カテゴリ

カテゴリ:雑記

シャネルがF.P.ジュルヌの株式20%を取得…ええやん!!

カテゴリ:
おそらく相当の時計好きしか知らないであろう、しかし高級時計好きなら必ず知っているであろうブランド、フランソワ ポール・ジュルヌ (F.P.JOURNE)

一般的知名度はほぼ無いといって良いのだが、独立時計師アカデミー(AHCI)に所属するフランソワ・ポール・ジュルヌ氏により設立されたブランドである。ほかの時計にはあまり見られない革新的なデザイン、18金をムーブメントに使用する豪快さ、そして特徴的なティアドロップ型の針がとてもエレガント。

大手のリシュモングループやスウォッチグループに属しない完全独立ブランドであり年間で1000本にも満たない数しか作成しないため、出回る数も非常に少ない。

代表的な時計をいくつか貼るが、見たことある!という人も多いのではなかろうか?

Image result for F.P.jOurne

Image result for F.P.jOurne
これ特によい…


Image result for F.P.jOurne


僕も時計好きの人たちのSNSを結構フォローしているのだが、F.P.Journeはかなり人気があり、とてもうらやましいのであった。

イメージとしては、ロレックスを経てパテックへと至り、ルクルトやランゲに枝を伸ばしつつさらに幹を伸ばしたところにあるブランド・・・という感じだろうか?

このブランドについて、つい先日このようなニュースが持ち上がった。

シャネルがF.P.ジュルヌの20%の株を取得

Chanel acquires a 20% stake in F.P.Journe


なんとシャネルがF.P.Jorneの株の20%を取得したことが、2018年9月14日に明らかになったというニュースだ。これはつまり、FPJとシャネルの協力関係がオフィシャルなものとなり、相互に影響を及ぼしうる事を示している。

内心気が気でないのは現在のユーザーであろう。彼らが魅了され、一千万近い金を払って買ったブランドが大手資本に与する事となり、めちゃくちゃにされないだろうか?デザインがダサくなり、利益偏重で品質が落ちないか?…等々。

ところがこの記事では、ベルロスを例にあげ、シャネルと資本関係を持った時計メーカーはその特性も独立性も保たれるので安心してほしい、まだ慌てるような時間じゃないーーーという主張を展開しているようだ。

さらにこの提携のメリットとして『A big partner like Chanel makes the brand more resistant in case of a downturn of the economy(Chanelのような巨大なパートナーは、ブランドが経済的な苦境に立たされる時により心強く支えていける)』と述べているが、これは他の掲示板でも語られているように、まずはキャッシュフローの強化、そして今後数年、数十年のブランドの事を考えたFPJ幹部の(内心の)念願でもあったのではなかろうか。

ブランド維持のための売却

F.P. Journe Sells 20% Ownership to Chanel: The True Cost of independence』という記事では、ジュルヌ氏が最も多く投げかけられる質問を推測している。それは、

What would happen to the brand when you are no longer around?” 
(あなたが去ったとき、FPJブランドはどうなるのですか?)


というものであり、独立ブランドはそれゆえにこだわりのある製品を作り世界中にファンを持つが、一方大手グループの庇護を受けず、何かの際には経営が立ちいかず、消えていくのではという懸念が払拭されるものではない、とのことである。

これもまさにその通りで、非常に納得できるロジックだ。

そもそもジュルヌ氏の強烈な個性により世界中で何億ユーロもの売り上げをあげているのである。もし氏に不慮の事故が、不治の病が…などという懸念は当然として、成長著しいアジア市場、中東市場は同時に地政学的リスクも相応にはらんでいるため、もし短期的なものであっても戦争や紛争などが勃発した場合に売り上げの大半を失い、キャッシュフローが悪化し経営が立ちいかなくなる…という懸念もある。

この記事も資本提携には好意的な印象を持っており、シャネルの関係者の談話として『シャネルはFPJのものづくり精神、芸術性を理解しており、またそれらを敬愛し、守っていきたいと考えている』と述べている。

これはブランドのファン、ユーザーにとって最も聞きたかった言葉であろうし、このニュースの受け止め方を決定付けるものであろう。おめでとうございます。

シャネルはオーナーもF.P.ジュルヌのファンでありコレクターであるという噂もあるため、むしろF.P.ジュルヌブランドは盤石となったいう見方で正しいと言って言い過ぎではないだろう。ひと言でいうと、タイトルの通り「ええやん!」となる。

