カテゴリ

カテゴリ:Jaeger Lecoultre

マチビトキタラズ

カテゴリ:
アポイントの時間は五時…
IMG_2583


時計好きなら、例えアポで待たされても、時計を眺めているだけで時間が過ぎるから得である。

この時計はジャガールクルトのメモボックス、E855。の中でも数種類のデザインがあるのだが、これは六時位置のバーインデックスが中央近くまで細長く伸びていて、僕が全てのアナログ時計の中でベストデザインだと思っている時計であり、いつか再評価されるであろうと信じている。


待ち人はこの五分後くらいに来ましたとさ。


いつかジュネーブサロン(SIHH)行きたいよね

カテゴリ:
毎年一月はジュネーブサロンが開催される。ので、多くの時計関係者はこの時期スイスに渡り各ブランドの新作発表を聞きにいく、と同時に実際に手にとって見たりするのである。

URWERK新作、UR-210
FullSizeRender

SIHHは世界最大の時計見本市、バーゼルワールドから独立し20年ほど前から始まったイベントで、主にリシュモングループのメーカーが集う。

リシュモンはどのようなブランドを持つかといえば、

と、まさに最強の布陣である。

他にもスーパーカッコ良い時計を発売しているURWERKや雲上ブランドと言われる高級ブランドのオーデマピゲ、雲上どころか銀河系時計であるリシャールミル、今回初参戦のエルメス、さらにはロジェデュブイやユリスナルダン、パネライ…などなど、時計好きなら垂涎のブランドが勢揃いする。

一応19日はオープンデイとなるものの、基本は完全招待制で観光客がフラつと訪れることができる、というものではない。行ってる人たちが羨ましい限りである…

注目したのは

ジャガールクルトのメモボックス、ポラリスが復刻されていたこと。
FullSizeRender
ただでさえ高騰していたポラリスだが、これでまた一層跳ね上がること間違いなし!そして偽物の流通も活発になる事であろう。

オリジナと同じムーブ、k.825を愛用する者として、嬉しくもあり、悲しくもある…


ツナ缶に入れるものといえば…

カテゴリ:
ダイエットに心強い味方(だと思う)のツナ缶。



そのまま食べても味気ないので…






キャビアをプラス。



しょっぱいけど滋味深いオヤツになりました、とさ。


しかしこのメモボックス、かっこいいなー。ドーフィンハンドのやつがベストではあるが、このモデルもなかなか捨てがたい。

🔻のように皮バンドとかも試したことあるが、ゲイフレアの純正ブレスが似合う。


NATOストラップも、なかなか…




味噌カツうまし

カテゴリ:
名古屋で食った味噌カツよりうまし。


ロゴが光でうまく見えないのだが、ジャガールクルト メモボックス E855の金張りモデルである。コンディションがめちゃめちゃよいのが特徴。


しかし、味噌カツもそーなんだが、名古屋の飯って、現地より都市部の方がうまいのはなんでなんやろう…

同行者も意見が一致したので満足。

24年前の時計のお値段

カテゴリ:
古本屋で入手した昔の時計雑誌を読んでみた。

昔の時計って、ほんま安かったんやなぁ…



エクII。このモデルは現行品と違って、短針がベンツ針でなくストレートなタイプである。僕はめちゃめちゃこのデザインが好きで、ほんとに、いつかこの腕にはめて見たいと思う一本なのだが、みんな思うことは同じのようだ。

オークションやらみても凄まじく人気があり、凄まじく高価である。一本300万を超える個体も珍しくなく、完全に高嶺の花である。


それがなんと…




お値段28万円から


パチモノ級の安さと言える。



他にも、僕の大好きなメモボックス、アメリカモデルのルクルトロゴである。

メモボックスとしか書かれてないが、このブラックダイアル、三つのリューズは超スーパーレアモデル『ポラリス』だ。

ただ、見慣れないダイアルなので少し調べてみると、どうやらプロトタイプが、作成された直後に500個のみ販売された、いわばプレポラリス…らしい。


言うまでもなく、事案レベルのレア度である。お値段はつけようがないが、あえてつけるとすれば150万は堅いのではなかろーか。


それが、




20切り。こんなのはもはやポラリスのリューズ三つ分のお値段である。


四半世紀とはいえ、そんなに物価って変わってないのではないか?三十年前のビッグマックも四百円程度である。


と言うことは、やはり時計自体の価値がこの二十年で大変に上昇しているのだろう。

時計を愛する者として今が不当に高いとは思わないが、この時代か激安であったとは言ってもよいのではなかろうか。クオーツショックからまだまだ脱しきれず、機械式時計の価値がまだ定まっていなかった…というのもあるのかもしれない。


