カテゴリ:
古い時計を直していると、一番嬉しいのはテンプが元気に振れ出したとき、そして次に嬉しいのは、見た目がピカピカになることである。


考えてみると、修理時間の大半はゴシゴシケースをこすっている…ような…。


先日直したスーベリンの時計も、殆どが研磨であった。


ジャンク品でガチャガチャ言わせながらビニール袋に入ってきた品物なので、当然キズだらけである。

僕の作業は、ケースは基本水洗い、かつキレイキレイでブラシ洗浄。これも素人仕事そのものであるが、素人なので別に良いのであった。


風防は、


こんなやつを粗めのヤスリでガサガサこする。

といっても紙ヤスリがないので、ステンレスのヘアライン用ヤスリでこする。なんかすごい勿体無い気がする。紙ヤスリかわねば。

真っ白に。


これを研磨剤をつけてこする。

超有名なサンエーパールはもちろんだが、

プラモ用のキングブライト、



大容量、神効果でおなじみのピカール、


など、いくつか試すようにしている。

布はいつもティッシュを使用。セーム革がよいとか書いているが、手に入りにくい上に、勿体無くない!?と思うためとてもではないが使えない。

研磨剤をティッシュで使うと良く無いことでもあるのだろうか、誰かご存知なら教えてくださいませ。



…ということで、スーベリン出来上がりはまた後日書きます。