カテゴリ:
的なものを作りたかったのだが、いまいち…
しかしせっかく画像を集めたのでここに貼っておこう。

----------------     -----------------
These photos are listed as great wrist-shot of master time pieces.
If you find phto which you had taken by yourself,
please contact me to remove, refer, and any other actions.
----------------     -----------------

カルティエ バスキュラント
Image result for watch wrist shot
以前書いた通り、ジャケット越しのシャツの袖口から覗くスクエアケースは攻守最強。
中でもカルティエのグレード感、上品さは群を抜く。



ジャガールクルト、メモボックス E855
FullSizeRender
言わずと知れ…てない、僕の中でのベストウォッチ。このコンディションはクレイジーである。しっかりめのベルトと合わせて、肌に映える…


ゼニス エルプリメロ
FullSizeRender
恐らくスーパー高価なエルプリ。なんだこのケース、ブレス!かっこよすぎ。
ラフな青シャツはデニムか綿か?


ヴァルカンのビンテージクロノグラフ
FullSizeRender
これまたラフな青シャツにシックなジャケットを合わせ、ヴィンテージ感満載である。
ベルトと靴の色を合わせるのは基本とはいえ、こうも見事に合わせるかねしかし?


ランゲ 1815 ラトラパント・パーペチュアルカレンダー ハンドヴェルクスクンスト
FullSizeRender
スーパーウルトラゴージャスなランゲのパーペチュアルカレンダー、そしてなんとスプリットセコンドのクロノグラフを搭載しているという超絶ド級の高級時計。でも29万ユーロって(その他のプレミア時計の数々に比べて)安くないか!?
ダイアルに浮かぶ星々はすべて職人による手作業で描かれるもので、見事のひと言。世界で29個限定。


ジャガールクルト、メモボックス E855 ”黒騎士(ブラックナイト)”
FullSizeRender
厨ニ全開の二つ名を持つ超レア時計。探し求めている黒のE855。現存するものは、ほとんどがリダンされ黒くペイントされたものである。
このショットのように、黒のスーツに合わせたくてたまらない。

エニカー
FullSizeRender
おもしろいケースの時計はそれだけでリストショット映えする。ケースはもちろん、リューズの位置にも注目。人間が時計をみるパースを逆手にとって逆に見やすくなっている。素晴らしい!
そして、地味ながらセーターに合わせるのも重要なポイント。えてして、リストショットは長そでじゃないと映えない。つまり、冬のある国で時計の美は発展するのである。


リシャール・ミル
FullSizeRender
…とかいいつつ、長袖とか半袖とかそんな次元を超越しているのがこちら、リシャール・ミル。スニーカーに合わせるだけでも超絶かっこよくなってしまうこの罪深い時計よ…このかっこよさはもはや暴力的ですらある。



ゼニス エルプリメロ Traveller Multicity …となぜかGPU。萌えー
FullSizeRender
リストショットの一つのカギを握るのは背景である。このショットは一見、高級時計にあかせてファッションなど何も考えず力業でとった一枚にも思えるがそうではない。背景に映るは今が旬のGPU。仮想通貨採掘に世界中で乱獲されている機械である。
仮想通貨を採掘しまくって売りまくって、もっともっと高級時計を買いたい!!!という持ち主の絶え間ない時計欲を感じさせてくれる隠れた名作。


そして最後は…ハルディマン!!
FullSizeRender
憧れの時計をスーツに合わせる。かっこよすぎ。もし手元にハルディマンが存在したら、きっと一日十枚くらいはリストショットを撮る事だろう、マジで。ちなみにオーダーメードでカスタムダイアルもお願いできるらしい(インデックスの色を変える、など)。そんなんされたらますますリストショット最強になってまうやん…


最後に、「How To: Take the perfect wristshot (TIME+TIDE)」よりリストショットをうまくとるコツを引用したい。

  1. 自然光。ただし陰影をうまく調整する事。車の中やカフェが適している。
  2. ストーリーを湛えること。どこで撮られたものか?どんな靴を履いているか?どんなコーヒーを飲んでいるのか?
  3. スーパーカー!超高級車と撮ってみよう。自分のじゃなくても無問題
  4. 2,3人で合わせてみよう。悩みながら、いろいろなアングルや構成で…!遠慮なくお願いすべし。
  5. 照準。初心者は文字盤に合わせてしっかり撮ろう。