カテゴリ:
友人に電池交換を頼まれて預かった、ポールスミス。
IMG_2849

汎用クオーツ搭載の所謂ファッションウォッチであるが、それ以前にポップすぎるデザインから検討もした事のないブランドであった。

開けてみると、これ。
モジュールを囲うのはチープなプラスチックのスペーサー…ペラッペラ。時計自体もめっちゃ軽い。

IMG_2850

電池交換ついでに外装をきれいにするか、と研磨に取り掛かった。

裏蓋。放置しまくっていたという割には綺麗だ。
IMG_2851

ダイアル。
あれ?なんかすごい綺麗だ。風防のガラスが傷つきまくってたので、勿体無いなあ…
IMG_2852

ヘアラインを出すためのスポンジでケースをこすり、傷を取りつつヘアラインを入れる。
IMG_2853
IMG_2854

表側を研磨するときは、ガラスをこすらないようにタミヤのマスキングテープで養生する。
IMG_2856

竜頭側もしっかりポリッシュ!
ブレスもブラシで擦って水洗いし、傷を取りつつヘアラインをつける。傷が深いので完全に取るのは無理。
IMG_2857

ケース、ブレス、裏蓋を超音波洗浄機に放り込む。ブレスは完全に固着していて取れなかったので、そのまま。
IMG_2858

裏蓋も傷を取る。こちらもそこそこしか取れない。
IMG_2859

パッキンはこの形のものを持ってないので、再利用。シリコングリスを塗布。
IMG_2861


電池は、電気を通さないプラスチック製のピンセットで扱うべし…
IMG_2862

出来た。
IMG_2863

いつも通り、動作確認と言う名の試着を行う。

…おお!!なんか結構良い感じではなかろうか??
IMG_2878
深みのある青の文字盤ががつや消しのステンレスに引き立てられ、渋い輝きを放っている。バセロンコンスタンタンのオーヴァーシーズの様ではないか?!
(とか言うとバセロンユーザーにギャラ入り外箱で殴られそうですが…w )

焼けた風の色合いの夜光(ダミー)も良い感じである。ワイシャツの袖の丸みと袖口の直線が、同じく丸みと直線で形作られるトノー型ケースに絶妙にマッチしている。トノー型、いいねぇ…!

こやってみてみるとほんとカッコ良い。つーか可愛い。流石のポールスミスと言うべきなのか…。
IMG_2891
尚、持ち主はバセロンも余裕で買えるであろうスーパーエリートなのだが、時計には無頓着極まりないのでありました。

この後、いつまでも大事にして欲しいと伝えて返却。とか言いながら、オススメの時計を聞かれたので、ぜひクォーツ最高峰である"The Citizen"を、と焚き付けておいた。買ったら見せてもらおう…


以上、初めて手に取ったポールスミスの時計が意外と良かった、というお話でしたとさ。