カテゴリ

カテゴリ:Bell&Ross

R. I. P. Helmut Sinn  その時計哲学を偲ぶ

カテゴリ:
僕も大好きな質実剛健を追求するドイツブランド、Sinnの創業者であるHelmut Sinn氏が、102歳で亡くなられたのことだ。

GUINAND
https://www.guinand-uhren.de/home-en.html

ヘルムート ジン、2108年2月14日没、享年102歳。亡くなられる直前まで現在手がけられているGUINANDでの時計開発をされていたとのことで、その情熱たるや余人の及ぶところではない。

FullSizeRender

僕はあまり時計をブランドで選ばないのだが、気づくと手元に溜まっているブランドというのが確かにある。Sinnがまさにそうだ。

作り手のメッセージを雄弁に物語る時計は、本当に少ない。Sinnは、一にも二にも実用性を追求し、かつドイツらしい機能美を備える時計を作っていた。

汎用ムーブを載せて高く売るETAポン時計と揶揄する向きもあったが、Sinnに関してはそれは的外れであると僕は思う。ジンほどのメーカーなら、自社ムーブメントを作ろうと思えば難なく作れたと考えるのが自然である。

しかしそれには当然価格の高騰も伴うし、信頼性を担保するのに多大なコストと時間がかかってしまうだろう。結果、本当に時計を必要とする多くの人たちにとって、雑誌やSNSで眺めるだけの"雲上"時計になってしまう。そうなると、実用性からは遠く離れてしまう。

しかし、既に広く生産、販売されているETAを活用することで、まず値段を抑え実用する人々の手に届きやすくしたこと、そして耐久性、精度の信頼性を高め予測不可なエラーを可能な限り排除したこと、最後に、究極的には部品が壊れたら町の時計屋さんでもムーブごと取り換えることも容易な程の高メンテナンス性を確保すること、この三点において明確に選択された判断であると考えるのが妥当だ。

ムーブに余計な手間をかけず、しかし実際に使用者の手に触れ、過酷な環境にさらされる外装へのこだわりは他の追随を許さない。

ケース、オイルを含む素材の独自開発、ガスやハイドロ注入などの画期的な防水機構、エンジンオイルに触れても腐食しない特殊パッキンの採用、抜群の視認性、そのいずれも全ては利用者に信頼して使ってもらうためのとてつもない工夫と努力、そして何より投資の産物である事を忘れてはならない。

大手資本に与するを良しとせず、様々なイノベーションを産み出し、徹底的に現場に寄り添うその姿勢は、多くの日本人の共感を買うところであろう。

ジンは、もっともっと、日本人に愛されるべきブランドだ。

実際に使う人ほど、それを強く感じさせられる。時計に特に信頼性を求める人たちには、ぜひ使ってみて欲しい。


氏の遺志が、数々の実績が、戦火を潜り抜けたパイロットという伝説的な逸話が、何より氏の育てた多くの人間と彼らの作り出した時計の存在そのものという光跡が、これまでもこれ以後も時計に関わる全ての人々を照らし続けると信じている。


ご家族をはじめ関係各位のご心痛をお見舞い申し上げると共に、氏のご冥福をお祈りします。


◇愛用しているSinn 256
IMG_20180216_091629


◇Sinn EZM3
IMG_1662



◇Bell&Ross Vintage 126
FullSizeRender









Bell&Ross vintage126 はとても良い

カテゴリ:
ベルアンドロス、気鋭の時計メーカーであるが、その実はSINNと時計製作を始めるなど質実剛健な気風も備え持つ。そんなベルロスのクロノの中で、ひときわ良いのがこれ。

Vintage 126

左右二つのインダイアルは古風で、硬派なデザインである。それに加えて針の形状やインデックスバー、ドット形の夜光など、伝統的なデザインを取り入れた意匠となる。

竜頭にはベルロスのロゴ入り。プッシュボタンもオールドテイストで素晴らしい。
FullSizeRender


白い針が白シャツによく映える。
FullSizeRender


ただ、個人的には、風防がガラスなのがいまいちポイントでもある。無論サファイアガラスは美しく高級感があるのだが、風防はプラスチックの方が味があるし、磨けるので小傷を気にせずガンガン使えるため好みである。
FullSizeRender

