カテゴリ:
僕の敬愛するUT Design のUT氏神推しの時計、Synchronar。

RAGEN社より販売された、世界で最初の太陽光による充電機構を備えた時計であり、かつ、世界で最初の磁力による時刻調整など各種操作を実装した時計。

歴史的な一本であることは間違いがない。間違いがないが、あまりにタフで便利なため僕はいまだに実用している。使いつぶすまで実用しようと思っている。それでヨイではないか。
IMG_3511
 とある日の昼食時のショット


もう何度もこのブログで取り上げてきたのだが、いまだに謎な点があったのでこの場でハッキリさせておこう。

日本語での読み方、表記の仕方である。

先のUT氏のサイトでは明確に[シンクローナ]と書かれているのでこれに倣うのが本来であるのだが、実際に発音を聞いたことがないので判断がつかないのである。僕が過去に書いた記事も同様で、シンクロナーとかいたりシンクローナと書いたりしてるようで、我ながら適当だなあと思った次第だ。

そんなことどうでもいいやんと思うかもしれないが、こういうのは自分の耳で実際に聞いて、自分の頭で実際に判断するのがとても大事なのである。

英単語を調べるときも、単語帳をめくりながら覚えるのと、何か英作文をする時に単語がわからず、辞書をめくって調べてつぶやきながらスペルをなぞるのとでは覚え方が違う。同様に、Synchronarの発音の日本語表記といった何気ない事項においても、自分で確認を取ることがSynchronar愛をより確かなものにするであろう。

『一次ソースに当たる』というのは、あらゆる情報がやや過分気味に手に入るインターネット社会において、とても大事な事である。原典に当たること、自分の目と耳と足で情報を集めること、そうすることで初めて何が本当で何が本当でないかが分かるようになる(と、昔社会人になったときに教わった)。

…というわけで、UT DesignでSynchronarをゴードン・クーパー氏(宇宙飛行士、故人)が解説しているCM動画?が紹介されているので、それを見てみよう。


ふーむ。これは…『シンクロナー』と言っているように、聴こえる。。。。

これ以外にも誰か製造者あるいは近い人間が"Synchronar"を発音しているビデオがないか探してみたのだが、見当たらなかった。ので、本当にこの時計の発音はこのビデオのみである。。。しかも、しかもであるが、このCMの中でSynchronarを発音しているのは開始6秒のたった一回だけ…

しかし最も大きな発見は、正確なモデル名、”Synchronar 2100”の発音を、以下のように発音している点である。

"Synchronar twenty-one hundred"

Two One Zero Zero  でも、 Two thousand and one hundred でもない。

Twenty-one Hundred である。これは2100年までカレンダー調整不要という機能についてのネーミングである。わざわざこのように発音しているという事は、当然の事ながら制作者側から注文があったのであろう。我々愛好家は、この点を無視してはならないのではないだろうか。

…結論として、僕の耳ではSynchronarはシンクロナーで問題なさそうである。のだが、国民的英雄である宇宙飛行士がCMでわざわざSynchronar 2100と喋っているからには、今までの僕のSynchronarとかシンクロナーって表記は片手落ちではなかったかと反省している。

これからはきちんと2100も付けようと思いました。
Synchronar 2100、あるいはシンクロナー2100、と。  (最下部に訂正あり)
image


…さて以下は、余談となる。
Synchronar愛のある方のみお読みいただければ幸いである。

歴史的ともいえるこの動画の左上にはURL”www.dwf.cc”が透けていて、いまそのURLにアクセスしても既に何もない。

ので、みんな大好きWayback MachineにそのURLを入れて何があったかを見てみると・・・

フォーラム、いわゆる掲示板である。dwfで、Digital Watch Forumらしい。

Synchronar 2100のトピックはこちら。ここに、TVCMについてのスレがあり、かなりコメントが付いている。悲しいかなすでにスレの内容はWeb Archiveにも保存されておらず見ることはできないのであるが、このコミュニティの人々にはこの素晴らしい時計愛好家の後輩として心より感謝申し上げたい。

この素晴らしいフォーラムは今はこのURL(http://www.newdwf.com/)となり、いまだに続いている。すごいことである。ちなみにこのフォーラム運営者は”Strikes and Spares (http://www.strikesandspares.de/)"、なんと近年までSynchronarのモジュールのリプレースを行っていた会社である。

Synchronar 2100はもう古すぎる時計であるため、内部モジュールが生きている個体が本当に少ない。この会社は、独自に開発したモジュールSMSM80-82というものを使って死んだモジュールを動くものに交換するサービスを行っていた。

最近聞いた話では、このモジュールは大変壊れやすく、ある愛好家は3つ同時にモジュールリプレースを依頼したものの、一年もせず三つとも壊れたとの事であった。ご本人によれば、内部の固定が甘く部品に衝撃が加わりやすかったのが原因ではないだろうか…とのであったが、3つ買って3つが同じ時期に壊れたのならそれはもう回路などの設計不良という事であろう。

すでに当該モジュールがディスコンとなっている事からも、同様のトラブルが世界中から報告されていたものと推測できる。それでも一個くらいほしかったなあ。。。。

このモジュールをSunwatchに搭載して、使い方を簡単に説明している動画がある。

これはただのユーザーの動画であるが、この動画の最後に一回だけSynchronarと発音していて、それもどうやらシンクロナーと聴こえる。



以上、シンクロナー2100の読み方、書き方についてでした。
image


【追記、訂正】
…ここまで書いておいてなんなんだが、なんとこの時計、すでに日本語表記が定められていたらしい…!!!正しくは、”シンクローナ”であるとの事。衝撃である。具体的には追って更新します。