カテゴリ

カテゴリ:SYNCHRONAR

Synchronar 2100の日本語表記は、「シンクローナ」で確定しました

カテゴリ:
先日、以下のような記事をアップした。世界初のソーラー充電時計、Synchronar2100を日本語で表記するとき、どのように書くのが正しいのかというのを考察したエントリである。


結論として、公式にもっとも近い人物の発音を聞く事ができる当時のCM(以下参照)の発声を基に、「シンクロナー」としたのであった。



が!


衝撃的な事実が判明してしまった。


なんとSynchronar 2100は一度日本で正式に輸入され発表されたことがあるらしく、当時すでに日本語表記がなされていたのであった…!!


僕が、そして他の多くの人たちがこのSynchronar 2100を知るきっかけになったであろうWebサイト、“UT Design”にてそのチラシが公開されているので、画像を拝借してここに紹介したいと思う。

synchronar-3



なんと、一新時計株式会社により国内販売された際、「シンクローナ」として売り出されているではないか!!

衝撃的なのはそのフルネーム。「光電腕時計シンクローナ”タイムカプセル”」である。

タイムカプセルという名前は初めて聞いたのでおそらく一新時計のオリジナルコピーなのであろう、あるいはシンクローナよりもタイムカプセルという名前で売り出したかったのかも…と思ったが、ダブルクォーテーションで括られている事から、この”タイムカプセル”はあくまで様子や雰囲気を表す修飾的キーワード、即ちフレーバーテキストのような意味で書いたのだろうと僕は解釈した。

”光電腕時計”の部分も、ソーラー発電の機能説明に未来的な造語を用いたものだろう。

つまりは、やはり「シンクローナ」である。

僕のこれまでの言説は誤りであり、日本語表記は「シンクローナ」で決まり、ということにしたい。

事の重要性

日本語表記がそんなに大事か?と思う人もいるかもしれないが、これは愚問である。大事に決まっている。

我々日本人という民族が、このスペーシーな時計が米国で販売されている事に目をつけ、日本に輸入して販売していた・・・という事実は、大変重い。

なぜ重いかというと、当時からこのような慧眼を持った企業が時計の代理店をしていたということ、そしてその頃から日本の時計市場は世界に開けていて、多様性を有していた事の証左であるからだ。

そして、これは何でもそうだが、最も尊敬されるべきは最初の挑戦者、最初の成功者だ。

メジャーリーグに渡った大谷選手が、足許日本のみならずアメリカでも大きな称賛を持って語られるのはなぜか?それは、(はるか昔に前例があったにせよ)彼と彼のチームの関係者達が、誰もしたことがない事に挑戦し続けているから、である。

でも、「CMだと明らかにシンクロナーって言ってるから、シンクロナーでいいんじゃないの?」 … という向きもおられるだろう。

ダメなのだ、それでは。

最初に日本語で表現した人がシンクローナと書いていたら、例え作った本人がシンクロナーと発音してようが、サインカロゥとか発音してようが、日本語での表記はシンクローナとなるべきだ。

IMG_6821
愛用のシンクローナ、ばっちり動作する

日本語表記の原作からの独立性

その昔 ー 今を遡る事54年、一枚の音楽アルバムが日本に紹介された。オリジナルアルバムのタイトルは、「A Hard Day’s Night」タフな1日、というような意味であった。が、日本ではどういう名前でリリースされたかご存知の方も多いであろう、

「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」

このタイトルは近年に至るまでファンの間に強く根付いており、愛されている。

むしろ、英語を微妙にヒネッていてノンネイティブには少々分かりにくいオリジナルのタイトルより、日本人の感覚に根ざしていて愛着が持てる。



よって、いかに違和感があろうと、例え誤りであろうと、最初に日本語表記した方に敬意を評し、Synchronar 2100はシンクローナという呼び方で確定する。
2100の表記も見当たらないが、これも問題ない。日本語で発音するとやや語呂の悪さが否めない。

販売元への敬意

思うに、当時は当然Youtubeは無いし、メールもビデオも無かった。おそらくは一新時計の担当者が直接、あるいは電話なりで間接的にシンクローナの販売元とコンタクトし、契約条件等取りまとめていたはずだ。

今のように電子メールやWebで画像や文書のやりとりもできず、 どのように上司を説得し、販売店に声をかけ、仕入れ先と調整を進めたのか。相当な粘り強さを持って進められたであろうことは想像に難くない。

