カテゴリ:
お世話になってる人の時計。

オリス自動巻、こんな感じのコンビモデル。9時位置のスモセコ、カレンダー針。上品過ぎて趣味ではないのだが、持ち主にはよく合う品格の時計だ。

カンボジア某所でぶつけて風防が割れたので、交換できる?との事。五時位置にヒビが…


こないだ買ったこじ開けを試すチャンスとばかりに請け負う。

手にとって眺めてみたが、ベゼル、どっから開けるんやこれ?


こじ開けの細い方を突っ込めそうな隙間を探し、押し当てて抉る。キズがつかない様慎重に…


ベゼルが外れる。ここからはグラスリムーバー、所謂風防外しで風防を絞って取り外す。

針の形状も優雅である。ソツのないデザイン、何処に出しても恥ずかしくないしつらえ。


グラスリムーバー登場。そして時計を鷲掴み。

一気に怪しい空気になる。

んで、手で回して絞っていくのだが、…

これめっちゃ固い…

手の皮が剥けそうになるほど回しても全く抜けない。風防をリムーバーの爪が舐めて、全然抜けない…


ので、最終兵器の登場である。ホムセンで売ってるグリップ付き軍手。小さめのサイズ買うよろし。

こいつで絞ればプラスチックなど瞬殺…!

側面バキバキになりましたが抜けましたw

プラスチック風防の中に、金属のリングがある。こういうインナーリングがハマってる風防を絞るのはほんと骨である。


捻り壊す勢いで絞らないと取れないし、外したあと、風防のフチや手で針や文字盤を傷つけないよう細心の注意を払う。よくあるのが、持ち上げた風防に針を引っ掛けてしまい夜光を落としたり針を曲げるケース。


あとはサイズなどを計り、お買い物に行くだけである。これが一番めんどくさいのだが、、、


いつか手に入ると思うので、手に入り次第、その2へ続く…