カテゴリ

カテゴリ:雑記

Twitter始めた → @HorologyWatchi1

カテゴリ:
何年ぶり何回目になるんだか…

最近、COVID-19の情報収集でTwitterをよく使っていた。Twitterは信頼できそうな人をフォローさえしていれば、その人が勝手に情報を取ってきて勝手に解説をしてくれるので、いちいちニュースを追うのがものぐさな身としてはとても助かるのであった。

んで、なし崩し的に色々読んでいくと、、、時計関係のつぶやきがとてもおもしろいことに気づいた。何人か時計業界で名のしれた人をフォローしたりしたが、メディアやInstagramよりも、もう少しぶっちゃけたことを喋っていておもしろい。しかも、こういう人たちも勝手に情報を取ってきて勝手に解説をしてくれるので、とても有り難い。

ということで、もう5年位呟いていない本垢をおいといて、時計垢(@HorologyWatchi1)を作ってみた。 一応リンクというところにこのBlogのURLを入れておいたが、まあ誰も踏まないであろう。。w

更新内容は、Blogに書くほどでもないがInstaに上げれるほどのものでもなく、かといって完全に忘れるのは少しもったいない備忘録、、、というような感じになるであろう。あと、FF外から失礼します文化がまったく理解できないので、それを許せない人に怒られたりして意外とすぐにやめるかも。。。😅

なんか名前を書いたら勝手にユーザー名を決められ、しかもそれがHorologyWatchi1という、腹痛が痛いような感じの名前になってしまいやや凹んでいる。。。(後で変えられることを今知ったが時既に遅し)
1

以上、どんだけ今更やねんという感じですが、Twitter始めた話、でしたとさ。


迷うのは、ここのアップデートをTwitterに流すかどうかなんだよなー。全然Twitterに流すような価値のある情報ではないのだが、まあ物は試しで今度流すよう設定してみようっと。







カンボジア初の時計学校、Prince Horology訪問!その2

カテゴリ:

というわけでカンボジアはプノンペンへ。このブログの読者の何人がカンボジアに行ったことがあるだろうか、あったとしてもほとんどはアンコール・ワットのあるシェムリアップではなかろうか?

プノンペンへ

こちらは首都プノンペンのプノンペン国際空港。東南アジア独特の空港に降り立った瞬間の熱気にまかれつつもリストショット。相棒はSINNのクロノグラフ、256。SINNの信頼性は圧倒的で、ついついこういった海外旅行に連れて行ってしまうのである。

IMG_20200117_123317

バゲッジクレームへ続く道。こぢんまりしているが、清潔で明るい空港である。

信頼できるSINN

SINNには、発汗を予測しラバーバンドを装着。圧倒的つけ心地、圧倒的機能性。SINNのような時計にはラバーバンドがお似合いである。

IMG_20200117_123328

SINN 256の精悍な佇まい。この時計はチタン製の屈強なケースの中に、信頼性の塊ともいえる高品質なETA7750が搭載されている。正確性はすさまじく、1-2年前にテンプを入れ替えとても元気に動いている。

プノンペン空港から市内へ


さて、空港から市内へは自動車でおよそ40分ほど。距離はとても短いのだが、渋滞がひどいのでこのくらいかかるのであった。平日の昼間についても渋滞がひどいので、週末はあまり考えたくない。

ホテルにチェックイン。プノンペンは海外資本のきれいなホテルがたくさんあるがそのどれもが非常に安く、とてもお得である。このホテルは以下の通りゴージャスな内装の広い部屋、清潔で明るい最新機器の揃うバスルームに日本以上のサービスがついて、一泊1万円を切る。無論、一部屋あたりの値段であって、複数人で泊まればもっと安くなる。

IMG_20200117_140331

プノンペンはメシウマ

カンボジアといえば旧インドシナ。フランス統治下におかれていた歴史があるだけあって食が豊かである。カフェも充実していて、早速気になっていたエリックカイザーへ。

IMG_20200117_143442

やはりめちゃくちゃうまい。。。

IMG_20200117_143630

周辺国でもエリックカイザーを食べたことがあるが、カンボジアが一番美味い。

IMG_20200117_144126

パンもコーヒーもめっちゃうまい。目当てのクロワッサンは残念ながら売り切れていたが、他のもうまかった。コーヒーはここで飲んだらもうスタバとかでは飲めない。

Prince Horologyへ向かう

腹ごしらえが終わり、さっそくPrince Horologyへ向かう。交通手段は、市内でもっともポピュラーな交通手段であるトゥクトゥク。ちょっとした距離であればだいたい1ドル、電車で2駅分くらいであれば2ドル程度。