当時の一新時計株式会社のご担当者の方に敬意を表すと共に、改めてこういった素晴らしい時計が販売されるほどに成長していた、当時の日本の腕時計市場に驚きを禁じ得ない。

この時代でお値段288,000円というロレックス越えの超高価格でどれくらい売れたのか、誰が買ったのか…などと興味は尽きないものの、それは下衆の勘繰りというものなのだろう。




以上、シンクローナの日本語表記が確定した話でしたとさ。

時間あるときに過去のエントリを書きかえよう・・・・





【訂正あり】SYNCHRONAR、その読み方と書き方について

カテゴリ:
僕の敬愛するUT Design のUT氏神推しの時計、Synchronar。

RAGEN社より販売された、世界で最初の太陽光による充電機構を備えた時計であり、かつ、世界で最初の磁力による時刻調整など各種操作を実装した時計。

歴史的な一本であることは間違いがない。間違いがないが、あまりにタフで便利なため僕はいまだに実用している。使いつぶすまで実用しようと思っている。それでヨイではないか。
IMG_3511
 とある日の昼食時のショット


もう何度もこのブログで取り上げてきたのだが、いまだに謎な点があったのでこの場でハッキリさせておこう。

日本語での読み方、表記の仕方である。

先のUT氏のサイトでは明確に[シンクローナ]と書かれているのでこれに倣うのが本来であるのだが、実際に発音を聞いたことがないので判断がつかないのである。僕が過去に書いた記事も同様で、シンクロナーとかいたりシンクローナと書いたりしてるようで、我ながら適当だなあと思った次第だ。

そんなことどうでもいいやんと思うかもしれないが、こういうのは自分の耳で実際に聞いて、自分の頭で実際に判断するのがとても大事なのである。

英単語を調べるときも、単語帳をめくりながら覚えるのと、何か英作文をする時に単語がわからず、辞書をめくって調べてつぶやきながらスペルをなぞるのとでは覚え方が違う。同様に、Synchronarの発音の日本語表記といった何気ない事項においても、自分で確認を取ることがSynchronar愛をより確かなものにするであろう。

『一次ソースに当たる』というのは、あらゆる情報がやや過分気味に手に入るインターネット社会において、とても大事な事である。原典に当たること、自分の目と耳と足で情報を集めること、そうすることで初めて何が本当で何が本当でないかが分かるようになる(と、昔社会人になったときに教わった)。

…というわけで、UT DesignでSynchronarをゴードン・クーパー氏(宇宙飛行士、故人)が解説しているCM動画?が紹介されているので、それを見てみよう。


ふーむ。これは…『シンクロナー』と言っているように、聴こえる。。。。

これ以外にも誰か製造者あるいは近い人間が"Synchronar"を発音しているビデオがないか探してみたのだが、見当たらなかった。ので、本当にこの時計の発音はこのビデオのみである。。。しかも、しかもであるが、このCMの中でSynchronarを発音しているのは開始6秒のたった一回だけ…

しかし最も大きな発見は、正確なモデル名、”Synchronar 2100”の発音を、以下のように発音している点である。

"Synchronar twenty-one hundred"

Two One Zero Zero  でも、 Two thousand and one hundred でもない。

Twenty-one Hundred である。これは2100年までカレンダー調整不要という機能についてのネーミングである。わざわざこのように発音しているという事は、当然の事ながら制作者側から注文があったのであろう。我々愛好家は、この点を無視してはならないのではないだろうか。

…結論として、僕の耳ではSynchronarはシンクロナーで問題なさそうである。のだが、国民的英雄である宇宙飛行士がCMでわざわざSynchronar 2100と喋っているからには、今までの僕のSynchronarとかシンクロナーって表記は片手落ちではなかったかと反省している。

これからはきちんと2100も付けようと思いました。
Synchronar 2100、あるいはシンクロナー2100、と。  (最下部に訂正あり)
image


…さて以下は、余談となる。
Synchronar愛のある方のみお読みいただければ幸いである。

Synchronarでおでかけの巻

カテゴリ:
シンクロナー、実用してる人間は果たして何人居るのだろうか…?!
IMG_2435

…僕はしまくりなのだが、これ、現代テクノロジーでぜひ復刻させて欲しいなあ。

モジュール密閉型クオーツ、特殊な液体でモジュールを満たすことによる耐衝撃性及び防水性向上、磁力による物理スライドスイッチ、両手を使わないと時間がわからない…などのコンセプトはぜひそのままで。

ソーラー発電だって、圧倒的に安上がりに高性能な部品を使えるはず。セイコーあたり、ライセンス買い取って販売してくれないかなぁ…すごい話題になると思うのだが…。


航空機の機内とシンクロナー
IMG_9239


計器とシンクロナー
IMG_9264



RAGEN Synchronar とお散歩

カテゴリ:
世界初のソーラー充電式腕時計、Synchronar。

RAGEN社より1973年に650$で発売されたアメリカ生まれの時計。ドル円三百円の時代、そして日本の初任給が10万円以下の時代であった。


とにかくカッコ良い!


