カテゴリ

カテゴリ:SEIKO

SEIKO SPACEMOVE と一緒に過ごす

カテゴリ:
さてここ数日、もっぱらセイコーのスペースムーブを着けている。

こんな変な飯を食ってるときでも…
IMG_3625


色が文字盤によく映えている!
IMG_3626
これ、何を食ってるか想像できるだろうか?
世の中には一生のうち食べるどころか見も聞きもしない料理がたくさんあるが、これも読者諸氏にとってのそんな料理の1つであろう…


ハンバーガー(オサレなやつ)食ってるときでも…
IMG_3616
このバーガー、肉もチーズもめちゃめちゃうまかった…

IMG_3613


久しぶりにサッカーして走り回ったときも…
IMG_3610


この通り、いつもクールに佇んでいる。
IMG_3597


ところで僕はあまりクォーツ時計に興味がない。

単純に好き嫌いの話なのだが、ゼンマイ時計やテンプのチクタクと振れる音が、好きなのだ。壊れたら壊れたで、どこが壊れたか見てわかるものが好きなのだ。

IMG_3423

この時計はクォーツで、しかも真ん中の赤いクロノグラフ針が実はただの秒針であるというトリッキーな時計である、

それでもこの時計を愛して止まないのは、この時計に素晴らしいストーリーがあるからだ。

この都会の文字盤は、実際に宇宙に行ったスペースシャトル、エンデバーの表面に敷き詰められていた、耐熱パネルを溶かしたものが塗り込められている

毛利衛飛行士を乗せて、実際に地球の外、未知の領域へ人類が踏み込んだその一歩を支えた重要な機構である。

僕はかつて、時計とはその発明を神に誇れる数少ないものの1つではないか、と書いたことがあるが、宇宙に飛び立ちそして還ってきたスペースシャトルもまた、その1つであろう。

原始の時代、人は未知の世界を夢見て船を作り、大海原に漕ぎだした。海流や天候に恵まれ新天地にたどり着き、そこで家を作り、家族を得て、文明を築いた。

寄生虫の研究結果などから、実に4000年もの昔すでに日本から海を渡り、南アメリカ西海岸に到達した部族がいた事も分かっている。

未知に漕ぎ出す船、その現代の象徴がスペースシャトルそのものではないだろうか。これがロマンでなくて何であろう、物語でなくて何であろう。

この時計の文字盤を眺めていると、スペースシャトルの耐熱タイル素材の凸凹が、その微かな陰影を静かに映し出しているのがわかる。

その陰影の1つ1つに、人類の普遍的に持つ限りない探究心と好奇心、そして数多のエンジニアの執念が宿っている様に思える。それらはまた、その下に息づいている無機質なムーブメントにも、同じく宿っていよう。

古代の同胞は広い太平洋の真ん中で、凪の夜に見上げた星空と何を語り合ったのだろう。ただただその好奇心、未知への探究心を抑えきれない情熱を、何より生命を賭した執念をひたすら天に説いていたのではないだろうか?

そんなことを考えていると、この時計を巻いているとなにかそんな精神にあやかれるような気がしてくる。この時計を好き好んで買い求める好事家達、とくにSEIKO SPACEMOVE とかってググって偶々ヒットしたこんな場末のブログを読んでいる人たちには、そんな風に思う人もおられるのではなかろうか?

未だ見ぬ素晴らしいもの、---- 例えばオバQの頭に胡麻とネギをふりかけて並べた料理のようなもの ---- にいつかたまたま出会うため、冒険と好奇心を忘れたくないものである。

以上、SEIKO SPACEMOVEとしばし過ごしたお話でした。

セイコー ベルマチックは良い時計

カテゴリ:
世界に名だたるマニュファクチュール、セイコー。

70年代の傑作である、機械式アラーム時計 Bell-Maticは、端正なフェースに小洒落たアラームを備え、しかもデイデイト表示。

実用性をトコトンまで追求した時計なのである。
IMG_3055


が、しかし…

手巻き機能がない😂


昔々、この時計を持つような人はきっと、一点ものとして末長く大切につかうような、そんな人達だったのであろう。

毎日手に巻くものなので、手巻きなど必要無い。セイコーの誇るマジックレバー式自動巻きで、機能的には十分だったのだろうと思われる。

…もちろん僕はこの大切な時計を毎日巻く事は出来ないので、たまに使うときはこうやってドライバーを用意し、
IMG_3023

蓋を開け、メインスプリングが収められている香箱をマイナスドライバーでひたすら巻くのであった。
IMG_3022
これが本当の手巻時計…



しかしいつ装着しても安定感抜群の一本でした、とさ。良いデザインは不滅なのだなぁ。

…こんな良い時計が二、三万で中古市場で手に入る…なんて、ちょっとお得過ぎないだろうか???
IMG_3024
カッコヨイー

ゴルフのお供に、SEIKO SPACEMOVE

カテゴリ:
   