僕は個人的にYEMAというフランスメーカーの時計のファンでもあるので、このフランスの二大ブランドが資本提携するというのはとても腑に落ちるものであった。かつて実際に起こったYEMAがSEIKOに買収されたというニュースよりははるかに腑に落ちるw

まとめ

  • 20%の株式売却はFPJノーダメ、資金注入おいしいです
  • シャネルが最初からFPJの独立性キープを表明、つかオーナーがFPJの大ファン
  • 過去にベルロスやグルーベル・フォルセイなど大手資本と提携しても独立性を保つブランドはある
  • ジュルヌ氏個人への依存によるブランドリスクの軽減によりFPJはより盤石に

『いつかデイトナ欲しいよね』は、(どちらも手の届かない高嶺の花であっても)シャネルとF.P.ジュルヌの新たなる歴史を応援しています。

SICURA GlobetrotterがMatchとマッチした

カテゴリ:
世界一美味いといっても過言ではないかもしれない、大塚製薬のMATCH。初めて飲んだ時はその美味さに衝撃をうけたものである。

大塚製薬の商品はあまり大きく変わることがない分安定して生産させるというイメージがあるが、これもまさにそうで、派手なヒットにはならなくても、決して市場からなくなることはない、名清涼飲料水である。

黄色と緑のシャツを着たら、色もばっちり!青x黄色というベゼルのSICURA Globetrotterにもこの上なく映えて、ビタミンがたくさんとれそうな色合わせになってしまった。ラベルの水色は偶然スニーカーと合ったw
IMG_4177




水面の魚を眺めながら優雅に時計をかざす、この時間のぜいたくさよ。

IMG_4182



過去のSICURA Globetrotter関連エントリはこちら。ボロボロのジャンクを買って再生させた時計なので、思い入れはひとしお・・・!!






世界の基準、グリニッジ天文台の土産品

カテゴリ:
を頂いた。かっちょいいー

IMG_6156
IMG_6157


グリニッジ天文台は、日本がまだバリバリの江戸時代で、なんなら織田信長に会った人物がまだ存命していたかもしれない1675年に設立された。

時は下って1884年、この場所は経度0時0分0秒の本初子午線として制定され、その後測量技術の発展によりわずかにずれは生じるものの、経度の始まり、つまり一日の始まりの地点として誰でも知っている場所となった。

FullSizeRender

経度の始まりであることは有名だが、この天文台は時報の始まりの地でもある。鉄道や郵便、船舶などに対してグリニッジから時報が電信で伝えられる事で、異なる場所にある異なるチャネルが、正確な時間を共有することになった。

原始的な時報ではあるが、ご存知の通り以後社会は時間を基準として進められていくことになったという意味において、人類の発展に計り知れない影響を残した施設であるといってよいであろう。

紙袋のロゴもいいねえ…
IMG_6159

IMG_6158


僕が時計好きなのを知って、わざわざ夫婦水入らずの旅行のお土産として買ってきてくださったのであった。Sさん、どうもありがとうございました!



最悪!寝過ごしオークション

カテゴリ:
悔しい…


ネットでビンテージ時計を漁る御仁にはおなじみの現象、、ではあるのだが、

オークションで落札時間に寝落ちしていて気づかない事件

が、ひっさびさに発生してしまった。。。舞台は某bay。だいたい時差の影響で真夜中にダンされるディールが多く、元々難敵ではあった。ていうか、仇敵といってよい。


思えば時計を好きになってから3,4年は経つが、同様の事故はいくつかあって、それぞれが未だに後悔するくらい悔しい。

その中でも今回はけっこう格別で、なんとニ個同時に、よりによって同じ日にほとんど同じ時間に取り逃がしたのである。逆奇跡といっていい。


失敗における後悔レベルはケースバイケースで、
  • 最悪なのは、予算として考えていた額よりもかなり低い金額で落札されていたパターン。

  • その次に悪いのは、だいたい予算と同じくらいかちょい高いくらいで落札されたパターン。

  • まあ許せるのは、予算をけっこう超えて落札されていたパターン、である。

今回はまさに最悪のパターンを、ダブルで食らったのであった。

狙っていた二つとも、同じくらいの時間帯に、予想の三分の一程度の額で落札されていた。

それを落札後1時間くらいして夜中に目が覚めてから発見したものである。
ゴメス・・・
(※マイブームのPL学園野球部用語、意味は『最悪』。Battle Studiesという甲子園経験者の作者が描く漫画が元ネタ、めちゃめちゃおもろい)

