カテゴリ

カテゴリ:Citizen

ポールスミスの時計を試す。これ、意外と良いのでは…

カテゴリ:
友人に電池交換を頼まれて預かった、ポールスミス。
IMG_2849

汎用クオーツ搭載の所謂ファッションウォッチであるが、それ以前にポップすぎるデザインから検討もした事のないブランドであった。

開けてみると、これ。
モジュールを囲うのはチープなプラスチックのスペーサー…ペラッペラ。時計自体もめっちゃ軽い。

IMG_2850

電池交換ついでに外装をきれいにするか、と研磨に取り掛かった。

裏蓋。放置しまくっていたという割には綺麗だ。
IMG_2851

ダイアル。
あれ?なんかすごい綺麗だ。風防のガラスが傷つきまくってたので、勿体無いなあ…
IMG_2852

ヘアラインを出すためのスポンジでケースをこすり、傷を取りつつヘアラインを入れる。
IMG_2853
IMG_2854

表側を研磨するときは、ガラスをこすらないようにタミヤのマスキングテープで養生する。
IMG_2856

竜頭側もしっかりポリッシュ!
ブレスもブラシで擦って水洗いし、傷を取りつつヘアラインをつける。傷が深いので完全に取るのは無理。
IMG_2857

ケース、ブレス、裏蓋を超音波洗浄機に放り込む。ブレスは完全に固着していて取れなかったので、そのまま。
IMG_2858

裏蓋も傷を取る。こちらもそこそこしか取れない。
IMG_2859

パッキンはこの形のものを持ってないので、再利用。シリコングリスを塗布。
IMG_2861


電池は、電気を通さないプラスチック製のピンセットで扱うべし…
IMG_2862

出来た。
IMG_2863

いつも通り、動作確認と言う名の試着を行う。

…おお!!なんか結構良い感じではなかろうか??
IMG_2878
深みのある青の文字盤ががつや消しのステンレスに引き立てられ、渋い輝きを放っている。バセロンコンスタンタンのオーヴァーシーズの様ではないか?!
(とか言うとバセロンユーザーにギャラ入り外箱で殴られそうですが…w )

焼けた風の色合いの夜光(ダミー)も良い感じである。ワイシャツの袖の丸みと袖口の直線が、同じく丸みと直線で形作られるトノー型ケースに絶妙にマッチしている。トノー型、いいねぇ…!

こやってみてみるとほんとカッコ良い。つーか可愛い。流石のポールスミスと言うべきなのか…。
IMG_2891
尚、持ち主はバセロンも余裕で買えるであろうスーパーエリートなのだが、時計には無頓着極まりないのでありました。

この後、いつまでも大事にして欲しいと伝えて返却。とか言いながら、オススメの時計を聞かれたので、ぜひクォーツ最高峰である"The Citizen"を、と焚き付けておいた。買ったら見せてもらおう…


以上、初めて手に取ったポールスミスの時計が意外と良かった、というお話でしたとさ。

ついに購入、超音波洗浄機!!!

カテゴリ:
ついに!!ついに買えた!!


CITIZEN SW5800

待望の超音波洗浄機である。

こんなもん五千円なのになんでそんな嬉しいの?と聞かれそうだが、諸事情により動かすのも入手するのも難しい環境にあり、いまはひたすら嬉しいのである。


これでパーツもブレスレットも洗えるー!!!オーバーホールも定期メンテ捗る!!


当然、シチズン謹製の専用クリーナー液も併せて購入。


楽しみ楽しみ!

CITIZEN 時計用油 AO-2、AO-3とマニュアル のご紹介

カテゴリ:
多分誰もこんなもの載せないだろうから、載せておこう。

CITIZEN謹製時計用油であるAO-02と、AO-03に入っていたマニュアルペーパーである。

その前にこの時計用油についてご紹介。



この油は、CITIZENの赤尾祐司氏が長年かけて開発した時計用油で、揮発しにくくなめらかで、ゴム部品やプラスチックに悪影響がない。氏の名前でググれば、論文や記事などを読むことができる。

デファクトスタンダードであったメービス社のオイルの変質性に起因する時計のトラブルを解決すべく、低温でも粘土の上がらない特殊なオイルで、実に5年の歳月をかけて開発されたものだ。

論文には三種の油を一種に統合することができるとあり、その根拠となるデータが示されている。本当に革命的な油なのである。

クォーツ時計に使用することで電池の消耗を抑えることもできる。もっともっと世界に広まるべき製品なのであるが、まだまだメービス社の壁は打ち破れないようなのであった。


頑張れ!AO!!


Manual paper for AO-02 and AO-03, watch oil released by CITIZEN. 


日本語版


English version



中文

サッカーを休日に CITIZEN ANA-DIGI-TEMP

カテゴリ:
運動日和。




今日はCITIZEN ANA-DIGI-TEMP. 

ANAはアナログ時計、
DIGIはデジタル時計、
TEMPは温度表示を示す。

名は体を表す、まさにそれらの機能を持つ時計。

もう八、九年前に、出来たての錦糸町オリナスの時計屋さんで買ったものである。当時はまだ時計に興味はなく、何となく、時計が無いから買おうかな、これなんかかっこいいナァというノリで手に入れたものだ。

たしか二万ちょいだったかな…?

カッコ良い!


左右に均等に配置されたボタン、スクウェアフェース、どことなくSEIKOデジボーグを思わせるいでたちだ。

これは復刻版の、かつ黒バージョンで、オリジナルは金とシルバーであったと記憶している。記憶しているといっても、最初の発売は僕が産まれる前であろうけども。

若かったので黒にしたのだろうが、この歳になるとシルバーの方が渋く感じられて好みである。

左下にある四角い部品は、スピーカーを模したものだろうか?センサーかな? 


ブレス裏。ブレスは切れたので片方のみ六年ほど前に一度交換している。もう片方はいまだに新品のまま何処かに眠っているであろう。

見た目に反してタフなのだ。


防水機能も低下しているだろうから汗だくで使うのは良くないのだろうけど、丈夫でいてスタイリッシュなので信頼している一本。


以上、休日に共にいい汗かた時計のご紹介でした。

このページのトップヘ

見出し画像
×