カテゴリ

カテゴリ:Repair

カルティエ 手巻きタンクのオーバーホール その4 (完)

カテゴリ:
さて、仕上げに組み立てに入る。

IMG_4582
文字盤。

裏側。
IMG_4583


小さくまとまってて綺麗!
IMG_4584

ブロワーとロディコで丹念に汚れや指紋を取り除く。このとき、時計油にロディコが触れないように気をつける。もしついてしまうと、その油が文字盤とかにつき汚してしまう。
IMG_4585

また、テンプが微妙にムーブからはみ出ているため、ムーブを持つときに指でテンプに触らない様、細心の注意を払う。テンプに指をかけたまま少しでも力を込めれば、天芯がポキっと逝きます。

そのまま時計の裏蓋にカポッとはめて…
IMG_4586

ちゃんと収まるのを確認し、
IMG_4588

針を取り付け。
二針デイト無しモデルのなんと簡単なことよ…
IMG_4589

針同士の干渉や、巻き上げ、時刻調整を一通り確認する。針の汚れもないか確認。
IMG_4590

そのまま勢いよくケースにはめれば完成。パッキンとかないので、防水性はゼロに等しい。

さて、バンドは、と…
IMG_4591

オリジナルの革ベルトについてたバネ棒、謎の汚れがビッシリ…!😓

爪楊枝でこそぎ落とす。地味に時間がかかる作業である…
IMG_4592

オリジナルバンドは硬くなってしまっているため、及び、僕の手には短すぎるため、手元にあったレディース用のNATOバンドに変更。
IMG_4593
んー、

斬新だけどイマイチ!と思ったので以下の様に14mmの皮ベルトを買って取り付けた。

IMG_4605

完成。
IMG_4617


んーやっぱ皮ベルトの方がよいね!!
IMG_4619


ちなみに、スーツに着けるとこうなる。小さいのだが、とても上品な仕上がりになるのであまりおかしくない。
自分でも驚くほどに馴染んだので、しばらく普通に仕事で使っていたくらいだ。
IMG_4656


というわけで、ジャンクのアンティークタンクを復活させた話でした。50年近く経ってるだろうにこの上品な輝き、さすがのカルティエ…






カルティエ 手巻きタンクのオーバーホール その3

カテゴリ:
引き続きETA2512の分解掃除。

ここまでくれば、ツヅミと切り替え車を外せば完了。オシドリは裏側からネジを緩めてやれば外れる。
IMG_4334

パーツを並べたところ。こうして写真を撮っておけば、洗った後にどのネジがどの部品のものかを悩む必要がないので助かる。
IMG_4335

でも、こないだ話した時計師さんによると、ネジとかは適当に置いていくらしい。どのネジがどこかは何となく覚えるとの事、すごくない??

地板。
華やかなブランドイメージとは違い、武骨だ。あまりに武骨…
IMG_4351

テンプ。
ヘアスプリングには極力触りたくないため、特に問題なさそうであれば分解して洗わずにそのまま放置。ホゾはロディコでこすり、受けは後で耐震装置をバラして注油する。
IMG_4352

長年頑張ってきたのであろう…綺麗にしてやるからまってて下さい!
IMG_4353


ケース。
ガラス研磨とか再メッキとかしたいのだが、知識、技量ともに及ばないため諦める…。タンクはガラスの形がかるーーくピラミッドのようになっててカッコ良い。
IMG_4356

部品を超音波洗浄機にぶっこんで洗う。ほんとは白のプラスチックのバスケットに入れるのだが、この時見つからなかった…笑。
時計パーツ用の洗浄カゴ、早く欲しいなぁー
IMG_4357

専用洗剤を使い、4、5分洗う。
IMG_4360

ふと、ものすごい小さいリングが泳いでるのを見つける…。変な汗かきながらやべーなにこれと思いパーツ表をググって探してみると、422番に描かれているのがそれっぽい。
IMG_4363

名前(Crown wheel ring)から察するに、どうやら丸穴車のネジにかますリングのようだ…グーグルがあって良かった…
IMG_4364

さて、洗い終わったら濯いで乾かして組み上げていく。一行で書いたがこれが時間がかかって悲しい。しかしこればかりは仕方ない、専用の機械なぞ高すぎて買えない…
IMG_4366

