カテゴリ:
個人的には最大の山場であった針の塗装を終え一安心。次にムーブメントのオーバーホールへ。

うーん、傷と汚れだらけの文字盤…。残念…。


文字盤を取り外す。
なんかカレンダー抑え、真ん中で折れた形跡がある…。斜めに入ってる白いラインであるが、ここで少し谷折りになっている。何をどうしたらこんなことになるんだ!?!?無理やりめくってカレンダー抑えの調整を試みたのだろうか?

カレンダー抑えも、外す。

さらに外す。カレンダーが丸見え。
カレンダー送りのバネと部品が見えるが、カレンダーのズレはこいつらのせいであろう。あとでゆるりと見返すことにする。とりあえずバネが折れてるとかでは無さそうなので、一安心…


カレンダーも外す。切り替え機構が見たことない仕組みだ。しかしこれはこれでシンプルでとても良い!!
右上の金の円盤はカレンダー送りで、これが一周すると中心少し左に写っている突起がカレンダー内側の歯を押し上げて1日分送るという仕組み。


筒車など諸々取り外す。
スプリング系は怖くてまだノータッチ。下部に写っている長い弧を描いた部品がカッコ良い。これは、竜頭を押し込んだ時に主ゼンマイの巻き上げに歯車を接続させるためのもの。

切り替え機構の抑えを外す。素直なゼンマイ達である。

切り替え機構をさらにばらす。


恐る恐るバネ類を取り外す。
上の写真の右下に写ってるようなほっそーいスプリングは最初にロディコをくっつけてから取り外す技を覚えた。こうすることでピンセット滑りや他の部品の干渉などでバネを飛ばすリスクを軽減させられる。

裏面へ。テンプと、輪列抑えを取り外した状態。


4番車やガンギ車などを取り外す。


香箱抑えも取り外す。


ここまでバラしたパーツ達。

香箱と角穴車。

中身はこんな感じ。まだグリースがそんなに汚れてなかったので、細かいカスを取り除き再度グリースを注入して蓋をする。バラして洗いたいのだが、昔、入れる時スプリングを折ったとがあり、まだまだ練習が必要なため今回のような大事な時計では見送り。

地板をベンジンで洗う。穴石などは爪楊枝でこする。

ケース。

ベゼルと、インナーベゼルが圧入されたプラ風防を取り外す。


主だった部品は、ベンジンで洗ったあと超音波洗浄にかける。めっちゃきれいになった…w ケースも一緒に洗浄。


つづーく。