Image result for Battle Studies ゴメス


もちろん猫も杓子もAI化、RPAな昨今、ていうかもうずっと前からオークションに色々セットしておけば自動的に応札や落札をしてくれるソフトやシステムも世の中に存在するのだが、これらはあくまで第三者の作ったものであるため、動作の保証がなされていない。

実際にサイト側の細かい仕様変更でソフトが落札処理ができず、獲物を取り逃がしてしまった経験もある僕としては、やはり大事なオークションのここ一番では手動で落札したいものである。


だいたいは夜中に目覚ましセットしておき、目が覚めてから応札するのだが、ごくたまーーに疲れてたり携帯の電池が切れていたりすると失敗することがあり、今回は前者であった。

はーついてない・・・また今度探そうっと。


今回のは4年くらい待ってようやく出てきたのだが、次回は…何年待つかなあ。。。






時計と関係ないけど、バトルスタディーズ、今ならキンドル版は1,2巻無料っぽいので興味あればぜひ。PL学園野球部が舞台の元甲子園球児による激熱漫画!







個人的リストショット傑作集 / Great Wrist-shots

カテゴリ:
的なものを作りたかったのだが、いまいち…
しかしせっかく画像を集めたのでここに貼っておこう。

----------------     -----------------
These photos are listed as great wrist-shot of master time pieces.
If you find phto which you had taken by yourself,
please contact me to remove, refer, and any other actions.
----------------     -----------------

カルティエ バスキュラント
Image result for watch wrist shot
以前書いた通り、ジャケット越しのシャツの袖口から覗くスクエアケースは攻守最強。
中でもカルティエのグレード感、上品さは群を抜く。



ジャガールクルト、メモボックス E855
FullSizeRender
言わずと知れ…てない、僕の中でのベストウォッチ。このコンディションはクレイジーである。しっかりめのベルトと合わせて、肌に映える…


ゼニス エルプリメロ
FullSizeRender
恐らくスーパー高価なエルプリ。なんだこのケース、ブレス!かっこよすぎ。
ラフな青シャツはデニムか綿か?


ヴァルカンのビンテージクロノグラフ
FullSizeRender
これまたラフな青シャツにシックなジャケットを合わせ、ヴィンテージ感満載である。
ベルトと靴の色を合わせるのは基本とはいえ、こうも見事に合わせるかねしかし?


ランゲ 1815 ラトラパント・パーペチュアルカレンダー ハンドヴェルクスクンスト
FullSizeRender
スーパーウルトラゴージャスなランゲのパーペチュアルカレンダー、そしてなんとスプリットセコンドのクロノグラフを搭載しているという超絶ド級の高級時計。でも29万ユーロって(その他のプレミア時計の数々に比べて)安くないか!?
ダイアルに浮かぶ星々はすべて職人による手作業で描かれるもので、見事のひと言。世界で29個限定。


ジャガールクルト、メモボックス E855 ”黒騎士(ブラックナイト)”
FullSizeRender
厨ニ全開の二つ名を持つ超レア時計。探し求めている黒のE855。現存するものは、ほとんどがリダンされ黒くペイントされたものである。
このショットのように、黒のスーツに合わせたくてたまらない。

エニカー
FullSizeRender
おもしろいケースの時計はそれだけでリストショット映えする。ケースはもちろん、リューズの位置にも注目。人間が時計をみるパースを逆手にとって逆に見やすくなっている。素晴らしい!
そして、地味ながらセーターに合わせるのも重要なポイント。えてして、リストショットは長そでじゃないと映えない。つまり、冬のある国で時計の美は発展するのである。


リシャール・ミル
FullSizeRender
…とかいいつつ、長袖とか半袖とかそんな次元を超越しているのがこちら、リシャール・ミル。スニーカーに合わせるだけでも超絶かっこよくなってしまうこの罪深い時計よ…このかっこよさはもはや暴力的ですらある。



ゼニス エルプリメロ Traveller Multicity …となぜかGPU。萌えー
FullSizeRender
リストショットの一つのカギを握るのは背景である。このショットは一見、高級時計にあかせてファッションなど何も考えず力業でとった一枚にも思えるがそうではない。背景に映るは今が旬のGPU。仮想通貨採掘に世界中で乱獲されている機械である。
仮想通貨を採掘しまくって売りまくって、もっともっと高級時計を買いたい!!!という持ち主の絶え間ない時計欲を感じさせてくれる隠れた名作。