Prince Horologyへはおよそ30分ほど。料金はたしか4ドルくらいだった気がする。なお、単位はUSDである。一応リエルという通貨もあるのだが、ドルのほうが便利だし流通している。

降りるときに運転席を撮らせてもらった。この箱がなにかわかるだろうか?
IMG_20200120_141009

カンボジアではGrabや、ローカルの配車アプリをつかいトゥクトゥクを呼ぶのが普通である。つまり、運転席にスマートフォンを設置するのが必須なのであるが、困ったことにプノンペン市内ではスマホのひったくりが横行しており、僕の知り合いも何人かやられたと言っていた。運転席のこの箱は、ひったくりからスマホを守るための彼なりの工夫であった。感心した。

いい笑顔である。
IMG_20200120_141026

アポイントメントが現実に

道路からすこし入ったところに、目的地であるPrince Horologyがあった。

IMG_20200120_142828

基金の看板と並べて、学校の看板が掲げられている。テンションめちゃめちゃ上がったw

IMG_20200120_142829


約束の時間である14:00きっかりに、一人の若者が厳重にロックされた鉄扉を開いて降りてくるのが見えた。辺りを見回し、僕の姿を認めると軽く会釈をしてきたので歩み寄り握手。

まだ開校前の時計学校、しかも東南アジアでも類を見ない最新機器の揃う施設に足を踏み入れる。間違いなく日本人では僕が初めてであろうw

若干の緊張と高揚感を抑えきれず、声が上ずって足取りが心もとない。紳士的な青年に案内され、3Fの会議室に通された。


つづーく。


 

あけましておめでとう2020!

カテゴリ:
というエントリを書かないとなんか更新しにくくなったので気分的に。。。

IMG_20200120_102316


昨年は時計がらみで色々と出会いのあった一年でございました。
お世話になった皆様、その節は誠にありがとうございました。

今年は、時計がらみの出会いをさらに増やしたいと思っているので、
引き続き何卒よろしくお願いいたします。

IMG_20200120_113913


以下、暇な人のみ読んでください。


時計の何が好きか

こんなブログを読んでるあなたはきっと時計好きだと思うので、このテーマについて少し考えてみてほしい。あなたは時計の一体何が好きなのか?

一口に時計好きといってもこれはほんとにまちまちで、色々なコレクターの方の投稿を読んでいるが、だんだんと嗜好の合いそうな人、合わなそうな人というのが分かってくるのが面白い。

時計とはなんぞや、という哲学的な疑問には、すでに偉大なる先人であるところのアルキメデスが非常に鋭い考察を与えている。テセウスの船というテーマの問題に関する、『四原因説』という回答である。

テセウスの船(Wikipedia)

ギリシャ神話

プルタルコスは以下のようなギリシャ伝説を挙げている。

テセウスアテネの若者と共に(クレタ島から)帰還した船には30本のがあり、アテネの人々はこれをファレロンのデメトリウス[1] の時代にも保存していた。このため、朽ちた木材は徐々に新たな木材に置き換えられていき、論理的な問題から哲学者らにとって恰好の議論の的となった。すなわち、ある者はその船はもはや同じものとは言えないとし、別の者はまだ同じものだと主張したのである。

プルタルコスは全部の部品が置き換えられたとき、その船が同じものと言えるのかという疑問を投げかけている。また、ここから派生する問題として置き換えられた古い部品を集めて何とか別の船を組み立てた場合、どちらがテセウスの船なのかという疑問が生じる。


ー中略ー

アリストテレスの四原因説

アリストテレスの哲学体系では、事象の原因を4つに分け(四原因説)、これらを分析することでパラドックスに答えることができるとされる。アリストテレスによれば、ある事象が「何であるか」は「形相因」であり、その観点では設計などの本質が変わっていないため、テセウスの船は「同じ」であるとされる。同様にヘラクレイトスの川も「形相因」的には変わっていないが、「質料因」が時と共に変化しているとされる。

また、「目的因」から見ると、テセウスの船は「質料因」としての材質が変わったとしても、テセウスが使った船であるという「目的因」は変わっていないとされる。「動力因」は誰がどのように作ったかを指し、テセウスの船の場合、船を最初に作った職人は同じ道具や技法を使って修理(部品の置換)をしたと考えることができる。


