カテゴリ:
ではバラしていこう。

ETA2512。小さい。
IMG_4300

この通り、ムーブメントの状態はお世辞にも綺麗とは言えない。

テンプを取り外したところ。
IMG_4301

続いてアンクルも取り外す。当然香箱のトルクはゼロ。皆さん、くれぐれもトルクが残ったままアンクルを外さないようご注意を…!色々死にます。
IMG_4302

続いて香箱受け。
角穴車、丸穴車を外すとコハゼバネが見える。そしてコハゼはめちゃめちゃ汚い…ネチョっとした茶色の汚れがこびり付いている。何これ?

IMG_4304

はい、香箱が見えました。
IMG_4307

香箱を取り除き軸の摩耗を見る。良かった、あんまり摩耗が見られない…
IMG_4309

という事で輪列の受けを外すと、パラパラと歯車が音を立てて崩れ落ちる。ここに、おそらく数十年にわたるであろうミクロン単位の均衡が崩れ、彼らは晴れて自由の身になった訳である。
IMG_4310

表側はもはや何も残っていない。
IMG_4311

ので、裏返す。
IMG_4312

ツツカナなどを外し、切り替え機構の分解に入る。切り替え機構とは、リューズの押し引きによる動作を切り替えるための機構である。
IMG_4314

少しずつバラしていく…
IMG_4324

切り替え機構の歯車は小さい上に微妙に、上下があるので、こうして写真を撮って記録しておく。
IMG_4325

切り替え機構は時計の中でもメカニカルな部分で、機械によって違いがあり見ていて面白い。し、時計の美しさを感じさせられる部分でもある。
IMG_4326

カンヌキを抑えているバネは、このように、ロディコを押し付けて吸着する。さもないと、飛んでいってしまい全裸あるいはパンイチで這いずり回って探す羽目になる。
IMG_4332

ほら取れた!ついでに汚れも取れた!
IMG_4333

カンヌキを取り外す。もはや丸裸も同然。
IMG_4334


その3へつづーく。