Globetrotter再生記 その2

カテゴリ:
まずはどこから手をつけようか…



針からやろう!


この時計の最大の魅力は何と言っても針で、三つもある時針に加え、ビビッドなオレンジの分針がとってもよいのである。

本来ならこんな感じ👇

早速…


裏蓋を開け、ムーブメントを取り出す。ムーブメントはゆるーい金具でケースに固定されていて、簡単に動くため竜頭操作時のグラつきがある。こーいうのは、時計の癖として楽しんでいくものと考える。

秒針を外す。



分針を外す。

時針も外す。
すると、GMTとニューヨーク時間を示す針が見える。そう、こいつらはつながっているのです。発想が素晴らしい!

針を練習用の針とともにシンナーに漬け込み…

取り出す。夜光が思ったより取れなかったので、


次はベンジンの中で泳がせる。三角の針はテスト用の針。

ピンセットやドライバーで夜光をこそぎ落とす。

その次は短針を研磨。
爪楊枝と万能研磨剤であるサンエーパールを使い、地道に少しずつこする。折らないように、少しずつ…


USBメモリがちょうどよい大きさだったので作業台にするw

分針も同じように洗い、こする。ピカピカになった。

さて、短針に夜光を入れる。短針は色がついてなくてシルバーのままなので、夜光を入れたら終わりである。

ここでとりいだしたるはタミヤのマスキングテープ。経験的に、マスキングテープはちゃんとしたやつを使わないとうまく夜光が入らない。これは間違いなくオススメ!




マスキングテープに短針を貼り付け、テープのたわみで夜光が曲がらないようにプラスチックのフロスで左右と下部を固定する。

ヌーロの夜光。色的にこれが一番ビンテージ時計に合う!




裏からちょいちょいと塗っていく。コツがあるので、いらない針で何回か練習してからやることを勧める。
往往にして練習用の針の方がうまくいったりするのだが…

一回塗ってしばらく放置し、二回塗る。はみ出さないよう、ほんの少しずつ。


さて、次は鮮やかなオレンジになるべき、分針。


時計 針 再塗装とかでググって発見したゼンマイワークスのページを参考に、タミヤカラーで塗ることを決意。


このままぽちゃんと漬け込み…

この通り!

ほんとは、固まり方や広がり方のムラなどあって、思ったより難しい作業であった…。

もっと上手くやる方法はあるはず。タミヤのリターダーとか使えばもっと滑らかに塗料を塗りつけることができるのではなかろうか?エアブラシなら一瞬なのだろうか?

なお、失敗したらシンナーのプールで泳げばキレイになりリトライ可能。


続く…

Globetrotter再生記 その1

カテゴリ:
ちょい前に某ベイで入手したジャンクSicura Globetrotter。初のシクラの時計としてとても嬉しい一本であった。


分厚いインナーベゼルには世界の都市名がビッシリと書かれている。ベゼルを回すことでその都市のタイムゾーンがわかるという仕組みである。
が、状態はこの通り。まあ市場価格の5分の1で入手したため、想定通りではある。むしろ、動いているだけめっけもん。


ざっと書くだけでも、

夜光塗料の剥がれ
針のよごれ
分針のオレンジ色がくすんで消えている
秒針がなぜか先の方だけ色が落ちている
傷だらけの文字盤
色あせたベゼル
カレンダーの数字のズレ
くすんだケース
遅れまくりで不安定な運針
やたら小さくて飛び出た竜頭
全然あってないGMTとNYTを示す針


と、たくさんの問題が…

ちなみに、こちらがネットで拾った本来の姿。微妙にダイアルデザインは異なるが、カラーなど参考になる。

というわけで、これらを少しづつ解決しましょうというお話。


針の夜光の入れ直し、ついに最適解を得た…

カテゴリ:
ビンテージ時計好きなら必ず考えることだと思うのだが、時計の中でも特に脆く崩れやすい部分は、夜光である。手に入れた時計の針の夜光がかけてたり、抜けてたりすればがっかりするものだ。

しかも粉末状となって文字盤上部に落ちたものはそのままムーブメントへ入り込んで正常な動きを妨げかねないため、危険でもある。

というわけで、しばらく前から夜光の入れ直しにとても興味を持っていたのだが、なかなかうまくいかなかった。

ネットで検索して時計の針に使えそうな夜光を見つけて取り寄せたりしたのだが、いざ使ってみると色がイメージと違う…

これ、時計の夜光 入れ直し とかってググってほぼ唯一出てくるサイトで試しているやつなのだが、めっちゃ硬くなるのはいいとして、色が緑色すぎるのである。

携帯の充電器とかエアコンのリモコンとかに塗って時計以外には結構活用してるものの、時計、特にビンテージの針と文字盤には合わない。

ちくしょーと思い黄色の蛍光塗料を取り寄せて混ぜたりしてみるが、少し薄くなるだけでやはりおかしい…

なんで夜光ってキツイ緑とか黄色ばっかりで、白っぽい色が無いのだろう!?!?


