カテゴリ:
…今日のエントリはまったく時計に関係ないように見えるタイトルであるが、その実深く時計に関係するエントリである。
なぜなら、携帯電話で腕時計の写真を撮ろうとしたとき、「容量がいっぱいです」などと言われて悔しい思いをしたことが二度や三度ではなく、僕がそうならきっとこれをお読みの諸氏もそうだろうと思って、時計に関係するエントリだと言ってみるものである。
download
 この忌まわしいポップアップメッセージ…

あ、泥User丁寧に言うとAndroidをお使いの皆様は飛ばして読んで構いませんです。

さて、iPhone である。
素晴らしいUI、統合されたプラットフォーム、抜群の操作性能、なにより美しい見た目、とてもとても素晴らしいデバイスであることは間違いない。

が、どうしても不満な点、それは、「容量」!

せっかく美しい写真、美しい動画をとっても、あっという間に容量がいっぱいになってしまう。それでどうやってデータを空けるかといえば、これが信じられない。わざわざPCのiTunesを立ち上げ、接続し、アプリケーション上で操作を行うのである。

…まあこんな文句を言っても始まらないので、以下に、iPhoneをお使いの皆様で”写真を撮りすぎて容量がほとんど無い!どうしよう!!”という方向けに、空き容量を劇的に増加させる方法を説明しよう。


似たようなことをやるアプリはあるようだが、便利で大幅に削減できるものは有料・無料問わず見つからなかったので、おそらくAppleの推奨する方法ではないのだろう。不慣れな方は特に、必ずバックアップを取ってから実行されたい。


また、この方法は僕のオリジナルで、iPhone4の頃からやっているのだが、未だに他で同様の手法を解説しているページを見たことが無い。なので、結構良質な情報だと思う・・・のだが如何だろうか…



さて、ものすごく簡潔に手順を説明すると、
  1. 保存されている写真をPCにコピーする
  2. その写真の向きを合わせる(縦、横の向きを合わせる)
  3. 画像を圧縮し、ファイルサイズを下げる
  4. 画像の拡張子が.JPGであることを確認し、iPhoneに戻す。

…たったこれだけである。

しかしこれだけではある程度PCに詳しい人でないと実行できないと思うので、以下にもう少し詳しく説明。

これでできない人は…、iPhoneもう一台買ってください。笑。(スクリーンショットとかはこのエントリのためだけにはめんどくさくて撮らないので、次僕がやるときに忘れなければ撮って更新しときます。


  1. 保存されている写真をPCにコピーする
    昔、JailBreakとかしてるころはiPhone にSSH接続してコマンド一発でPCにCOPYできたので便利だったのだが、今はそこまでの元気がないので、以下のアプリケーションを使う。

    i Fun Box (http://www.i-funbox.com/)

    これを使うとどうなるかというと、ケーブルでつないだiPhoneのファイルを読み書きできるようになる。このソフトを使わず普通につないだだけでは写真の読み取りはできるが、書き換えができないのがダメ。

    このアプリを使い、パソコンに写真を全部コピーしよう。

    なお、コピーする際はWindowsのExplorerのようにiPhone内のファイルを見るビューからコピーするように。↓こんな感じの画面。ここからドラッグアンドドロップでローカルPCに写真をコピー。
    sandbox01


  2. その写真の向きを合わせる(縦長、横長の向きを合わせる)
    コピーしたら、それらの写真の向きを合わせる。PC上で向きを合わせておかないと、画像を縮小してiPhoneに戻したときに、アプリで表示されなくなってしまう。
    これにもアプリを使おう。僕が使うのはこれ。

    Azure Automatic (http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se310329.html)

    azureautomatic_1s

    フォルダごとドラッグアンドドロップで突っ込むだけでかってに向きの修正処理をすすめてくれる。パノラマ画像などでダイアログがでて、OKを押さないと進まないことがあるのが難点なのだが、意外とこの機能を持つ便利なフリーウェアが無いのである。


  3. 画像を圧縮し、ファイルサイズを下げる
    次、肝心の画像圧縮。これも大量の写真を一括で圧縮処理してくれるソフトを使う。
    僕が使っているのはこれ、その名も「縮小専用。」→https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/shukusen/download_10264.html
    shukusen

    これも、ドラッグアンドドロップでフォルダごと突っ込むだけなのでめちゃくちゃ簡単に画像が圧縮できる。圧縮率や効果も設定できるので、軽くしたい人は思いっきり軽くしよう。なお、圧縮された画像は、肉眼ではほとんどオリジナル画像と区別が付かない。


  4. 画像の拡張子が.JPGであることを確認し、iPhoneに戻す。
    これ、意外とハマるところである。上記手順を経た画像ファイルは、拡張子が「.jpg」になってしまい、iPhoneで表示できなくなる。なので、拡張子をすべて「.JPG」に変えよう。
    これもフリーソフトで・・・と言いたいところなのだが、意外とこういうのをサクッと行うソフトってないのである。バッチファイルで行うほうが便利。

    以下の青字の文字列をコピペしてメモ帳を立ち上げて張り付け、ren.batとかって名前で保存する。それを、画像ファイルのあるフォルダに突っ込んでダブルクリックすると、バッチ処理で自動的にすべてのファイル名が.jpgから.JPGに変わる。

    rename *.jpg *.JPG

    これさえ終われば、あとはiFunBoxで、iPhoneの元々の場所に画像を上書きコピーするだけ。


以上である。


これをすると、iPhoneの中身の写真ファイルが、PC上で圧縮処理されたものに置き換わり、一気に写真の容量が減る。しかも、アルバムではちゃんと写真を見れるので、すごい大量の写真をいつまでも保持しておくことができるようになる。

もともとの写真ファイルは平気で一枚4MBとかあるのだが、これが1/10とか1/5とかになるので、写真だけで60GBとか使ってる人は、一気に50GB分くらい空きができる(笑)。


慣れれば結構簡単にできるので、iPhoneの容量不足に悩んでいる方は、ぜひ一度お試しくださいませ。僕は旅行前や長距離外出前にはこれをやってiPhoneをスッキリさせてから行くようにしている。出先で動画とか撮るときに容量気にするのは嫌なので。


というわけで、素晴らしい時計写真を撮るために必要なTIPSのご紹介でした。

…誰か、上記の一連の流れを勝手にやってくれるWindowsアプリ作ってくれー・・・ください…