太陽の下、元気に充電中…


時刻合わせもバッチリ!

本体右側についてるスイッチを、奥に入れたら時刻が表示される。黒い二つの窓がスクリーンかと思いきや、この隙間の部分が時刻表示部。このスイッチはバネですぐに戻ってしまうため、指で押さえている間しか時間が表示されない。ので、時間を見るのに両手が必要。


つまり、時間を見るのに携帯電話を取り出すより不便なのです。


カッコ良いから全てが許される感じ。


飯に連れて出てもよし、


ドライブ連れて出てもよし。


このLED感、たまりません。



オリジナルブレスの質感も極上。44年前の時計とはとても思えないデザイン、そしてグレード感。…て書いときながら、この写真見ると汚れてるな…。長さもイケてないので今度コマ抜いてみよう。


語りつくせぬほどカッコ良いSynchronarでございました。



どうでもいいが、Synchronarを日本語で表すとどうすべきなのか分からない。シンクローナ?シンクロナー?…ちゃんと調べてみよう…


Synchronar で焼肉を。あと、食の写真にはフィルタ反対派。

カテゴリ:
寿司とくれば焼肉、これはもう仕方ない。ので、シンクロナーを巻いて焼肉を食いに行く。

言わずと知れ…てないかもしれない、世界初のソーラー充電時計。上の黒い部分が太陽電池。時間が表示されるのは…
なんとこんな所である。スペーシーでとてもカッコ良い、動作すると言うだけでとても貴重な品である。


さて、

昔インスタグラムがまだただの写真加工アプリだったころから思ってたが、飯の写真って絶対変なフィルターかけない方がよいよなあ。


生の写真が一番うまそうに見える。


このホルモンがまた、絶品…


カルビとかロースとか。うんまい。



やっぱフィルタもかけてみる。




…ほらやっぱ、まずそうやんか…

Synchronarも洗ってみた!!

カテゴリ:
ということで、続編。


伝説的なLEDウォッチ、シンクローナのブレスレットを洗う。



ちな動作品。二つとも。ちゃんと。


一つをばらし、バラす前のと並べてみたところ。
黒い四角はモジュール化しており、完全密閉されている。じゃあどうやって操作するの?と思うだろうが、なんと、磁力で各種操作を行うのである。密閉されているので当然完全防水である。


モジュールはさすがに洗えないし必要もないので、金物をぶちこむ。

ついでに金張りのメモボックス E855 もケース洗浄。


動かすとすぐに、しろーい煙が…

きたな…


みよ、この汚れ方。おそらく、販売されて四十年ほど経つが、超音波洗浄機で洗ったのは僕が初めてであろう。

よーくすすいでキッチンペーパーにさらし、乾燥させる。どうでも良いが、このブレスレット、本当に質が高い。ロレックス並みである。

乾いたら組み立てて装着!!!


めっちゃ綺麗になったー!!うれしい。



以上、Synchronar2100のケース、ブレスレット洗浄でございました。

三本の侍 (HP-01、Synchronar Mk1、BELL & ROSS Vintage 126)

カテゴリ:
恐らく世界初であろう、スリーショット。

左からHP-01、Synchronar Mk1、BELL & RROSS Vintage 126。



カッコ良い物はいつまでたっても、また、逆にどんなに最近のものであっても、普遍的に人の目を引くオーラが出ているものなのだなあ。

いやー、カッコ良い。


…モノクロにしても、変わらねぇ〜〜



Synchronar と昼ごはん

カテゴリ:
伝説的なLEDウォッチ、Synchronarと昼ごはんのカツ丼。


なんでカツ丼をオシャレ丼に入れるかねぇ…?!

そして予想通り、カツ丼ではなく、カツ丼らしきもの、という味である。値段はビッグマックの2倍するが、同じ値段でもビッグマックを選ぶであろう。

ま、仕方ないか…

中華にしとけばよかった。

こんな時間まで昼飯引っ張るものやないね!

右側のスライドスイッチを動かしたら、この部分に時刻が表示されるという仕組み。スイッチには磁石が入っており、その磁力でコントロールするのである。

シンクローナはいろいろなモデルが出ているが、この形のものが一番鬼カッコヨイので、お気に入りの一本。

入手には大層苦労しました。


このページのトップヘ

見出し画像
×