ちなみに時計専用のものはベルジョン社のものが楽天とかで買えるが、一万を超える、かつ色を混ぜるにはプラス五千円くらいで他の色の粉末を買わないといけないため、コスト的に踏み出せない。いつかは欲しいのだが…


というのでずっと困っていたのだが、


ようやく正解に辿り着いた。


その名も 『ヌーロ』





この、ミニサイズを買った。





オサレパッケージがテンションあがる!



テスト用の針に塗ったらこんな色。ちなみに塗る方法は、マスキングテープに針をくっつけて、裏側から塗料を流し込んで待つだけ。固まった頃にそーっとマスキングテープを剥がして完了。古い夜光はカッターやマチ針でこそぎ落とすよろし。

おお!!
めっちゃいい!!

…ちなみにそれまでの緑色のは、こんなだった。黄色混ぜてもめっちゃ緑色。



んで、こっちがヌーロ。裏側。


表側。上品な乳白色。


試しに、テストマシンに針をつけてみた。他の夜光の一部や分針には緑色が塗られているが、これらと比べても圧倒的に上品で大人しい乳白色である。

ようやくこれでずっと悩み続けていた夜光の入れ直しに一定の満足のいく解を与えることができた、よかったよかった…。

ビンテージ時計好きで、針や文字盤からぽろぽろ落ちてる夜光にお悩みの方は是非買ってみましょう、満足のいくこと間違いなし❗️ 👇



夜光なので、当然光る。机に出したまま電気を消すと、ボヤーっと不気味に輝いている…



以上、腕時計の針にぴったりな夜光塗料のご紹介でした。

Wittnauer 手巻き時計の美しいリーフハンズ

カテゴリ:
雨の中…




むかーし、某bayでかったジャンクの中に埋もれてた一本。初めて自分でバラして洗浄、組み立てして動いた時計であるので、思い入れもひとしお。

雨あがる。




なんの変哲も無い三針時計ながら、時針と分針はとても美しいブルースチールのリーフハンド。


ケースのメッキは剥げかけ。


なんとか文字盤綺麗にして、生まれ変わらせてやりたいのだが…


カンパイ あきた!

カテゴリ:
美酒王国、秋田。

頂き物。

いやーなんか、コレ!っていうぐい呑がなく百均で買ったガラスのおチョコ(意外と良い)で日本酒を飲んでたのだが、思いがけず素敵なやつを頂きとても嬉しい。


早速カマボコとスモークチーズを切って味見、と…



酒はうまい!が、…やっぱカマボコはちゃんとしたのが食いたいなあ…😑

Swatch 電池交換と簡単お手入れ

カテゴリ:
友人の母親のスウォッチ。



シンプルながらも気品あるデザイン。プラスチックベゼルとブレス部分に埋め込まれたガラス石が華やかである。

が、くすんでたり、プラ風防の表面には無数の擦り傷…、手入れが必要な状態ではある。

こういう、しっかり使い込む中でこびりついた汚れや傷というのは、好感の持てるものだ。持ち主とともに、どれほどの苦楽を共にしてきたのであろうか…

ブレスのくすみ



裏蓋を外して電池を取り出し、…



サンエーパールでブレスを磨く。これはもうひたすら磨く。側面も忘れずに!

かなり深い傷のある風防は、耐水ペーパー1500番、2000番で削った後にサンエーパールでゴシゴシ磨く。

磨く時には、ベゼルもこすってしまわないよう、マスキングテープで保護。
直線だから楽である。



磨く男の図

仕上げに超音波洗浄して、完了。このモデルはムーブの外し方が分からなかったので(嵌め殺し?)、水に浸からないよう手で持ってベゼルギリの位置で上下ともたっぷり浸して洗浄。

完成!

ステンレスの磨きが甘いが、手動なのでこんなもんだろう。ガラス石周りが超音波洗浄でとても綺麗になった!


裏側。女性の場合は、時計はアクセサリー的な意味も強いため、ピカピカ光るというのは大変重要である。バックルのとこだけヘアラインを入れてツヤ消ししようかとも考えたが、ピカピカ度が減少するためやめておいた。

お母様には喜ばれたらしい。よかったよかった!