そして最後は…ハルディマン!!
FullSizeRender
憧れの時計をスーツに合わせる。かっこよすぎ。もし手元にハルディマンが存在したら、きっと一日十枚くらいはリストショットを撮る事だろう、マジで。ちなみにオーダーメードでカスタムダイアルもお願いできるらしい(インデックスの色を変える、など)。そんなんされたらますますリストショット最強になってまうやん…


最後に、「How To: Take the perfect wristshot (TIME+TIDE)」よりリストショットをうまくとるコツを引用したい。

  1. 自然光。ただし陰影をうまく調整する事。車の中やカフェが適している。
  2. ストーリーを湛えること。どこで撮られたものか?どんな靴を履いているか?どんなコーヒーを飲んでいるのか?
  3. スーパーカー!超高級車と撮ってみよう。自分のじゃなくても無問題
  4. 2,3人で合わせてみよう。悩みながら、いろいろなアングルや構成で…!遠慮なくお願いすべし。
  5. 照準。初心者は文字盤に合わせてしっかり撮ろう。


ワールドカップと思い出のG-SHOCK、DW-6294

カテゴリ:
僕が初めて買ってもらった時計は、G-SHOCKであった。
今でも忘れもしない、アメリカでのワールドカップを記念して発売したモデルで、誕生日のプレゼントとして貰ったものだ。


母が持ち帰ってきたカタログを目の皿のようにして眺め、コレ!!と言って指し示し、誕生日をあと10日、あと5日と指折り数えて待っていたのであった。初いのう。


それが、コレ!(画像は借り物)

DW-6294 アメリカワールドカップ94’ 記念モデル
DW-6294-1B




んー、今見てもカッコイイ。今のG-SHOCKには無いデザインだよなあ。

胸の奥からこう何か謎の感情がこみ上げるのを感じて直視できない。
憧れの時計を手にして、誇らしく腕に巻いた遠い日の事がありありとよみがえってくるようである。


時計にハマったのはここ数年だと思っていたが、こんな昔から素質はあったのかもしれないなあ。


なお、大切な大切なこの時計・・・・USAでのW杯を記念するあまり、USAにてお星さまになってしまったのである。

ロンバート通りの悲劇

時は9x年、アメリカのサンフランシスコでスコールに遭い、とある民家の軒先を借りたことがあった。

ずぶ濡れになった服を脱いでタオルで拭くため、一度時計をはずして民家の鉄格子にかけ、体をふき、そのまま服を着た。

雨が小降りになったので走ってタクシーを拾いその場を離れたのだが…、この時、民家の鉄格子にかけたままにしてしまっていたのであった。

慌ててタクシーで戻ったが時すでに遅し、30分ほどの間であったが時計はそれだけが綺麗になくなっていた。まるで、元から何もなかったかのようだった。
小雨の中立ち尽くす自分の姿を、今でもはっきりと覚えている。きっとこの先もずっと覚えているのであろう。ぽっかりと心の中に穴が開いたようなあの感じ、まさにあの感覚であった。


…今適当に探してみたが、記憶によると確か場所はこのへん!
坂道が美しいロンバート通りの近くであった。
https://goo.gl/maps/7bPK6UKHFfn

こんな感じの鉄格子だった。場所もほんま近い。…ここじゃねーのか!?
aaaaa



しかしほんとカッコイーな。絶対また手に入れようっと。
そして次はなくさないようにしよう。

Related image



以上、W杯といえば…の思い出の時計でございましたとさ。


SICURA GlobeTrotterで一休み

カテゴリ:
最近のカフェにはシャレオツなテーブルがあるもので、コーヒーを飲むついでに左手首の換気をすべく時計を机の上に置いて写真を撮った。

正真正銘のビンテージ時計、やはりこういったやや色あせた木材によく似合っている。
IMG_5155

鮮やかなベゼルは、カフェの清涼感によりいっそう引き立てられ、心を静かに癒してくれる。

IMG_5154

忙しい文字盤デザインだが、クッションケースがどことなく昔ながらのおおらかさというか、温かさを醸し出しているようだ。

IMG_5153

この時計がリリースされた当時、今から44年前、ここまで世界が狭くなり、Flatになるなど誰が想像したであろうか?