誰かタイムマシンとお小遣い下さい、と思いました。切実に。


余談ながら、憧れのユニバーサルジュネーブのトリコンパックスについて、栗崎氏の記事がある。

熱量のある素晴らしい記事。ボタンの操作まで解説してくれていてたまらん。

氏とは一度だけ、ものすごくたまたまではあるが、電話で話をしたことがある。時計愛がひしひしと伝わってきた。そしてめっちゃめちゃ丁寧で優しかった。 



以上、時計の価値というものについて考えさせられた一冊でして、とさ。

Memovox E855のジャンク出品

カテゴリ:
を発見。


これを見て、疑問に思ったこと。



このモデルは、2時位置のリューズを引いておくことでタイマーを解除できる。つまり、リューズを普通に入れていた状態では、アラームが作動してしまうのである。

毎回アラームがなるとうざいので、必然的にこのリューズは一段引いたままにしておく。すると、このようにリューズから水分が入り込み、ムーブやダイアルを痛めるのである。

アラームなんて一度鳴らしてほっておけば?と思うかもしれないが、アラームが鳴りアラーム用ゼンマイが解放しきってしまうと、アラーム用ハンマーがフリームーブになり、カチャカチャ喧しいのであった。

好みの問題ではあるが、このモデルのムーブは、伝説的ムーブと言われていて僕も大好きなのであるが、この点においてアラーム用ムーブとしては手巻きのバルカンクリケットの方が良くできていると個人的に思う。

さて、針は、明らかに後付けである。ドーフィンハンドというだけの、似ても似つかない針が使われている。


夜光は、なんか少し内に寄りすぎてない?!と思わなくもない。

バーインデックスは、僕の好きな長いタイプなのだが、内側の
余白が多すぎる。同じく、ロゴの下部分も空きすぎている。


…と言うわけで中身も推して知るべしなのだが、気になる落札価格は…



十万円弱也。

これ、ケースだけで十万を超えた例もあることを思えば、ボロボロの個体でも割安感はあるなあ。


スーツにメモボックス

カテゴリ:
は、めっちゃ合うと思うのだが、如何だろうか。特にドーフィンハンドのこのステンレススチールモデル。


6時のインデックスバーがきちんと上端から下端まで伸びている、まさにこれが理想のメモボックスE855デザインなのでした。

素晴らしい個体だが、夜光が完全に黒ずんでいるのが残念。夜光だけうまく入れ替えられんかなぁ…

メモボックスとメモボックス

カテゴリ:
二つの愛機。

ビンテージのジャガールクルトメモボックス、タイプ違いである。二つとも、型番はE855というモデルである。ラグ幅18mm. 

ムーブメントはk. 825。kは耐震装置を指すと聞いたことがあるが、具体的にどう指しているのかは不明。

名作と誉れの高い、ハーフローター自動巻のアラーム機構を備える。

腕の上でコツッコツッと鳴るハーフローターはなんとも可愛らしい。






裏面。傷だらけの個体が多い中、これらはかなり綺麗。特に右側のものは大変よい。


日付のクイックチェンジがないので、どーしてもこのようにずれてしまう。

以上、個人的にアナログ時計のデザインの到達点であると思っている時計のご紹介でした。


…特に左側。これ、夜光が完璧に残ってて、文字盤の変色がなければ、ほんっとーーーに完成されたデザインだと思うのです…

メモボックスともつ鍋と。

カテゴリ:
久々にもつ鍋を食す。世界一うまい蟻月へ。


うーん…うますぎる…


牛すじ煮込みも鬼のようにうまい。何だこれ?!
柚子胡椒と豆腐が添えられている、これがまた良く合うのです…


白味噌のもつ鍋では飽き足らず、赤もつ鍋も。さっぱりしていて素材の味を楽しめる。うますぎ!!


ごちそうさまでございました。


締めはおじや、このおじやがまた、強烈にうまい…

ジャガールクルト ゲイフレアーブレス

カテゴリ:
あんまこんなのアップする人はいないだろうから…


バックル。
JLのロゴがカッコ良い。



十年ものの革のブレスとともに。


少しだけ磨いたのだが、十分美しい。


レモンジュースとともに。
身体が弱り吐き気がおさまらないときには、とても助かる。



以上、お気に入りのメモボックスとゲイフレアーブレスでした。


このページのトップヘ

見出し画像
×