RAGEN Synchronar とお散歩

カテゴリ:
世界初のソーラー充電式腕時計、Synchronar。

RAGEN社より1973年に650$で発売されたアメリカ生まれの時計。ドル円三百円の時代、そして日本の初任給が10万円以下の時代であった。


とにかくカッコ良い!


太陽の下、元気に充電中…


時刻合わせもバッチリ!

本体右側についてるスイッチを、奥に入れたら時刻が表示される。黒い二つの窓がスクリーンかと思いきや、この隙間の部分が時刻表示部。このスイッチはバネですぐに戻ってしまうため、指で押さえている間しか時間が表示されない。ので、時間を見るのに両手が必要。


つまり、時間を見るのに携帯電話を取り出すより不便なのです。


カッコ良いから全てが許される感じ。


飯に連れて出てもよし、


ドライブ連れて出てもよし。


このLED感、たまりません。



オリジナルブレスの質感も極上。44年前の時計とはとても思えないデザイン、そしてグレード感。…て書いときながら、この写真見ると汚れてるな…。長さもイケてないので今度コマ抜いてみよう。


語りつくせぬほどカッコ良いSynchronarでございました。



どうでもいいが、Synchronarを日本語で表すとどうすべきなのか分からない。シンクローナ?シンクロナー?…ちゃんと調べてみよう…


ORIS 自動巻の風防交換 その2

カテゴリ:
風防を探しに時計屋に飛び込むこと二軒目、

ようやく目当てのサイズの風防に出会う。



合わせてみると…ピッタリ!


圧入するために微調整を施す…と、この時にこの時計屋で珍しいものを見た。

この道具、


どうやって使うかお分かりだろうか?

裏面


風防の外径、内径を削るものらしいのだが、僕は初見であった。


このようにセットして、指でゴリゴリ回して削って行く、らしい。外周に面してる四角い部分が刃のようになっていて、ここで削る。


へえー、なるほどなー。


風防貰うだけで良かったのだが、僕が既に風防外した状態で持ち込んだのもあり、このまま入れてやるよということで入れて貰う。


とはいえ、持ち帰ったあと風防をさらにきちんと圧入するのと、ベゼルをはめるのとで圧入マシンを取り出し、圧入。ヘタレなのでいつもサランラップか布で保護しながらやります。合ってるかどうか分からんので真似しないように…



続いて、ベゼルを載せて…


このベゼルのリングの部分にフチが当たるコマを選んで、グイッとな。センター出すのにすごく気を遣う。


完成。

ツルッツルになりました、とさ。


オリス、よいね!!


その後、時計は無事Tさんへ還っていきました、とさ。めでたしめでたし。

ほんとはケースごと洗浄と研磨したかったのだが、裏蓋が開かず断念。小さい時計のスクリューバックって、手持ちタイプのオープナーでは開けにくい…

そしてもちろん、旧風防もお渡し。


SEIKO BELL-MATIC を巻いていこう!

カテゴリ:
セイコーのベルマチック。

言わずと知れ…ているはずの、国産機械式アラーム時計の雄である。イメージでいうと、バブル前夜の勤勉だった日本人が巻いてるよーな感じ?なのだろうか?
長い間製造されたので、物も多く出回っており、欲しい人は今日今からでもどこかですぐ買えると思います笑



心地よいまでのシンプルさ、それでいて溢れ出るセイコーデザインの力強さ…。アラーム時計好きとして、シビれさせてくれる一本である。

裏面。

ちなみに、竜頭の上にあるボタンは、日付早送りボタン、兼、アラームスイッチ。

そしてなんと竜頭はアラームのハンマーを作動させるゼンマイしか巻けないようになっている。時計を動かそうとすれば、手巻きでは巻けず、自動巻のみなのである。

セイコーの自動巻機構はマジックレバーと言われるレバーがせっせとゼンマイを巻くのであるが、手巻きで巻かせないとは、相当の自信と見て取れる。


あるいは、一点のものを長く大事に、しかし毎日使う…という古き良き時代の習慣を反映したものでもあるのだろう。クォーツ時計という物がまだ存在していない時代、時計をいくつも持って、日毎取り替える…という使い方をできた人はそう多くなかったのではなかろうか。


だから、久々に使うときは…

手でくるくる回して蓋を開けて…

ドライバーで指しているこの部分のネジを…


こやって回して使う笑。ここを回すと動力源となるゼンマイ、所謂、主ゼンマイが巻けるのです。


手間のかかる、しかし愛着のわく一本でしたとさ。

このページのトップヘ

見出し画像
×