つまりは、時計という物体を認識するとき、時計の何をもって時計と判断するか、というとらえ方は四つあるという提言である。これは鋭い。この四つのとらえ方というのは質量因、形相因、作用因、目的因、である。

詳しくは上記Wikipediaを読んでいただくとして、これは時計が世の中に産まれ、その時計に価値を見出す人が産まれる現象を説明する提言として、また、ご自身の時計愛を客観的に見つめなおす視座として、とても有益な考察だと思う。

少し砕いて言えば、質量因は時計の材質、形相因は時計という概念、つまり時を表すという機能、作用因とは時計が作り上げられる工程、そして目的因は実際に使ったり売ったりする目的だと言い換えることができよう。こうして四つに分解するだけでも、嗜好はかなりバラバラである事がお分かりいただけるのではなかろうか。

…というのを踏まえて、自分の嗜好を改めて見返して、新年の抱負代わりにこのブログは何でないかを考えてみた。


『いつかデイトナ欲しいよね』は何でないか
  • ショッピングサイトではない。商品を売ることは無い。
  • 掲示板サイトではない。読者同士の交流は無いほうがよい。制御できない。
  • ニュースサイトではない。時計のニュースは日々溢れていて個人で追いかけるのは不可能。それを分かりやすく説明するのはもっと不可能。
  • 宣伝サイトではない。特定のブランドの宣伝を目的としたエントリはない。需要が無い。
  • 日記ではない。読み手が読んだ後何も心に残らないものを書きたくない。個人情報も書かない。
  • 批評ではない。悪口は書かない。誰かが読んで傷つく可能性のある事は避ける。
  • 政治、宗教の話はしない。不要な争いは避ける。



皆様も、2020年が時計愛にあふれたよい一年になることを祈っております。





『HODINKEE』日本語版ついに登場

カテゴリ:
みんな大好きHODINKEEの日本語サイトがついに登場。

Hodinkee.jp
https://www.hodinkee.jp/


HODINKEEというのはこんなもの好きのブログを読んでいる人ならきっと知っているかと思うのだが一応説明しておくと、アメリカ発の一大時計情報サイトで、
  • プロが書く一流のテキスト
  • プロが撮る一流の写真
  • 取材を基にした圧倒的な情報量
  • マニアックな時計にもフォーカスを当てる嗅覚
  • 機械式時計愛が一貫している
というような特徴を備えたWebである。

hodinkeeUS


分類としてはウェブログではなく、時計販売もしているが時計販売サイトでもない。かといって雑誌のような大衆性があるかと言われればないと思う。動画コンテンツやPodcastも充実しており、あらゆるチャネルで時計について語るメディアである。

しっくりくる表現は…『重度の時計オタク軍団が、一般人の興味のある記事を多く載せたり時計産業の告知のお手伝いをしたりして時計業界の底上げを図りながらも、こじらせた時計愛を隠すことなくあらゆる高度かつ芸術的な手段で見せびらかしているサイト』というような感じだろうか…?w

今後はオリジナルの翻訳記事はもちろん、日本独自の記事も発信していくとの事で、とても楽しみである。主筆は元『WatchNAVI』編集長の関口優氏。そして苦労が多々あったであろうWeb Producer兼エディターに『腕時計の読み物(The Watch Blog)』管理人であるMasahru Wada氏。

『腕時計の読み物』は時計業界のマニアックな話題がほぼ最速で日本語にされるサイトでとても熱量のこもった記事が量産される良サイトだが、氏の手腕はHodinkee.jpでも大いに発揮される事であろう。

Hodinkee.jpのリリースがアナウンスされてからかなり長い間空いていて、できたかなーと思いつつHodinkee.jpにアクセスしにいくとIDとパスワード入力を促されるという謎認証に見舞われたりしており、個人的に大いに待ちわびていた。

ついにリリースとの事でめでたい!


『いつかデイトナ欲しいよね』は、Hodinkee.jpを応援しています。



ggg













めちゃ良いサンダル見つけた x Sinn EZM3

カテゴリ:
実はスポーツサンダルを探してたのだが、あまりに良いのを見つけてしまったので購入。
IMG_6496
かわいない??

なんと六百円くらい。やっす!!


履き心地抜群!…とまではいかない。重くてペチペチするので、デザインに全振りの完全見た目重視サンダル。
IMG_6501

でも、それもまた良いねぇー!


