カテゴリ

カテゴリ:Vulcain

おひとり様上等 / 愛用時計とフレンチ

カテゴリ:
世間では、一人焼肉だ一人カラオケだと生温いことを言ってはおひとり様上級者などと言うらしいが、なめられたものである。一人焼肉などは肉好き、韓国料理好きにはもはや常識。
僕は駆け出しの頃は風邪を引くたびに近所の焼肉屋に1人で駆け込んでたんまり韓国料理を食い、たんまり寝て、翌朝には治していたものだ。

さて、今回はおひとり様愛好家の読者諸氏でもあまりしたことが無いであろう、

ぼっちフレンチ

である。


食前酒は、メニューを熟読しながら嗜む。
バターは冷えた石の入れ物に詰められていてお洒落で機能的。
IMG_2052
時計は
Vulcain cricket nautical
キチンとした店にもキチンと付けて行ける、どこに出しても恥ずかしく無い時計だ。

まず頼んだのはロブスターのスープ。
濃厚なエキスが芳醇なロブスターの香りを放ち、甲殻類好きには堪らない。口に含むとそれが一気に身体中に広がり、脳が"コレ今美味いもの食ってるで!"モードに即時に切り替わる。
ぼっちフレンチを迷いもなく敢行するこの僕の旺盛な食欲を諌めてくれているようだ。

口に含む前から喉を通過した後まで、僕は旨味の深いスープと、柔らかなロブスターの身の口触りの虜になった。一口目から最後のスプーンにいたるまでまるで顔の目の前でロブスターが微笑んでいるかのような錯覚を覚えた。
IMG_2055

付け合わせにはチーズオニオンバゲット。
コクx香りの組み合わせに、メインばりの満足感を覚える。

IMG_2057


しけしここで満足するわけにも行かないので、気休めにパテを注文。
絶妙の塩加減で、ジューシーさの中にも爽やかさのあるパテ。
本場フランス仕込みのバゲットをペロリといってしまう、危険物である。

IMG_2060


と、ここで徐(おもむろ)に登場したのはメインのアントレであるビーフウェリントン
キタ!つーか、デカっ!!デカいって!!
IMG_2065

これはどんな料理かと言うと、ビーフステーキをフォアグラなどで作られたデュクセルというドロッとしたソースで覆い、その上からパイ生地で焼き上げたもの。それを写真のようなソースに付け合わせて食べる。

…この文章だけでも美味いのが伝わるだろうか?
そう、これがめっちゃめちゃ美味いのである。

ただ美味しいというのではなく、めっちゃめちゃ美味い。

まず、サックリとしたパイ生地にナイフを入れ口に運ぶと、パイ生地のフワっとした感覚がまるでフライ級ボクサーのジャブのように一瞬で消え去り、すぐに繰り出されるフォアグラの強烈なパンチに舌が完全にグロッキーになった。背徳感をそそるこの濃厚な口当たりは、まるで研ぎ澄まされた右ストレートのようであった。

ようやくフォアグラの味が去ったと思いきや、間断もなく襲いかかるは程よくミディアムレアに焼き上げられたビーフ。
実はパイ生地、フォアグラのデュクセルなど一口の中のほんの1/4に過ぎず、その後はひたすらビーフの旨味との闘いとなる。

柔らか過ぎず、硬過ぎず、僕の顎を独り占めして離さない。
そろそろ顎を止めようか…と考えたが、ここで効いてくるのが皿に大量に注がれているソースである。

そうだった、僕は一口目とともにソースも口の中に運んでいたのだった。

ようやく口の中でビーフとソースが解け合うことで、まるで僕の口が欲していたものを知っているかのように、肉とソースはお互いを引き立てあいながら、旨味のスパイラルを形成する。

ただひたすら牛肉は美味い、そういうシンプルな事実、そう、誰でも知っているごくごく根本的な事実を思い知らされるのであった。

ロブスターやパイ生地、フォアグラなどに魅了されていたのはなんだったのか。夢や幻ではなかったか?"牛肉は美味い"、こんな事を忘れて僕は何をしていたのだ。

フォアグラの痛烈パンチを浴びた後のグロッキーな僕は、ビーフとソースのコンビネーションにいいように翻弄されてしまった。

短いリングがなり、ようやく相手の攻撃が止んだ。
一口目を完全に咀嚼し、嚥下したのだ。

これでやっとラウンドワンが終わったのか?こんなのをあと何ラウンドすれば良いというのだ?!

