カテゴリ:
ではバラしていこう…

まずはじめに時針が取り付けられていたツツ車をワッシャーごと持ち上げる。ワッシャーは向きに注意。反っている谷側が文字盤側になる。
IMG_20180508_002019

次に裏返す。
IMG_20180508_002223

自動巻ローターを外しにかかる。
これはブリッジを先に外すタイプ。黒い色のネジを外し、そーっと持ち上げる。
IMG_20180508_002532

持ち上げるとこのように外れる。自動巻機構は避けておく。
IMG_20180508_002621

外したところ。
IMG_20180508_002703

自動巻機構の裏側。
IMG_20180508_002724

また裏返して、輪列を外しにかかる。

先に忘れないようにハック(秒針規制、時刻合わせの時に秒針を止める仕組み)用のパーツを取り出しておく。下の画像にある金色のL字型の部品がそれである。避けておかないとぽろっと落ちて見失いやすい。
IMG_20180508_002918

そして主ゼンマイのトルクを解放する。これを忘れると色々部品を壊すことになる。素人愛好家にはお心当たりのある方もいらっしゃることだろう…

自身も然り😭


巻芯を挿し直して…、
IMG_20180508_003154

トルクを解放する時は、香箱の逆回転を抑えているパーツを探す。この時計の場合だと下に写ってる針金となる。これが香箱を逆回転しないよう歯止めをかける役割を果たしている。

ここを、リューズを捲き上げながらピンセットでそーっと浮かせると、そのままゼンマイが解けていくので、最初から最後までリューズをしっかり摘みながらゆっくりと巻き上げとは逆方向に回し、トルクを解いていく。
IMG_20180508_003427


その3へつづーく。