時計はSinn EZM3。手首の可動性を重視し、リューズが逆についている。
IMG_6522


なんとか時計とサンダルを一緒に写すべく苦労しつつ撮影。
IMG_6524

靴のゴム感とストラップのゴム感がなかなか良い感じに合っている。しかしストラップはゴムに見えて実は仔牛の革である。ヒルシュというメーカーのもので、めちゃめちゃカッコ良い。


服はスヌーピー。もはや靴を入れるのを諦めた。
IMG_6500


以上、時計とはあまり関係ないサンダル購入のお話でした。














ブローバとSONYのほっこりエピソード

カテゴリ:
BULOVA、時計好きならば必ず聞いたことのあるメーカー名だろう。アキュトロンという音叉時計を開発し、1960年当時驚異の月差2秒という超高精度時計で世界中の度肝を抜いた会社である。

o1
✴︎画像はググって適当に見つけたものです

尚、アポロ計画での採用時計でもある。こちらはOMEGAのSpeadmasterのほうがはるかに有名であるものの、実はBULOVAも宇宙船内の計器などに大量に採用されている。人類の宇宙進出を支えた、超重要テクノロジーといえよう。

アポロ11号ミッションでは月面にBULOVAの時計が置いて帰られたので、いまでも月の地上でレゴリスに覆われ、地球を見守っているはず…。

20fazao


そんな超重要企業であるBULOVAと、創業期のSONYのエピソードがあったのでご紹介。時計ブログではあるがたまにはこういうエントリもよかろう。。。。

In 1955, Ibuka and Morita registered SONY as an official trademark of Tokyo Tsushin Kogyo with the intention of establishing the name as a global brand. One month later, when Bulova Inc. of the US promised to order 100,000 transistor radios on the condition that they be sold under its own brand name, Morita refused, saying that his company would only allow its products to be sold under the Sony brand. When pressed, he asked Bulova, "How many people had heard of your company fifty years ago? My company is just starting out, but fifty years from now it will be just as famous as yours."

ということで、簡単に言うと、SONYの創業者コンビである井深と盛田が、SONYというブランドを正式に登録した一か月後にアメリカにトランジスタラジオの営業に行った際、BULOVAがOEMで10万台の発注をしてきたのだが、SONYの製品はSONYの名前でしか売れないと突っぱねた。その際に、『どれだけの人が50年前にあなたがたの会社の名前を聞いたことがあったでしょう?我々の会社はまさにスタートした所ですが、しかし50年後にはあなた方と同じように有名になっています。』と伝えたというエピソードである。

この後、BULOVAは音叉時計の特許を公開しなかったことにより技術を囲い込んでしまい、普及が進まずイノベーションも起こらなかった。そしてその後SEIKOのクォーツ時計の開発成功を招いてしまった事により、市場から一気に衰退していく事になる。

一方のSONYの隆興はご存じの通りである。

ブローバの技術は本当に革新的で、一時は、あらゆるメーカーが音叉時計をリリースしていた。僕はOMEGAの音叉時計を2つほど持っているが、もちろんムーブメントはBULOVAのものである。ある時点では、間違いなく、世界で一番正確な時計を開発する先進的時計メーカーであったのだった。


今でもオールドテイストと温もりのある音叉の振動音から通好みの時計として取引されているものの、修理の難しさや逆向きに回しただけで壊れるという機械のデリケートさ、現在の標準電池とは異なる電圧で動く仕様などで扱いにくい時計として知られている。

これからBULOVAの購入を検討されている皆様、ぜひ、若い経営者二人とBULOVAの心温まる(?)エピソードを心に浮かべてから時計を手に取ってあげてくださいませ。

2lwas2a


(画像出展はこちら





SEIKOフジツボと数珠ブレスのお買い物

カテゴリ:
数珠ブレスを愛用している。時計に傷つけないよう、石では無く木のやつ。

昔のハイスタというバンドが好きで、ギタリストの横山健が数珠ネックレスをしていてカッコよかったので真似してたのだが、いつのまにかネックレスはやめブレスのみになってしまった。


というわけでお買い物へ…!