時は1974年。


カシオが時計事業に参入した記念すべき年。シチズンが画期的なデジタル腕時計、クォーツリキッドを発売。

ワールドカップでは西ドイツが栄光の14番を背負った英雄、故ヨハン・クライフ率いるオランダを破り優勝。

長嶋茂雄が引退し、田中角栄内閣が倒れ、アメリカではウォーターゲート事件でニクソン大統領が辞任し、ゴールドの所有が自由化された。


戦後という一つの時代、四半世紀に区切りをつけ、新たに国際協調、国際競走にひた走る予感を感じさせる激動の年に、この時計は産声をあげた。


自国の時間、世界標準時、ニューヨーク時間が一目で分かり、インダイアルで各主要都市の自国も読み取れるという画期的なコンセプトの時計である。


SICURA Globetrotterの美しく温かいデザイン、そして理念は、決して、経済戦争や資源略取、領土侵犯、宗教対立、環境破壊、人権侵害、いずれをも惹起させるものであってはならない。


それらに立ち向かう世界人類の英知とユーモアを静かに湛えるものであるはずだ。少なくとも、ボロボロのジャンクからこの時計を再生し、愛用している僕にはそう思えて仕方がない。

IMG_5156

インダイアルに所狭しと並べられた主要都市名を見るにつけ、未踏の都市の未だ見ぬ人達、名も無き市井の人々に想いを馳せるのであった。


ベルト、そろそろ変えてあげないとなー、次はどんなのにしようかな。


お気に入りの帽子と時計 HP-01編

カテゴリ:
買い物中暇だったので…

IMG_20180630_205102

お気に入りの帽子と時計。


中身。
IMG_20180630_205209


買い物はユニクロ。
IMG_20180630_205259


帽子はビームス。
IMG_20180630_205343


ロゴは微妙…
IMG_20180630_205525



こちらのロゴの方がずっと良いね!
IMG_20180630_205636

カテゴリ:
まったく時計と関係ないエントリなのだが、あるいは同じ目に遭っている諸兄の留飲を少しは下げやしないかと思うなりけり。


Image result for iOS11


1.iOSのアップグレード
遡ること二か月、iOS11.3にした時点でまずはカメラ機能が使えなくなるという致命的な障害が発生し、おまけのような感じでメモ帳も起動不能となっていたのであった。なので、iOS11.4へのマイナーアップグレードが入ると聞いた時点で、いまここで上げればひょっとしたらそういうバグも治ってくれるかも・・・!と淡い期待を抱いていたのであった。

2.一見OKにみえた

そしていざアップグレード、30分くらい放置したであろうか、どうやら無事に完了した模様。ダメもとでカメラで写真をとって保存できるか試してみたもののこちらはやはりだめであった。

が!メモ帳が起動するではないか!いそいそと大事なメモ帳のエントリをひとつひとつコピペしてバックアップする。(そんなことせずにiTunesでバックアップすれば?と思う人もいるだろうが、常にエラーがでて失敗するのである。あらゆる対処を施してもエラーでバックアップが失敗するのでもうあきらめた。)

3.そして暗黒へ

iOS11の11.4へのアップグレードをほどこした次の日、夕方ごろ急にiPhoneのアプリが起動しなくなった。全部というわけではなく、Hang OutやFacebook Messengerなどは上がるものの、LINEや銀行アプリ、オークション、その他ほとんどのアプリが起動しなくなった。

おい!

と思いつつ今に至る。マジで全く使えない端末になってしまった。一回ぜんぶ消して出荷状態に戻したいと思っているのだが、LINEのログのバックアップをとれていないのが心残りすぎていまだにできない。これさえできれば今すぐにでもフォーマットしていいのに。。。

Image result for line backup

iTunes でバックアップできないので、もうJail BreakしてSSH接続してバックアップしようと考えているのだが、Jail Breakとか長らくやってないうえに最新iOSにあげてもうてるので、できるかどうかもわからない。。。(T T 

ざっと調べたが今主流のJail Breakは主に二つ、①ONLINEでの脱獄②Cydia Impactorを使った脱獄。

しかし、①については設定画面を開いて許可を押すステップでiOSがフリーズ、②についても非公式アプリ承認をGeneral→Device managerでやろうとしたところで同じくフリーズ。物故割れたiOSはさすがにJail Breakできないということか…

設定プロファイルをロードしようとしたら固まるということで、iOSのかなり迷惑なところが迷惑な壊れ方をしているのがわかる。バックアップすら出来ないなんて考えれれないほどの不便。

まっとうに入獄して2年もつかったのにこの仕打ちはないでしょーAppleさん。。。


4.そんなわけで
ブログもろくに書けていないのでした。相変わらず時計で遊んではいるのだが…





ぜんっぜん関係ないけど一枚くらい時計の画像を。。。


VAN CLEEF & ARPELS
Alhambra watch

Image result for SIHH 2018

ヴァンクリの新作、女性ものだがメチャメチャかっこよいー

Alhambra watch, small model,Gold - Worn View - VCARO8OG00 - Van Cleef & Arpels



女性へのプレゼントに迷ってる方がいたらぜひ!