なお、ムーブメントはETA7750ベースで、精度、メンテ性は折り紙つき。

純正バンドの質も素晴らしい。個人的にはブレスよりこの革バンドの方が好みだ。
FullSizeRender
この精悍な表情!グレード感があり視認性も高く素晴らしい、間違いなく傑作…


…以上、とてもかっちょよいベルロスのクロノのご紹介でした。




ベルロス ビンテージ126 歩度調整

カテゴリ:
日に1分ほど、遅れるのが気になっていたためようやく調整に思い立つ。


ETA7750、ハイビートのムーブである。裏蓋を開けてみると中はやはり美しい。考えてみれば、裏スケの時計ってこれしか持ってない。

実際使うまではETAポンだのなんだの考えていたが、時計で大事なのはムーブだけではなくムーブの固定やポリッシュを含めた全体的な仕上げである、と、たくさんのジャンク時計を直していて痛感する。

このベルロスビンテージは、良い意味でその認識をあらたにしてくれる一本である。作り、質感、剛性、グレード感、デザイン、どれを取っても素晴らしい。

Bell & Rossは、外観からすでに好きであったが、使ってみて、開けてみて本当に好きなブランドとなった。


緩急針、ヒゲ持ちをピンセットで慎重にいじる。


びぶ郎にかけて…


うん、いいんでなかろうか?



姿勢差もあるだろうから、しばらくこれで様子見といこう。






息子の入学式、BELL&ROSS Vintage126と。

カテゴリ:
過日、晴れて小1となった息子の入学式へ参加してきた。

お供はベルロスビンテージ126。イベントの時には正確な時刻を一瞬で読み取ることが大事だが、まさに視認性に優れたこの一本は最適であった。

つーかこの少子化のご時世、一学年15クラスってとんでもないマンモス校だ…、と思ったら一クラス30人弱の人数であった。

それにしたって多いよなぁ。


…うっかりNATOストラップのままであったが、ネクタイが同じような色であったためまあ良いか。


分かりにくいが、色の合い具合は結果オーライである。ネクタイとストラップの比較。
 


ベルロスの原点はドイツのSinnという時計メーカーにあるが、このメーカーは、時計ではなく計測機器を作っているというスタンスをとることで有名である。機能美を地で行く、日本ではあまり有名でないながらも素晴らしいメーカーである。

そして、ジンより継承された実用性の高さを最大限尊重しつつも、洗練されたデザインで攻めてくるところがベルロスの魅力だ。

この時計、この先端の形がにくいのである。スーパー読みやすい。

この形状なんという名前なのだろうか。



以上、しばらく使いっぱなしの一本でございました。

ベルロスビンテージにNATOストラップを

カテゴリ:
2016-04-02-10-57-00


朝の一服とともに。


NATOストラップ、よいねぇー!一度使うと皮ベルトには戻れない快適さ。

2016-04-02-10-59-27



ぶっ壊れたiPhoneと。


この写真は昔使ってたiPhone4でとったのだが、ProHDRというアプリがかなりいい感じである。

2016-04-02-10-57-46

NATOストラップのこの色は、007でジェームズボンドがロレックスサブマリーナに装着して使用していたため、JBカラーと言われる。

ぴりっとしててかっこ良い。


おきにのキャップと.
2016-04-02-11-06-21



以上、
やたら視認性がよくヤミツキになるBELL&ROSS vintage 126でした。

カッコ良すぎる!Sinn のベルロスクロノグラフ 256

カテゴリ:
何も言わずにこれをみて欲しい。


良すぎる。

カッコ良すぎる。


黒文字盤に色あせた蛍光インデックス、調和のとれたオレンジのクロノグラフ針や積算計、極太のつや消しベゼル。

Bell&Rossがまだ無名の弱小メーカーのころ、創業者が名門Sinnの門を叩き、その情熱にほだされたジンがベルロスとのダブルネームで販売した一品。

モデル名は256、ムーブはValjoux 7750 



イイ。






よすぎる。
めっさ欲しい。


いつか手に入れたいカッコ良い一本でございました。

このページのトップヘ

見出し画像
×