お供はセイコーヘルメット白。モデル名でいうと6139-7100。通称フジツボと言われているモデルである。
IMG_6802
ちなみにバンドがゆるゆるなのでブレスで固定している。

石もいっぱいある。
IMG_6801

石石混交。
IMG_6800

金のパーツもある。
IMG_6798

赤い紐と金のパーツで、何やらおめでたい雰囲気…
IMG_6678


中に通す伸縮性のあるナイロン紐も買う。個人的に赤い紐が好きなのでコレにしよう。
IMG_6687

数珠ブレスはシンプルなのに飽きが来ず、他人から見てもあまり違和感がないのでおススメ。

腕に時計だけだとなんか寂しいなあという方は是非お試しアレ。

…でも、石は時計を傷つけるのでオススメできません。なので、僕は時計に触れない手首の内側に少しお気に入りの石を入れる程度にしているのでした。

金のメモボックスとニューバランスのスニーカー(欲しい -> Get済)

カテゴリ:
こないだふと見かけたこのスニーカー、

IMG_20190215_134636


一目でめちゃめちゃ気に入った…
IMG_20190215_134658

型番メモって買う準備
IMG_20190215_134718


関係ないけど大好きなメモボックス
IMG_20190215_134754


って事をブログに書こうと準備してたら…


持ち主にダメ元で買値で買うよっつったら、売ってくれた😍 一月に買ったばっかなのに申し訳ない。

IMG_20190215_141656

ひっさしぶりにスニーカー買った。
たしか最後に買ったのは三年前、ディアドラというイタリアのスポーツメーカーのものであった。

IMG_20190215_141728

時計と…
IMG_20190215_141845


しかしこの金張りのメモボックス、カッコ良いなあ。カジュアルには似合わないが…
IMG_20190215_141923



…つーかこの靴、やけに親しみが湧くなぁと思ってたら…

カラーリングが…

IMG_4045



愛用のカシオの電卓そっくりやん!!🤣🤣


労働環境管理システム用腕時計(型)デバイスは救世主たりえるのか

カテゴリ:
この腕時計、一見アップルウォッチのモックアップのように見えるが…

IMG_7652

その正体はコレ。
IMG_7651

バイタルセンシングユニット
IoT003 

…適当に訳すと生存確認装置とでも言うのだろうか?

機能としては脈拍はもちろん体温や周囲の気温、湿度などの環境情報に加え、GPS機能や、ジャイロセンサーなども備える。

付けている人がどんな環境で仕事をしているのか、や、工場内や自然環境の中で位置的にどの辺りにいるのかを逐次センターへ送信してくれる。

IMG_7649
心拍異常はもちろん、例えば時計が傾きと落下を検知して数秒以内に戻らなければ、持ち主がコケて怪我をした可能性がある。即時に管理者に警告を飛ばし、現場確認を可能にする。

しかし…

なぜ、時刻表示機能をつけない???

つけないねらなぜこの形にした??

と、心の中で激ツッコミ。だがひょっとしたら震えて時刻を知らせるとかの機能があるのかもしれない、もしそうならすみません。


個人的に見た目はかなりクール!

シリコン素材のストラップは、穴に留め具を通して遊環で止めるだけで固定される、簡単設計。

IMG_7650


スーツにもピッタシ!というわけにはいかないか、流石に…。
IMG_7653

労基はこれを全企業勤務者に義務付け、是非全リポートデータを公開してほしい。

どの企業が本当にストレスフリーで快適なのか一発でわかってしまうことだろう。それを元に補助金の配分や税率を調整すれば、少しは日系企業の労働環境も改善するのではないだろうか?

それこそ、大好きなAIやロボティクスで分析と処分を淡々と進めてほしいものである。


『いつかデイトナ欲しいよね』は、管理タグすら付けられず身を粉にして働く皆様と、その皆様の顔色伺いとご機嫌とりに忙殺される経営者の皆様を応援しています。

シャネルがF.P.ジュルヌの株式20%を取得…ええやん!!

カテゴリ:
おそらく相当の時計好きしか知らないであろう、しかし高級時計好きなら必ず知っているであろうブランド、フランソワ ポール・ジュルヌ (F.P.JOURNE)

一般的知名度はほぼ無いといって良いのだが、独立時計師アカデミー(AHCI)に所属するフランソワ・ポール・ジュルヌ氏により設立されたブランドである。ほかの時計にはあまり見られない革新的なデザイン、18金をムーブメントに使用する豪快さ、そして特徴的なティアドロップ型の針がとてもエレガント。

大手のリシュモングループやスウォッチグループに属しない完全独立ブランドであり年間で1000本にも満たない数しか作成しないため、出回る数も非常に少ない。

代表的な時計をいくつか貼るが、見たことある!という人も多いのではなかろうか?

