カテゴリ

カテゴリ:OMEGA

Omega Speadmasterプラ風防の研磨

カテゴリ:
これも時計好きの友人の🅿️君のもの。衝動買いに近い形で買ったらしい、オメガスピードマスターのリバーシブル。

プラスチック風防に傷が多く、特に打ち傷が気になるという事で、磨いてあげることにした。
IMG_1724
カッコヨイね!

僕もいつかはスピマス野郎になりたいのだが、いかんせん種類が多く選びきれない、かつ、気軽に買えるお値段ではないため二の足を踏んでいるのであった。

今回は分解せずに磨くだけのため、美しいベゼルを傷付けることのないよう、ベストオブマスキングテープであるタミヤのマスキングテープでしっかり養生を行う。


大まかにまるーく貼って、そこから爪で押しこんで風防の形に合わせる。
IMG_1725

磨く流れはいつもと同じ。
新しく買ったミニルーターを使おうかとも思ったが、速度調整にやや不安があるため従来の手作業で研磨を行う。
IMG_1726
いつも通り耐水ペーパーの1000番でゴシゴシこすって傷をならしたあと、1500番、2000番、 3000番とよりきめ細かい目の耐水ペーパーに変えていき、徐々に段差をならしていく。

IMG_1728
最後はサンエーパールをつけたキッチンペーパーでこすって仕上げ。

細かな擦り傷を見ながら力加減を調整し、何度かやり直す。
IMG_1729

完成。
IMG_1731

マスキングテープオフ!
IMG_1732
一番深い打ち傷はほんのわずかまだ残っているのだが、まあ他の傷は消せたのでこれでよかろう…

僕がプラスチック風防を好む理由はまさにこれで、あまり気を遣って使わなくてもどうせ研磨で傷が取れるというのが大きい。

サファイアガラスは高級感はあるのだが、研磨ができないためキズがつかないよう気を遣ってしまうのが好きではない。
この理由で、狭いコックピット内で計器やスイッチで時計をぶつけてしまう可能性の高いパイロットウォッチの一部は、未だにプラスチック風防を採用したりする。

ほんとはケース研磨、超音波洗浄とかもしたかったのだが時間がなく断念。カッコ良い時計でございました。

ブレスが小さかったため、テストという名の1日試着ができず残念…




オメガ メモマチックとお出かけの巻

カテゴリ:
Omega memomatic。

機械式時計なのに、ハンマーとポールを内蔵していて、セットした時間になるとハンマーが高速で振動してアラームを鳴らす仕組みの時計。

僕はこの機構の時計が好きで特にこだわって集め、使っているのだが、特にこのモデルへの思い入れが格別である。

中身は名門レマニアのムーブ。レマニアブランドで外見がそっくりなモデルもあり、どちらが先に出たのか知りたい。



ブレスは非純正のバンビブレス。でも、よく合ってるし何より作りが良く頑丈なため、特に夏は五年近くこのままである。冬はたまに革バンドにする。

青ダイアルがレア感あって、洗練されたデザイン、視認性も文句なし。


決して手放すことのない一本のご紹介でした、とさ。

オメガ f300Hz シーマスターの掘り出し物…?

カテゴリ:




ゲットだぜ。
ヤフオクで送料込み一万七千円也。動作品ではあるが、一日数時間の遅れ…とのこと。

だが、

めっちゃめちゃ正確に動いてるんですけど…

もしこれが正常動作品なら、送料込みで2万以下なんてありえない掘り出し物だなあとか思いながら開封したのだが、まさにその通りであった。超ラッキーであろう。

だが。この時計は使われるために買われたのではないのであった。





続く。多分。





Omega Memomaticを実用

カテゴリ:
してるのなんて、世の中に何人いるだろう?


この写真…


3時からミーティングがあったのである。2:45にアラームがセットされている。


アラームインジケーターが時間と分で異なるのは、この時計だけだ、と思う。普通は短針のみについてアラームをセットするのである。

以下は8時にアラームがセットされているの図。



純正ブレスがほしーなぁ…

Lemania cal.2980ハケーン@某bay

カテゴリ:

LEMANIAでいい時計ないかなーと某bayを物色していたらとてもよいものを見つけた。
s-l1600



LEMANIA 2980、機械式アラーム時計である。この2980はオメガ980にも採用されているムーブで、つまりは僕の超愛用時計のOmega Memomaticのムーブそのものである。

そういえばフェースもなんとなく似ている・・・!! 
s-l1600 (6)

こちらがメモマチック。(指紋ついてしまった)。バーインデックスと夜光のとことか、秒針とか、そのまんまである。


めちゃくちゃカッコヨイなー。これがSSならもっとかっこよかった。皮バンドも、こんな2ドルで買えそうなやつじゃなくてもっと高級なのをしてほしい・・・せっかくなんだから。。。。

s-l1600 (5)

s-l1600 (4)

s-l1600 (3)




 
s-l1600 (2)
 
s-l1600 (1)
 

お値段9万円也。僕が5年くらい前に手に入れたMemomaticと同じくらいの価格だなぁ。

http://www.ebay.com/itm/Vintage-Mens-Lemania-Alarm-Automatic-Wristwatch-Large-39mm-Watch-cal-2980-/222061936019?hash=item33b3ec3d93:g:HH0AAOSwXshWrgP2 





以上、レマニアのマニアックなムーブ搭載モデルのお話でした。

MEMOMATICのヒゲゼンマイ修正  後半

カテゴリ:
さて、元気に時計が動き出して力が抜ける。でも、正確に動かすために調整に入る。

分かりにくいが、マイクの上に置いて音を拾っている図である。


これを、パソコンのソフトにかけると…

この様に歩度がでてくるので、いろいろ調整するのである。


上図では、二本の線が横に伸びているが、この、二本が離れすぎているのである。これはビートエラーを示す、らしい。


ヒゲ持ちをものすごくゆっくり動かして、調整。この赤丸の中の左側の部分である。


そうすると…




だいぶ狭まった。さらに微調整。




この辺でよかろう。


あとは、この線ができるだけ水平になることで、進みと遅れが少なくなるという仕組みである。

これは、緩急針を微調整する。先の図の赤丸の中の右側の部分である。
少し遅れている。まだまだ調整。


ビシィっ!!


