カテゴリ:


先日バラしたこいつ。

ムーブの写真など。
黄金色ムーブ。

日ノ裏側。


切り替え機構。竜頭を抜いたためカンヌキが外れている。ま、これはよい。

なんで動かないのだろうか…と、おかしいところを見ていくと、


このテンプ抑えのネジが緩んで、抑えがガタガタしている。

キュッと締め直したら、元気良く動き出しましたとさ。


それだけ?!?!


それだけ。時計というのは気をつけないと、ささいなことで直ぐに動かなくなるものなのだなぁ。


ベゼルも風防も研磨しまくり。


そして…

これもまた受け石がないタイプであった。ので、地板に直接刺さってる輪列ホゾに注油。ベンジンもないし超音波洗浄機もないので、手に入るまで洗浄は無視。

しかし、穴石がないのは、この時代のそう高くないアメリカウォッチは、ひょっとしたらそれが標準的だったのだろうか。

アンクルも大抵石がなく、金属の突起でガンギを送ったり止めたりしている。そのため、チクタクチクタクと音が大きい。

ケーシングして、注意深く針を取り付けたら出来上がり!


カッコ良い!

スッキリさわやか!

こんな良い時計が埋れてたなんて…

ジャンク時計、あなどるべからず。


以上、スーベリンのジャンク時計修理のお話でしたとさ。