写真は曇りであるが、じつはもちょっと晴れていた。久々のゴルフのお供に、SEIKO SPACEMOVEを装着する。

普通、ゴルフは衝撃を伴うスポーツなので腕時計はご法度である。ましてやロレックスのような高級時計をするのは考えられない蛮行であるので、お心当たりのある方はご注意下さい。

このような、クォーツ時計やG-SHOCKが一番よい。と思います。
サポーターに半分覆われながらも健気に時刻を示し続けるSPACEMOVE。



全然関係ないが、一時期左肩痛でまともにスイングできなかったのだが、このサポーターをつけると少しましになった事があった。手首を固定する事で肩への負担に関係するのだろうか?

SEIKO 自動巻パワリザ黒文字盤

カテゴリ:
一緒に飯食った人の時計がイケてたので見せてもらった。



カッコヨイ!




テスト着。


ええがな…


黒文字盤に金の針、というのが有りそうでない。金色は肌に馴染むから、いざ着けてみるとすごく自然なんよなあ。

SEIKO BELL-MATIC を巻いていこう!

カテゴリ:
セイコーのベルマチック。

言わずと知れ…ているはずの、国産機械式アラーム時計の雄である。イメージでいうと、バブル前夜の勤勉だった日本人が巻いてるよーな感じ?なのだろうか?
長い間製造されたので、物も多く出回っており、欲しい人は今日今からでもどこかですぐ買えると思います笑



心地よいまでのシンプルさ、それでいて溢れ出るセイコーデザインの力強さ…。アラーム時計好きとして、シビれさせてくれる一本である。

裏面。

ちなみに、竜頭の上にあるボタンは、日付早送りボタン、兼、アラームスイッチ。

そしてなんと竜頭はアラームのハンマーを作動させるゼンマイしか巻けないようになっている。時計を動かそうとすれば、手巻きでは巻けず、自動巻のみなのである。

セイコーの自動巻機構はマジックレバーと言われるレバーがせっせとゼンマイを巻くのであるが、手巻きで巻かせないとは、相当の自信と見て取れる。


あるいは、一点のものを長く大事に、しかし毎日使う…という古き良き時代の習慣を反映したものでもあるのだろう。クォーツ時計という物がまだ存在していない時代、時計をいくつも持って、日毎取り替える…という使い方をできた人はそう多くなかったのではなかろうか。


だから、久々に使うときは…

手でくるくる回して蓋を開けて…

ドライバーで指しているこの部分のネジを…


こやって回して使う笑。ここを回すと動力源となるゼンマイ、所謂、主ゼンマイが巻けるのです。


手間のかかる、しかし愛着のわく一本でしたとさ。

SEIKO NASA SPINOFF /  SPACE MOVE CHRONOGRAPH (クォーツクロノ)

カテゴリ:
ものすごく久しぶり、おそらく、自分で買ったものとしてはシチズンのアナデジテンプ以来、10年ぶりくらいにクォーツ時計を購入。
IMG_7825

SEIKO SPACE MOVE

クロノグラフだが、センターの赤針はなんと、クロノ針ではなく秒針。

この時計のハイライトはなんといっても文字盤。この文字盤の地の部分、なんと、スペースシャトル「エンデバー」で使用した耐熱タイルの本物をペースト状にしたものを塗ってある。だからザラザラしていて画一的ではないのだが、なんといっても、本当に宇宙にいったものを身につけている、というこの感覚はなんともいえない。しかも、スペースシャトルの象徴的な色使い、白と黒の外装、まさにアレ。エンデバーといえば、毛利衛氏が日本人初搭乗した、過言ではなく歴史に残るスペースシャトルである。
space-shuttle-endeavour-reflection-1-1000x561
(この画像はこちらのサイト毛利衛さんが乗ったスペースシャトルに乗ってみた!」より拝借)


この時計を知ったのは、敬愛する時計愛好家ブロガーであるUT氏のサイト、UT DESIGN
機能的にも仕上がり的にも付加価値的(後述します。)にもそれら逆輸入モデルの上をいき、デザイン的にも非常に良くまとまっているのが今回ご紹介する下の画像のNASA SPIN OFF商品の "SPACE MOVE"です。
そもそも何故にこちらのお店がこんなNASAとの仕事ができたのか?を聞いてみたところ、当時NASAに知り合いの方が勤めていて、NASAのSPIN OFF商品を展開するにあたり、時計の話が挙がり、メンバーとこのデザインをし、製造をセイコーに依頼し、製品化にこぎつけたとのことです。

