カテゴリ:
全く時計に関係ないのであるが、モバイル史に残る傑作ノートパソコン、THINKPAD X41というものがある。

小さいくせにキーボードは本格派、旧IBM大和研究所仕込みの頑強さはもちろん画面も大きくビジネスユースに最強のモデルであった。




大いに愛用していたのだが、久々に引っ張り出してきてオモチャにしようと思い立つ。


…が、うまく動かない…


バイス設定をやり直せというようなメッセージがでる。


ので、バイオスクリアをしてみた。




やり方は、マザーボードについているボタン電池を外すだけ。


だが、まだうまく動かないので、この電池を交換することにした。いままで交換なんかしたことないが、まぁなんとかなるだろうととりあえずバラす。


ググると、ごくありふれた2032型番のボタン電池が入っていると中華サイトに出てきたので、ストックから新しい電池もスタンバイ。

こんな黄色い袋に入っている。



裏面には両面テープ。



中身。電極が固定されている。引っぺがす。



電極を無理やりくっつけて…



同じように封をする。この後、セロテープを巻いて固定して完了。



ThinkPadのCMOS電池替えたのなんて生まれて初めてだが、あっけないもんやなぁ…。


以上、ふるーいThinkPadのお話でした。