この写真、ビーフもデュクセルも美味そうに見える…だろうか?
IMG_2082

あとはただひたすらに美味い飯と戦い続ける。

ほんとうに、スプーンを口に運ぶたびに旨味が口中で大暴れするのである、解ってはいてもたまったものではない。


数ラウンドを重ね、
白ワインで一休み。ビーフなのに白?!と思うかも知れないが、これでよいのだ。

ふ、と。グラスを傾ける時に、愛用の時計が目に入る。ワイングラスの輝きを静かに写し、ブレスのコマとコマの擦れ合う静かな音を立てる。

そうか、ぼっちではなかった。僕はこいつといたのだ。
ハードな1日を共に乗り切ったこの相棒とフレンチを楽しんでいたのであった…

IMG_2071


メインが去り、デセールなど楽しむ余裕がないほど満腹感と満足感に浸された。

幸せである。フラ語で言うとウールーである。トレウールーである。
IMG_2083


…フレンチはなんとなく敷居が高いが、型にはまっているので意外と気軽に楽しめる料理である。是非みなさんも愛用の時計と水入らずのフレンチライフをエンジョイして頂きたい。


以上、愛用の時計とおひとり様フレンチでしたとさ。

雨のVulcain Cricket Nautical

カテゴリ:
雨だー
IMG_2125


外は雨
IMG_2130


ここの朝飯はバゲットがまじでうまい。
が、折角の特等席の眺望も、雨のせいでこの通り。
IMG_2136

時計は、バルカンのクリケット ノーティカル。黒文字盤、ほんとナイスである。ロリポップ秒針も大変よい。風防に映る四角い窓にはやはり雨雲…
IMG_2137



なんか写真加工機能が無くなったのはマジでイマイチだなー、livedoorブログ…。止むに止まれぬ事情があったのであろうが、まともにブログが書けないので何とかして欲しい所である。

Eric Kayser のクロワッサンウマー

カテゴリ:
カフェの投稿が続いてしまったが、シャレオツカフェで昼餉など。2日連続でカフェなんて贅沢であるが仕方なし。

パン屋チェーンのエリックカイザーに行ったのだが、ここのクロワッサンが美味すぎる。

これはチョコクロワッサン。この時点でかなり美味い。でも普通のクロワッサンの方がシンプルで食べやすい。
どちらも食うべし。
IMG_2249

時計は昨日に続いてバルカンクリケットのノーチラス。カッコ良すぎ。なんでこれあんま話題にならないのだろう?
ダイバーズモデルの中でも珠玉の名作と言えると思うのだが…バルカンがマイナーだからだろうか…
IMG_2251
ちなみにリューズは三つ付いていて、上からアラームセットボタン、時刻、アラーム設定竜頭、そして減圧時間を計算するためのインナーダイアルを回すための竜頭。


美味すぎたので買い足して持ち帰り。

食い意地が張っていかんのう。
IMG_2303
真ん中上がシグネチャーのクロワッサン。マジうま。

自宅のオーブンでパンを焼きなおすときのコツは、余熱のみで焼く事。これを知らないと人生の四割くらい損する。

五分くらい空のオーブンをつけておいて、スイッチを切ってからパンを入れてさらに五分待つ。これでしっかり焼けるので不思議だ。

もっちりカリフワで美味しゅうございました。

Le temps du café!  With Vulcain cricket nautical

カテゴリ:
タイトルはコーヒーの時間!という意味のフランス語。グーグル先生より。

そのまんま、バルカンのノーティカルとともにコーヒーを。

壁が曲がっていて三面に窓がある。どことなくヨーロピアンテイストな空間…
IMG_2018

なかなか洒落乙な店内でありました。

特にこの部屋、鉄格子の中に石を入れて壁にしている!初めて見た。モダンである。
IMG_2014

と思いきや反対側はこんな感じでアンティークなチーク材も取り入れている。
IMG_2019

コーヒーも美味しゅうございました。

バルカン クリケット ノーティカル in 白黒

カテゴリ:
かっこよい…



モノクロは特によいね!