東京の「毎日が激安」という店舗の経営者が、なんとNASAとSEIKOと交渉を重ねて製作し、世に送り出した品であるという。NASAのHQまで出向いたというその熱意、本当にすばらしい。
詳しくは、このエントリを熟読してください。別サイトには英語記事もある。

ロマン溢れるエピソードの数々…。やっぱ、モノって、ストーリーが大事なんだよなー… 

外箱は質素そのもの、真っ白な紙箱。
IMG_7791


内箱はいきなりNASA SPINOFFのロゴ入っててテンションあがる。触った感じもフカフカでよい!
IMG_7792

このように、スペースシャトルとタイルの説明書きがある。ラミネート加工された一枚の紙であるが、これこそがこの時計のハイライト!
IMG_7794


各方面から。
IMG_7796
このケース、ベゼルの横っ面のテカリ具合はビンテージ好きとしてはやや若々しい感じがするのだが、クオーツクロノである事を考えるとむしろこっちのほうが健全なような気がしなくもない。実用性の伴う、質実剛健な印象である。 

も一度正面。
IMG_7795

何度見てもカッコヨイ、文字盤。しびれる。60分積算計の部分、上半分の円周外側に、「SPACE SHUTTLE TILE」と赤い文字で書かれているのもよい。青地に銀色のNASA SPINOFFロゴも本当にかっこよい。

そしてブレスのこのグレード感よ。弓環ともどもツヤ消しされていて質感が高い。バックルにはNASA SPINOFFロゴがきちんと刻印で入っている。
IMG_7797

嬉しいことにバックルを開いた所にもそれぞれ彫られている!
IMG_7798


裏面もとってもよい。地球の上を悠々と羽ばたくスペースシャトルのイラストの周りには、"WE SUPPORT SPACE SHUTTLE"というアツいメッセージが。1000個限定のためシリアルナンバーも記載されている!
IMG_7799


ベゼルにはタキメーターとテレメーター。宇宙感があってとてもよい。何より、回転ベゼルなのがよい。センター針がクロノ針ではないからであろうか?インナーベゼルには0で始まる100で終わるディシマルメーター。割と珍しいが、ブライトリングの数少ないカッチョイイと思えるモデルにもディシマルメーターがあったので、個人的にとても好きである。ただし、インナーベゼルは動かせず、センター針は常に動いているため、任意の時点からスタートして計測できるわけではない。ま、時刻調整モードで0のところで秒針を止めればできないことはない、のか・・?
IMG_7800


プールで良し、飯で良し。頼りになる一本である。

機械式時計に比べて軽いのも大変使い勝手がよいポイントで、ほんと小旅行に連れて行きまくりなのであった。
IMG_7898

IMG_7994

以上、SPACE MOVEのご紹介でした。

購入したい人は、店舗やメルカリとかで買えるらしいですので、是非!

価格はなんと、
発売当時の価格は16万円でしたが、現在在庫処分的な価格でなんと2万円で販売中です。

安っ!!!

SEIKO プレサージュがカッチョ良すぎる

カテゴリ:
タイトル通り!!めっちゃ良い!!


ある知人がしていたのが前からすごい気になっていたのだが、今日たまたま近くにいる時に手持ち無沙汰な時間があったため、思い切って聞いて見たら、快く見せてくれた。




この気品溢れる顔、たまらん。


文字盤は琺瑯で、職人の手作りとのこと。琺瑯はしとやかな色合いが長く持続する素材で、特にこの白は奥行きがあってとてもよい。


聞けばこれは奥様チョイスとのことで、あまりに適当な時計をしていたら、さすがに社会的にそれはどうなんだと言われ、せっかくならいつまでも綺麗で長く使えて、でもギラギラしてない良質の時計…という条件でこの時計にしたらしい。

奥様すごい、何者や!?




この時計、左右にレトログラード針があるのだが、この目盛りのところが少し窪んでいるのだ。これがまた、渋くてたまらない…

オニオンリューズもよい。とても操作しやすく、気品がある。


コントラストを上げたら、窪みが少しわかりやすい👇

気になるムーブは6R24。他にも数デザインあって、実は前にいいなあと思いながら時計雑誌を眺めてた事があったのであった。

ご丁寧に、ラインで時計好き仲間に報告までするほど気に入っていた。以下は半年ほど前のラインのログである。




思わぬ再開に胸が踊ったというのもあるが、しかしまぁ綺麗だなあ。裏はこの通り。やや油ぎれちっくか?