セイコーの作業台から挟むタイプに変える。バラすのは台でいいのだが、組み上げるのはしっかりホールドしとかないと揺れたりして困る。
IMG_4548

後で気づいたが機械台のサイズおかしかった。

まず輪列から組んで行ったのだが、なんかなかなか合わなくてめちゃ苦労した。
IMG_4549

んで、先に香箱やら受けやらを取り付けたほうが簡単なことに気づいた…
IMG_4550

正しい機械台にセットし直す。輪列を組む。やはり先に香箱受けをセットしてたからやりやすかった。アンクルまでつけた。

IMG_4579

裏返して、日の裏を組み始める。
IMG_4569

切り替え機構は、部品を飛ばさないよう気をつけながら、適切な量を適切な場所に注油する。
IMG_4571

終わり。特に難しいところは無し。
IMG_4573

次に、テンプ受けの耐震装置を外して、受け石に注油する。ここは本当に折れやすいので、ピンセットあるいは極小ドライバーで抉るように外す。
IMG_4574

受け石はロディコで吸着させて外す。素人は間違ってもピンセットで摘もうなどとは思わないように…
IMG_4576

CITIZENのAO-2という油を注して、石で蓋をして耐震装置をはめ込んでおしまい。

テンプを取り付ける。元気に動き出してくれて何よりです。ここも耐震装置をバラして注油。
IMG_4581

その4につづーく。












カルティエ 手巻きタンクのオーバーホール その2

カテゴリ:
ではバラしていこう。

ETA2512。小さい。
IMG_4300

この通り、ムーブメントの状態はお世辞にも綺麗とは言えない。

テンプを取り外したところ。
IMG_4301

続いてアンクルも取り外す。当然香箱のトルクはゼロ。皆さん、くれぐれもトルクが残ったままアンクルを外さないようご注意を…!色々死にます。
IMG_4302

続いて香箱受け。
角穴車、丸穴車を外すとコハゼバネが見える。そしてコハゼはめちゃめちゃ汚い…ネチョっとした茶色の汚れがこびり付いている。何これ?

IMG_4304

はい、香箱が見えました。
IMG_4307

香箱を取り除き軸の摩耗を見る。良かった、あんまり摩耗が見られない…
IMG_4309

という事で輪列の受けを外すと、パラパラと歯車が音を立てて崩れ落ちる。ここに、おそらく数十年にわたるであろうミクロン単位の均衡が崩れ、彼らは晴れて自由の身になった訳である。
IMG_4310

表側はもはや何も残っていない。
IMG_4311

ので、裏返す。
IMG_4312

ツツカナなどを外し、切り替え機構の分解に入る。切り替え機構とは、リューズの押し引きによる動作を切り替えるための機構である。
IMG_4314

少しずつバラしていく…
IMG_4324

切り替え機構の歯車は小さい上に微妙に、上下があるので、こうして写真を撮って記録しておく。
IMG_4325

切り替え機構は時計の中でもメカニカルな部分で、機械によって違いがあり見ていて面白い。し、時計の美しさを感じさせられる部分でもある。
IMG_4326

カンヌキを抑えているバネは、このように、ロディコを押し付けて吸着する。さもないと、飛んでいってしまい全裸あるいはパンイチで這いずり回って探す羽目になる。
IMG_4332

ほら取れた!ついでに汚れも取れた!
IMG_4333

カンヌキを取り外す。もはや丸裸も同然。
IMG_4334


その3へつづーく。









カルティエ 手巻きタンクのオーバーホール その1

カテゴリ:
手元に届いた一本のジャンク時計…

IMG_2156

カルティエ マストタンク
通常マストタンクといえばカルティエロゴの上にmust de というロゴが入ってるのだが、これはそれすら入っていない最初期のモデル。カルティエに詳しくないが、おそらく1970年代初頭ではないだろうか…??後で詳しく調べてみよう。
IMG_2157

状態としては、巻いても動かない不動品。振ると僅かに動くこともある。

動作品と書いてたので買ったのに凹むわ…というのは嘘で、この手のアンティークは動作品が動作するなどと期待してはいけない。僅かでも動く、この事実が何より重要である。

搭載ムーブはETA2512。
IMG_2163

ベルト着脱面はこんな感じであった。ドライバーでこすって開けようとした跡だろうか?
IMG_2172


裏側。なんとベルトはカルティエ純正である笑。いつのやねん!
IMG_4293

中身を取り出す。
IMG_4294

動かないなら動くようにするかぁーと言うことで、分解掃除に入る。

レディースウォッチは多分初めて…なので、細かい部品が怖くてなんとなく半月盆に紙を敷いて作業することにした。後で気づいたが、これ、傾きが発生するのでネジが転がって大失敗であった。笑。
IMG_4295

ケースとムーブ。
IMG_4296

針は黒塗りで高級感は無い。が、素朴で良い味を出している。
IMG_4297

文字盤はサイドからネジで止められているよくあるタイプ。スッと取り外す。取り外す際は、ドライバーで抉りながらゆっくりとゆっくりと取り外すこと。

地板に、PATENTEDと刻まれている。
IMG_4298


表面。
モデルによってはこのムーブに美しいコートドジュネーブ、カルティエロゴの金彫りなどの装飾が入れられてるのだが、これは素っ気ない。しかし気品がある!