竜頭側。
オリジナルは確かダイバーズちっくな格子柄の竜頭だったと記憶しているが、復刻版は、vをかたどったブランドロゴが描かれている。

ブレスの質感は素晴らしいのだが、やはり重いのではやくシリコンバンドを探してあげたい。
純正のものがあれば一番いいのだが、果たしていつ見つかるものやら…

SINN EZM3とのツーショット。
どちらも良い…😭



アラーム時計好きとして、畏敬の対象であり続けるモデル

カテゴリ:
アラーム時計。鳴り物とも言われる。僕はこの機構の時計が大好きで、クロノグラフとかより好きである。

他の多くの機能と同様に実用されることはあまりないのであるが、動力源として慣性のみ使って動作している腕時計に、さらに指定した時間に音を鳴らす機能を盛り込むなんて、離れ業にしか思えないから、だ。

時計は通常、視覚を通して使用するものである。しかしアラームは、主に聴覚に訴えかけるため、五感の仕切りを超えることのできる、(複雑な時計を除けば)ほぼ唯一の実装である。

そんなアラーム好きの僕が尊敬してやまないメーカー、Vulcain。世界で最初にアラーム式腕時計を発売したメーカーであり、今もその矜恃を絶やさぬままアラーム時計界に君臨している。

そんなバルカンの中でも一際異彩を放つこのモデル、

Vulcain Cricket Nautical

ダイアルに施された目盛り、カレンダーのように文字盤下にセットされたディスクは、潜水時の減圧時間の計算を簡単にするものである。赤い矢印がアラーム針。文字盤の読み方はおいおい書こうと思う。

これはロレックスのサブマリーナやオメガのシーマスターなどと同じくダイバーズモデルと言われるものなのだが、見た目もコンセプトもそれらとは大きくかけ離れていて、ダイビングに馴染みのない人には理解不能な、しかし実際やる人には欠かせない浮上時の各段階での減圧時間を確認できるという、とても尖ったコンセプトをもつ。

僕の知る限り、減圧時間を知ることのできる時計はほんの数種類しかないはずである。

オリジナルの発売は40年以上前であるが、これは復刻モデルとなる。オリジナルはもう二百万円は越える値段で取引されているので、とてもではないが手が出ない…

時計本体は見たらわかる通りかっこ良すぎなのであるが、意外と五連ブレスがとても良い!!昔触ったブライトリングのモンブリランのような上質な質感が感じられる!


竜頭も、ドーム型のガラス風防もかっこいい!

ファンに嬉しいロゴ入りバックル。


裏面に空いている穴は、アラームが作動した時に音を鳴り響かせるための空間である。他のアラーム時計にはないこの機構のおかげで、バルカンのアラーム時計は他とは一線を画す、ボリュームのある音を鳴らす。ほんっっとにうるさいのですw

余談ではあるが、ステンレスブレスには、細めの革ブレスを併せると装着感がソフトになり、かつ動きも固定されるのでブレスへの負担が減る。オシャレのためではなく、実用のためにぜひ一つは細めの革ブレスを買いましょう。


かっこよすぎる…!革のバンドを選ぶのも楽しくなりそうだ!




歴史的一本、バルカン クリケット

カテゴリ:
Vulcain
Cricket

時計好きなら知っている人もいる、元祖アラームウォッチの製造元が、VULCAIN (バルカン)である。これは代表モデルのクリケット。年代はわからないがおそらく五十年はたっている…のか?

アメリカ人の遺品整理のものを買わせて頂いたものだが、状態の良さに驚くばかりである。精度も良く、なによりけたたましいアラームの音量は時を超えて時間の普遍性を歌い上げるようだ。


ダイアル(文字盤)にも様々な種類があり、これはバーインデックスと数字が交互に配置されている。外周にはアラームセット用の目盛りが印字されているが、どれもくすみもこすれも全くなく、とても美しい。


鳴り物好きとしてはまず外せない一本であり、これがアラームウォッチの歴史そのものでもある。

裏もこの通りピッカピカ!!

二重底になっていて、アラームが反響して音量を上げる狙いである。これがほんとうに凄まじい…!

これが鳴り出すと皆驚いてこちらを見る。おそらく、五十年前から同じようにいろんな人を振り向かせてきた時計だろう。


市場ではあまり高値はついてないですが、その分状態が悪いものも多くこのレベルのものを見つけるのはなかなか時間がかかりました。


いつの日か、これを巻いている時に誰かに『それ、クリケットですか!?』と、気づいてほしいなあ…



このページのトップヘ

見出し画像
×