カテゴリ:
さて、サクサクと針と文字盤を外し、分解を進めていく。

こちらは文字盤の裏側、日の裏と呼ばれる部分。デイとデイト表示用のディスクが収まっている見える。



デイディスクを外したところ、花みたいな形の車がディスクを回し、その右上の部品がストッパー的にディスクを固定する。


デイトディスクを外すには、抑えを外す必要がある。ジャンパーも一緒に外れるのですっ飛ばさないよう注意。




さらに一つ受けを外した画像。
ここから切り替え機構などにアクセスできる。
切り替え機構はじっくりやりたいので、ひとまず裏返す。


こちらが輪列側。
時計の世界では、なぜかこちら側を表側という。後ろの蓋を開けるとすぐ見える側だからだろうか。下の写真は、角穴車などを既に取っている。

さらに続く。