当たり前だが、同年代の安物手巻き時計とは時計そのものの格の違いを感じざるを得ない…
IMG_4299



その2へつづーく。

SEIKO WORLDTIME ボロボロの状態で到着

カテゴリ:
はるか昔のセイコーの名作、ワールドタイムがやってきた。

ワンプッシュクロノと並び、東京オリンピックの記念モデルとしても発売された事がある。

それが…
IMG_1187

こんな状態で我が家に到着。まぁジャンクで買ったんやけど。

ケースはくすみ、クリスタルはもはや霞みがかって文字盤がよく見えない。
IMG_1199

ブレスも傷だらけでスレッスレ。
IMG_1203

文字盤に錆も浮かび、インナーベゼルの都市表示盤にもうっすら錆が移っている…😓
IMG_1206

しかしケースは原型を留めていて、四時位置のリューズもかっこ良い!!
IMG_1205

磨けば綺麗になりそうだ。
青と黒のインナーベゼルの色調がこの時計の爽やかな印象を決定づけている。つーか今気づいたが。今日の一連の写真、最初の一枚以外は24時間針が短針に隠れて見えづらい…
IMG_1204

このブレス、かつてはどのように輝いていたのであろう。質感が高く、柔らかいので巻いていて快適である。セイコーにありがちなペラペラさがない!
IMG_1208

型番は6117-6010
なんと、ブレスはオリジナルである。

経験上、セイコーのビンテージにオリジナルブレスが付いてくるのはかなり珍しいパターンである。実用性の高さ故に、使い潰されてしまうのがほとんどなのであろう…
IMG_1209

弓環やブレスのコマの周りなど、それはもうビッシリとどす黒い垢やホコリが堆積していて、洗いがいがありそうだ。

以上、セイコーの名作ビンテージのご紹介でした。


Rolex Airking 不動品修理 その6

カテゴリ:
さて、ケーシング済みのこの個体…

IMG_9714

動作確認という名の借用。2日くらい付けてみて止まったりしないか見る。
IMG_9719

本来の輝きを取り戻したオイスターケース。とても美しい…!
IMG_9748

高級腕時計ブランドの代名詞でもあるロレックス。そうなるにはそれなりの理由がある。見よ、この輝き…!
IMG_9809

そして持ち主のK氏にお渡し。喜んでいただけて何より。お渡しした記念に2人でリストショットを撮らせていただいた。
IMG_0068

彼は間も無く”ひたすら横に広いくせに時差がない”という異国の地に赴くのだが、いくつになっても新しい挑戦ができるというのはとても素晴らしいことだと思う。

最初のボーナスで買ったという思い出のこの時計と共に、目一杯楽しんできてください、Kさん!



Rolex Airking 不動品修理 その5

カテゴリ:
さて、部品が届いたのでムーブメントを直す。
IMG_9677

ムーブ。
IMG_9678

針を外し、文字盤を外す。ペラルージュ文様が美しい!カレンダー無しはこれはこれで新鮮…
IMG_9679

裏返したところ。しかし、時計の機械という観点ではこちら側を表という不思議。

IMG_9705


自動巻機構を取り外す。
ネジ二つで難なく外れる。
IMG_9680

美しいムーブだ…
IMG_9683

角穴車を取り外す。香箱の上にある歯車。
IMG_9684


美しいムーブだ…(again
IMG_9685
IMG_9686

輪列抑えを取り外す。
IMG_9687

セオリー通りだと初めにテンプを取り外すのだが、トルクが完全になくなっている為、もはや置物同様。
構わず輪列からバラしていく。
IMG_9688

二番車、四番車を抜けば香箱も外れる。
IMG_9689

こちらが香箱の中身。案の定、メインスプリングが切れてしまっている。
IMG_9690


そこで取り出だしたるは…純正の3130用香箱。
IMG_9691

中身を開けて比較。こんなに違う!!
白く輝く新品のメインスプリングを見よ…!ここにさらにAO-3とグリースを注油。
IMG_9693

地板は、ベンジンを含ませた綿棒とロディコで入念にお掃除。
IMG_9694

抑えの裏側も入念に…

IMG_9696


先に仮組みしようと思ったのだが、テンプもガンギ車も外してクリーニング。
IMG_9697

注油の後、新しい香箱を入れ、組んでいく。
IMG_9699

テンプにも忘れずに注油。
IMG_9703

耐震機構を開けると、このようになる。この針金がめっちゃ細いので、いつもめちゃめちゃ緊張する…

IMG_9704

さすがロレックス、テンプ上下、かつガンギ車のホゾにも耐震装置が付いている!!

