も大好きな質実剛健を追求するドイツブランド、Sinnの創業者であるHelmut Sinn氏が、102歳で亡くなられたのことだ。

GUINAND
https://www.guinand-uhren.de/home-en.html

ヘルムート ジン、2108年2月14日没、享年102歳。亡くなられる直前まで現在手がけられているGUINANDでの時計開発をされていたとのことで、その情熱たるや余人の及ぶところではない。

FullSizeRender

僕はあまり時計をブランドで選ばないのだが、気づくと手元に溜まっているブランドというのが確かにある。Sinnがまさにそうだ。

作り手のメッセージを雄弁に物語る時計は、本当に少ない。Sinnは、一にも二にも実用性を追求し、かつドイツらしい機能美を備える時計を作っていた。

汎用ムーブを載せて高く売るETAポン時計と揶揄する向きもあったが、Sinnに関してはそれは的外れであると僕は思う。ジンほどのメーカーなら、自社ムーブメントを作ろうと思えば難なく作れたと考えるのが自然である。

しかしそれには当然価格の高騰も伴うし、信頼性を担保するのに多大なコストと時間がかかってしまうだろう。結果、本当に時計を必要とする多くの人たちにとって、雑誌やSNSで眺めるだけの"雲上"時計になってしまう。そうなると、実用性からは遠く離れてしまう。

しかし、既に広く生産、販売されているETAを活用することで、まず値段を抑え実用する人々の手に届きやすくしたこと、そして耐久性、精度の信頼性を高め予測不可なエラーを可能な限り排除したこと、最後に、究極的には部品が壊れたら町の時計屋さんでもムーブごと取り換えることも容易な程の高メンテナンス性を確保すること、この三点において明確に選択された判断であると考えるのが妥当だ。

ムーブに余計な手間をかけず、しかし実際に使用者の手に触れ、過酷な環境にさらされる外装へのこだわりは他の追随を許さない。

ケース、オイルを含む素材の独自開発、ガスやハイドロ注入などの画期的な防水機構、エンジンオイルに触れても腐食しない特殊パッキンの採用、抜群の視認性、そのいずれも全ては利用者に信頼して使ってもらうためのとてつもない工夫と努力、そして何より投資の産物である事を忘れてはならない。

大手資本に与するを良しとせず、様々なイノベーションを産み出し、徹底的に現場に寄り添うその姿勢は、多くの日本人の共感を買うところであろう。

ジンは、もっともっと、日本人に愛されるべきブランドだ。

実際に使う人ほど、それを強く感じさせられる。時計に特に信頼性を求める人たちには、ぜひ使ってみて欲しい。


氏の遺志が、数々の実績が、戦火を潜り抜けたパイロットという伝説的な逸話が、何より氏の育てた多くの人間と彼らの作り出した時計の存在そのものという光跡が、これまでもこれ以後も時計に関わる全ての人々を照らし続けると信じている。


ご家族をはじめ関係各位のご心痛をお見舞い申し上げると共に、氏のご冥福をお祈りします。


◇愛用しているSinn 256
IMG_20180216_091629


◇Sinn EZM3
IMG_1662



◇Bell&Ross Vintage 126
FullSizeRender









愚かなパチロレ

カテゴリ:
某所で見かけた、セラミックベゼルのサブマリーナー…の偽物。

FullSizeRender

溢れでるチープ感がとても物悲しい…

このとき、裏蓋を開けてメンテしてるとこを見たのだが、この様になっている。許可を取って撮影した。⬇️
FullSizeRender

なんこれ😭😭😭😭😭

ペラペラのプラスチックのようなムーブメントにも衝撃であったが、それ以上に笑ったのがこれ。
切替車、なんか紫色のシール貼ってる…
IMG_2785


本物のロレックスのムーブの切替車は、アルミ素材の歯車に耐久性向上のための加工がされていて色が付いてるのだが、それを色だけ真似ようというのである。

愚かだ…。

ちなみにこれが本物のムーブメント。
image


さて、彼らはパチモノを作ろうというのだから本物にも当然相応に詳しいはずでふある。ロレックスの切替車の表面加工なんて百も承知だろう。そういう人たちが、額に汗して考えつき、素材を発注し、決して低くはないレベルの技術で加工した末に出来上がったものが、これである。