とまぁ、以上、とっても素晴らしいセイコーの時計のご紹介でしたとさ。

SEIKOの自動巻きダイバーズ現行モデルの不具合

カテゴリ:
セイコーのダイバーズウォッチ。テニス選手が大々的に宣伝とかしてて結構力の入った作である。

後輩が、時計買いましたとかって見せてくれた。



もちろん自動巻で、値段も高くない。若い人にも機械式時計の素晴らしさを分かってもらえるよう求めやすい価格にしたのであろう。もちろん、マニュファクチュールであるので製造コストも抑えられている面もあろう。

こういう時計がセイコーからまだどんどん出て来るというのは、日本人としてとても嬉しい事である。ブレスがちゃちいのはアンティークからのお約束だが、ブレスにこだわる人なんて数パーセントなのでこれはこれでよい。



裏面。

が…



この時計、名のある百貨店で購入したものらしいのだが、

針がズレている!!


わかるだろうか?本来ならば6時ちょうどというのは針がまっすぐ揃ってないとだめなのだが、少し時針が左にズレてしまっている。


こんなにカッコええ時計なのに…




このように、時針を6時ちょうどに合わせると、分針は十分ほど前を指す。

針の取り付けは、組み立ての中でも最も気をつかう部分である。それだけに、熟練した工員が丁寧に取り付けていると信じていた。


この通り、12時丁度にならない…

せっかくの精悍なフェイスが、マヌケである。
こんな様子では、機械式時計の良さを分かってもらえるどころか、機械式時計、ひいてはセイコーってポンコツ時計なんだと呆れられても仕方ないのではないか。

デパートの店員がいじった説、実は一回売られたもので不具合が判明して戻されたものが誤って売られた説などなんとか、セイコー以外の原因によるものだと信じたいのだが、真相はどうであろうか…

とりあえず、不具合を申告して新品と取り替えるようにアドバイスをしておいた。


以上、セイコーのかっちょよい時計とその不具合について、でした。

Seiko 5 SPORTSMATIC オーバーホール その4

カテゴリ:

各歯車を組み込んで、受けをセットする。これは何回やってもほんま慣れない…
ちゃんと歯車が受けにはまってるかどうかを見るのが難しい。


裏返して切り替え機構を組み込み、ディスクをセットする。ピンセットで、傷つけないように慎重に行っていく。


ここでトラブル発生。デイディスクを抑えるためのバネが無くなっていた!!!

分解の時、受けにくっついてるものやと思ってそのままにしておいて洗浄機にかけたので、洗浄中に外れてしまったのだ…


悲しすぎる。手近にあった針金状のもので代替できないか試してみるが…

これは太すぎ。


これはホチキスの芯を切ったもの、当然これも太すぎ涙

いつかジャンクから細めの針金(スプリングと呼ぶ)を取れる日を夢見て、諦めることにした。

さて、ケーシングに入る。パッキンにシリコングリスを塗布。このスポンジに挟んでぐりぐりすると、オイルが行き渡る。

完成。

デイディスクが白眼を向いているのは、抑えの針金が効いていないからである、かっこ悪すぎ…。実用は無理だ…涙


ま、機能面では問題ないのでたまにならつけてもええかな。


以上、極小のスプリング一つをなくしてしまったばかりに、失敗に終わったSEIKOファイブのオーバーホールでした。

パーフェクトゲームは、なかなか難しいな…













Seiko 5 SPORTSMATIC オーバーホール その3

カテゴリ:
さて、輪列側へと移っていく。

ここに見えてるのは三番車、四番車。簡素な造りである…


真ん中に見えるのはガンギ車。テンプ、アンクルのいわゆる脱進機に直接制御される歯車で、1分で1回転する。

歯車を取り外したところ。真ん中についている二番車は、分針を取り付ける。これは小さなペンチでつまんで引っこぬく。

分解済みの部品たち。僕は右上から順に並べていく癖がある。必ずネジはそれが付いていた部品の横に置いておくのが基本である。


香箱、いわゆるメインスプリング。この中も汚ったない…
ので、中のバネを取り出す。ものすごい力で押し込まれているので、出すときは弾丸のような速度で香箱を弾き出す事があるので注意。目とか入ったら確実に失明します。

ばねは緩やかなS字を描くように出来ている。よーーーく拭いて、超音波洗浄にかける。


自動巻機構の裏側、苦手なマジックハンド。ものすごく効率のいい巻き上げ方式らしい、ほんとなのか?



ひとしきり部品を超音波洗浄機にかける。

取り出して乾燥させること一時間…

パーツの組み上げに入る。


香箱にばねを詰め、グリスを塗る。スッキリ!


香箱、二番車を付けた図。地板も香箱もピカピカである。


さらにさらに続く。



このページのトップヘ

見出し画像
×