良い時計には値段に見合う理由があるのである。

あ、時計は元気に動き出しました。


分解してクリーニング、注油した自動巻機構を取り付ける。アルマイト加工された紫色の切り替え車が、いつ見ても美しい…
IMG_9706


この風格漂うムーブ、ただ事ではない…
IMG_9708

針を取り付ける。

IMG_9709

ケーシング前にパシャリ。
IMG_9710


うーん…
カッコ良い…😭😭

IMG_9711

裏蓋。
IMG_9712

裏蓋に貼られたステッカーはそのままで。
IMG_9713 

出来上がり。美しい…!!
IMG_9714


つづーく。

Rolex Airking 不動品修理 その4

カテゴリ:
さて、磨き終えたので部品が届くまで、仮のケーシング。

IMG_6543

こんな感じ。少し合わせてみるが、やはり磨く前とは佇まいが違う…!!
IMG_6544


良さげなので、超音波洗浄機にかけ、ベゼルの圧入に入る。ベゼル圧入には、以下のような裏蓋締め機を使い、ベゼルの幅にあったコマを装着して圧入する。
IMG_6545

ある程度手で仮入れして、
IMG_6548

傷が入らないようにこのようにビニール袋を挟んで、慎重にコマを合わせて…
IMG_6552

ググッとな。
IMG_6553

まだ壊れたままのムーブメントを入れてみる。
IMG_6791

おお!!!

何だこの輝き、このオーラ…
IMG_6793

さすがのオイスターケース、入門機でありながらこの重厚感、グラード感はロレックス以外のどこに出せないであろう。


つづーく。


Rolex Airking 不動品修理 その3

カテゴリ:
引き続いて…

ベゼルを抉って外す。同時に風防も外れる。
IMG_6456

外したら、側面と同じく耐水ペーパーの番手をあげながら、真心込めて磨いていく。

マイクロリューターで研磨剤をつけてグリグリ磨く、熱を帯びて熱くなるが我慢して持ちながら磨く。
IMG_6457

熱っ!
IMG_6459

こんな感じで、だんだん綺麗になる…
IMG_6462

ひたすら磨く…
IMG_6463

もちろん仕上げは手で。
ティッシュにサンエーパールを付けキュキュッとな。
IMG_6465

…今日はこの辺にしといたろう。
IMG_6466


だいぶ綺麗になった!

書いてないけど、ケースのラグの部分とかも既にヘアライン加工用スポンジで、番手をあげながら研磨している。
IMG_6467

ベゼルと並べたところ。側面と同様に、深みのある輝きを取り戻している!
IMG_6468

下の写真は研磨後。謎の達成感に包まれるのであった。
右に見えるタワシの様なものがヘアライン用スポンジで、三色あって荒さが違う。ブレスレットもこれでひたすら磨く。…そろそろ買い足そう。
IMG_6472


つづーく。

Rolex Airking 不動品修理 その2

カテゴリ:
引き続きロレックスエアキングのメンテ、修理。

弓環にも汚れびっしり!
IMG_6421

水洗いしてキレイキレイでもみ洗いをした後、超音波洗浄にぶち込む。汚れがひどいので二周回す。
IMG_6433


汚れが取れ、ややスッキリ!
IMG_6434

ラグ側側面に、サビの様にこびりついていた汚れも綺麗さっぱり。ただ、打ち傷がものすごい。
IMG_6438

こちらも綺麗さっぱり。傷がすごい。
IMG_6436

側面から。
IMG_6439

リューズのある反対側。
IMG_6441

この通り、傷で何も映らない。よーく使い込まれていてカッコ良い!
IMG_6440

さて、まずはやりやすいところから研磨に入る。粗めの耐水ペーパーでゴシゴシこすり、大きめの傷を馴らしてゆく。

だんだんと番手を上げていき、2000番になったところでサンエーパールで磨く。
IMG_6442

心を込めて磨く…
IMG_6443

心を込めて…
IMG_6444

上半分が未研磨、下半分が研磨済み。
IMG_6445

写真がしょぼくてわかりにくい…
IMG_6446
IMG_6448

次は竜頭側。上半分が磨いてて、下半分はまだ。
IMG_6450


右側が磨いてて、左側はまだ。分かるだろうか?

心を込めて磨くと、如此く輝きを取り戻すのである。ロレックスのステンレススチールはほんと材質が良くて、偽物ではどうしても出せない渋みというか深みを持つ。
IMG_6453

オイスターケースは、側面を磨くとある程度研磨欲が満たされるのは僕だけだろうか?


つづーく。



このページのトップヘ

見出し画像
×