追記 (2018・6・25)
以下の方法で若干リカバリーすることができましたので一応追記。おなじような状況に陥っている人がいたらお試しあrえ。


・リカバリーモーどでiPhoneを起動
・パソコンについなでiTunesをきどうする
・リカバリーモードのiPhone
接続されているというメッセージが出るので、「更新」を選ぶ
 →こうすることで、最新のiOSを、データをそのままにインストールし直すことができる
・それでもほとんどのアプリは起動しなかったが、設定画面から、リセットメニューに入ってもフリーズしなくなっていた!
・すぐさま全設定ろリセット(コンテンツはそのまま)
・再起動後・・・・・なんと!!いままで立ち上がらなかったアプリが軒並み立ち上がるではないか!!
・相変わらず写真を撮って保存することができないのはダメだが、カメラアプリを代替で使用することでまあ良しとしよう



・・・・以上!

キモは設定のリセットと、それを行うために同じ最新バージョンのiOSの上書きインストールであった。


Thinkpadのキーボード換装、それから部品があるのは素晴らしいという話

カテゴリ:
たまにつかっていたThinkpadのキーボードがいかれてしまい、勝手にバックスラッシュやらgやらfやらファンクションキーが入力されるようになってしまったので、換装してみた。

メンテナンス性の重要度

僕がいまだに(IBMがPC事業をLenovoに売却した後も)Thinkpadにこだわる理由は、これである。替えパーツの入手、交換が容易。これは大変重要な要素だ。

時計でもバルジューやETAを好んで使う人はこの恩恵を重視する。たとえなにかの間違いで部品が壊れても、 パーツ単位で交換が容易にできる事は実用面で大変大きなアドバンテージとなる。

なんなら、部品ではなくムーブメントをそっくり変えても大してコストが変わらないという事もありうる。

市場に浸透している製品というのは、
  • 信頼性が確立されており
  • 代替が容易
という、二つの大きな武器を持っている。

なので、ETAポンとかってフランクミュラーやSInn、ブライトリング、Tudorなどなどのメーカーを小馬鹿にするのはニワカな時計フリークであり、決して褒められた姿勢ではないという事をここに強調したい。


…というのはおいといて、

外しやすさは正義

THinkpadのキーボードは大昔から外し方のセオリーがある。裏のネジで、キーボードの絵が小さく脇に書かれているものを外し、キーボード全面を少し画面側にスライドさせて外す。そのまま接続端子を外して完了。

裏はこれ
IMG_4907

ネジを外す。合計四つだけ。

ご覧の通り、メモリもハードディスクもここから全てアクセス可能。これが素晴らしい…!
IMG_4910

パームレストとキーボードの間にマイナスドライバをねじ込み、ズラす。
IMG_4911
中国本土から届いた新しいキーボード。送料込みでなんと三千円未満!

IMG_4912
接続端子は二つ。折り曲げない、こすらないよう細心の注意を払う。

ThinkPadとキーボード

ほかのメーカーのように全バラしせずに交換できるので、ものすごく助かる。余談であるが、個人的に一番多くキーボードを変えたのはThinkapd x41であった。一番のお気に入りキーボードはThinkpad x301。

今回のはアイソレートキーボードである。だんだん世の中のThinkpadフリーク達はこのキーボードを受け入れてきているらしいが、僕は違う。どうしても馴染めない。打ち心地どうこうではなく(打ち心地も悪いけど)Thinkpadとしてイマイチデザインに馴染まないキーボードだ。

Lenovo(及びIBM大和研究所から移籍した開発者様達)には、ぜひこの点再考頂きたいと心より願う。

作業完了

…さて、難なく五分未満でサクッと交換完了。何も問題なく当たり前のように動作する。


はーこれでまた使えるようになった、良かった良かった






























このページのトップヘ

見出し画像
×