無駄な会議に出て、上司のパワハラにもめげず、頭の悪い部下を根気強く指導し、現場をわからない経営陣の文句を言いながら、残業を重ね、手を油と金屑まみれにしながら作り上げたものが、これである。

愚かだ。そして、悲しいお話だ。

こんな悲しいパチモノに、1万円も2万円も出す御仁がいるものだから、わからない。

パチロレの製作も購入も、技術力、生産設備、原料、貴重な人件費の浪費以外の何者でもない、文化的に価値がゼロな行為と言える。

さてもさても、読者諸氏には厳に慎むようお願いしたい。


ま、こんな場末の時計ブログを読むような好き者は端からパチモノには興味ないとは思うのだけれど、あるいは騙されてつかまされたりしないかと申し上げた次第でございました。

雨のVulcain Cricket Nautical

カテゴリ:
雨だー
IMG_2125


外は雨
IMG_2130


ここの朝飯はバゲットがまじでうまい。
が、折角の特等席の眺望も、雨のせいでこの通り。
IMG_2136

時計は、バルカンのクリケット ノーティカル。黒文字盤、ほんとナイスである。ロリポップ秒針も大変よい。風防に映る四角い窓にはやはり雨雲…
IMG_2137



なんか写真加工機能が無くなったのはマジでイマイチだなー、livedoorブログ…。止むに止まれぬ事情があったのであろうが、まともにブログが書けないので何とかして欲しい所である。

お好み焼き

カテゴリ:
こちら、自称広島風お好み焼き定食。
IMG_2697

お好み焼きはもはやツッコミ所満載とかいう次元を超えて触れてはいけない系のオーラを放っている…のはいいのだが、

その右に佇むは、なんとオニギリ。


オニギリて。お好み焼きにオニギリて…


あと、味噌汁とサラダ、漬物も付いていた。


…そして悔しいことに、これがまた意外と合うのであった…。

白米がソースの味を中和するなど、良い仕事をしていた。肉野菜炒めと化したお好み焼きが、もはや白米と合わないわけがないのである。

しかしこーいう、お好み焼きに良く似た物を食べると、本物が恋しくなるばかりである。

広島のお好み焼き、食いたいなあ…広島に住んでいる全ての人が羨ましい…。


特に、中小企業で昼休みには全社員7、8名で近所のお好み焼き屋にのんびり食べに行く人達とか、めちゃめちゃ羨ましい…



関係ないけど去年行った伝説の名店@広島、ドバイーでの一枚。メニューはヤング風という。チーズハンバーグかお好み焼きの上に乗っている。うますぎ。⬇️
IMG_6068


LAMYの万年筆を頂いた

カテゴリ:
僕にとって初のラミーの万年筆。
色は爽やかな青であった。
IMG_2557

カートリッジ付きであるが、なんとコンバーターも一緒についてくるので、お気に入りのインクで遊ぶこともできるという優れもの。
IMG_2558

もうすぐ遠くへ行ってしまうNさんからのものであるが、僕はお返しに、というわけではないが時計の贈り物を用意していて、ラミーをもらった時に渡した。喜んでもらえたようで一安心…

Nさん、ありがとうございました!


試し書き。少しカリカリ感があるか?しかしシャープな感じで好印象である。ラミーはもっとどっちゃりした印象であったが、これならガンガン使えそうだ。
IMG_20180209_132144
(⬆︎文面に意味はなし、お気に入りのアルバムタイトル)




マチビトキタラズ

カテゴリ:
アポイントの時間は五時…
IMG_2583


時計好きなら、例えアポで待たされても、時計を眺めているだけで時間が過ぎるから得である。

この時計はジャガールクルトのメモボックス、E855。の中でも数種類のデザインがあるのだが、これは六時位置のバーインデックスが中央近くまで細長く伸びていて、僕が全てのアナログ時計の中でベストデザインだと思っている時計であり、いつか再評価されるであろうと信じている。


待ち人はこの五分後くらいに来ましたとさ。


このページのトップヘ

見出し画像
×