Image result for F.P.jOurne

Image result for F.P.jOurne
これ特によい…


Image result for F.P.jOurne


僕も時計好きの人たちのSNSを結構フォローしているのだが、F.P.Journeはかなり人気があり、とてもうらやましいのであった。

イメージとしては、ロレックスを経てパテックへと至り、ルクルトやランゲに枝を伸ばしつつさらに幹を伸ばしたところにあるブランド・・・という感じだろうか?

このブランドについて、つい先日このようなニュースが持ち上がった。

シャネルがF.P.ジュルヌの20%の株を取得

Chanel acquires a 20% stake in F.P.Journe


なんとシャネルがF.P.Jorneの株の20%を取得したことが、2018年9月14日に明らかになったというニュースだ。これはつまり、FPJとシャネルの協力関係がオフィシャルなものとなり、相互に影響を及ぼしうる事を示している。

内心気が気でないのは現在のユーザーであろう。彼らが魅了され、一千万近い金を払って買ったブランドが大手資本に与する事となり、めちゃくちゃにされないだろうか?デザインがダサくなり、利益偏重で品質が落ちないか?…等々。

ところがこの記事では、ベルロスを例にあげ、シャネルと資本関係を持った時計メーカーはその特性も独立性も保たれるので安心してほしい、まだ慌てるような時間じゃないーーーという主張を展開しているようだ。

さらにこの提携のメリットとして『A big partner like Chanel makes the brand more resistant in case of a downturn of the economy(Chanelのような巨大なパートナーは、ブランドが経済的な苦境に立たされる時により心強く支えていける)』と述べているが、これは他の掲示板でも語られているように、まずはキャッシュフローの強化、そして今後数年、数十年のブランドの事を考えたFPJ幹部の(内心の)念願でもあったのではなかろうか。

ブランド維持のための売却

F.P. Journe Sells 20% Ownership to Chanel: The True Cost of independence』という記事では、ジュルヌ氏が最も多く投げかけられる質問を推測している。それは、

What would happen to the brand when you are no longer around?” 
(あなたが去ったとき、FPJブランドはどうなるのですか?)


というものであり、独立ブランドはそれゆえにこだわりのある製品を作り世界中にファンを持つが、一方大手グループの庇護を受けず、何かの際には経営が立ちいかず、消えていくのではという懸念が払拭されるものではない、とのことである。

これもまさにその通りで、非常に納得できるロジックだ。

そもそもジュルヌ氏の強烈な個性により世界中で何億ユーロもの売り上げをあげているのである。もし氏に不慮の事故が、不治の病が…などという懸念は当然として、成長著しいアジア市場、中東市場は同時に地政学的リスクも相応にはらんでいるため、もし短期的なものであっても戦争や紛争などが勃発した場合に売り上げの大半を失い、キャッシュフローが悪化し経営が立ちいかなくなる…という懸念もある。

この記事も資本提携には好意的な印象を持っており、シャネルの関係者の談話として『シャネルはFPJのものづくり精神、芸術性を理解しており、またそれらを敬愛し、守っていきたいと考えている』と述べている。

これはブランドのファン、ユーザーにとって最も聞きたかった言葉であろうし、このニュースの受け止め方を決定付けるものであろう。おめでとうございます。

シャネルはオーナーもF.P.ジュルヌのファンでありコレクターであるという噂もあるため、むしろF.P.ジュルヌブランドは盤石となったいう見方で正しいと言って言い過ぎではないだろう。ひと言でいうと、タイトルの通り「ええやん!」となる。

僕は個人的にYEMAというフランスメーカーの時計のファンでもあるので、このフランスの二大ブランドが資本提携するというのはとても腑に落ちるものであった。かつて実際に起こったYEMAがSEIKOに買収されたというニュースよりははるかに腑に落ちるw

まとめ

  • 20%の株式売却はFPJノーダメ、資金注入おいしいです
  • シャネルが最初からFPJの独立性キープを表明、つかオーナーがFPJの大ファン
  • 過去にベルロスやグルーベル・フォルセイなど大手資本と提携しても独立性を保つブランドはある
  • ジュルヌ氏個人への依存によるブランドリスクの軽減によりFPJはより盤石に

『いつかデイトナ欲しいよね』は、(どちらも手の届かない高嶺の花であっても)シャネルとF.P.ジュルヌの新たなる歴史を応援しています。

このページのトップヘ

見出し画像
×