よしよし。

姿勢差もチェック。
文字盤下。



若干進む…が、まぁこんなものだろう。ヒゲゼンマイ手修正であることを考えれば上出来!!



オメガ
メモマチック、復活!!!


一生手放すことのない一本であるだけに、感激もひとしおでございましたとさ。

MEMOMATICのヒゲゼンマイ修正  前半

カテゴリ:
むかーし、歩度調整をしようとして勢い余ってヒゲの形を変えてしまい、不動となっていたオメガのメモマチック。

意を決してヒゲゼンマイの修正を思い立った。

素人がヒゲゼンマイをいじるのは大変危険である。髪の毛より細い針金が、計算され尽くした曲線を形作り、時計の心臓部として絶えず稼働する部分である。
素人が触ろうものなら悲惨な結末になるのは火を見るより明らか。

が、壊れたらその時は新品のヒゲゼンマイを買おう…と踏ん切りがついたので、なおしてみようと試みる。


裏蓋を開け、ローターとスペーサーを外す。一つ確実に言えるのは、ローターをつけた状態で歩度調整をするべきでは絶対にないということである。

必ず、自動巻機構、テンプ周りの邪魔な部品を外してから歩度調整をする。



ここから、テンプ受けを取り外す。
出てきた。


お分かりだろうか、ヒゲゼンマイが偏ってしまっている。これでは正確な振動などできるわけもない!


図中の赤い線の交点が、ヒゲゼンマイの本来の中心点。大きく左に寄っている。

これは、ヒゲ持ちを急激に動かしたことでヒゲゼンマイの形が変わり、なんとか治そうとしたらさらに悪化してしまったものである。

これを拡大率の高いキズミで見ながら、ピンセットで直すのだが、直す前にどこをどのくらい曲げればよいか超真剣に考える。

本来なら顕微鏡を使って直すものらしい…


そして意を決して、ココ!ってところをピンセットで慎重にひん曲げる。南無三。


これが…

⬇️

こうなる。


ほっ…


横からも見て、傾きや広がりをチェック。奇跡的にうまくいった、気がした。


さて、載せて動かしてみるのだが…


その前に天心ホゾと受けに注油。下に見えるフォークみたいな形のやつがアンクル。左に掘られている文字は、オメガのロゴΩと、この、機械のキャリバーナンバーである980。


テンプを載せるのは、時計をいじる中でもとても重要で難しいステップである。
いつも緊張する。
受けを乗せたところ。ネジ止めする前に、必ずテンプをつつきながら問題なく振れる事を確認する。ここで、天心がホゾ穴に入っている事を何度もなんどもしつこく確認する。天心ホゾを折るというのが、最も絶望的な失敗であるからだ。


絶対にOKと確信を持ってから、○印にある受けをネジ止めする。これも、少し締めては振れ確認、少し締めては確認…と、とにかく慎重に…




元気に振れ出した!!


…この感動は、時計をいじった人でないと分かるまい。ずっと止まってたお気に入りの時計が動き出したのである。…感動だ。


後半へーつづく。

オメガ三兄弟

カテゴリ:
送別を兼ねて同僚と写真を撮る。

ついでにオメガのかっちょいいGMT時計を巻いていたので手持ちの二本のオメガとこちらも記念撮影。

いいなぁ。コーアクシャル、一度は中身を見てみたい。つーか、一本欲しい。

コーアクシャルで memomatic でないかoなー…

左から、

f300
Seamaster GMT
memomatic


このスリーショットも相当レアであろう。


モノクロちっくに。


ふと付けさせて貰った。

かっちょよい!!デカめなのに、フィット感があり重さを感じない。一つ一つのパーツが丁寧に作られているからであろうか。


T君、新天地でもがんばってー

機械式でもクォーツでもない OMEGA f300

カテゴリ:
スペシャルな一本。音叉時計、というんだっけ?ebayで久々の大ヒット(未遂)。


OMEGA ELECTRONIC f300

カッコ良い!!めっちゃ良い。

音叉時計は、機械式の時代とクォーツ式の時代の狭間に生まれた機構で、電圧をかけ音を出し、その音で音叉を振動させることで爪が歯車を送り運針する。

ブローバが有名だが、この時計はまさにブローバ製ムーブメントとのことである。

シンプルなダイアルに凝った針、洗練されたロゴ、文字デザイン。言うことない。完璧だ。

欲しすぎる。


そして寝坊して落札忘れのパターン。
どうにかならんかな、この癖…



さすがオメガ、ちゃんとムーブは赤胴色である。

この時計には複数のタイプがあるが、この形、この色、このダイアルが最もカッコ良いと僕は思う。



以上、逃した魚はf300の巻をお送りしました。

このページのトップヘ

見出し画像
×