カテゴリ

カテゴリ:ベルト•ストラップ•ブレス

Gay Freres bracelet for Memovox E855 を磨く

カテゴリ:
という訳で、じゃあ今度は磨いてみようという試み。

とは言っても素人なので、全部バラして各ピース磨いてまた組み直すなんてことはできない。手元に超音波清浄機もない。

ので、さらさらと流水で注ぎ、ブラシでこすり、キレイキレイで病原菌を殺しw、拭き取ったあと全体をざっくり磨くという程度のものである。


早速キッチンペーパーにサンエーパールをつけてこするの巻。写真、半分から右側だけこすったあと。

んん〜…。わからん!わかる?


別角度。右側の方が気持ちピカピカして…ない?

まあいいやということで、このノリで全部磨く。あまり変わらない見た目とは裏腹にものすごい汚れが取れた。このベルト、どんだけ放置されてたのだろう!?


んで、次にバックルへとすすむ。バックルとは、留め具。

これが購入時の状態。

まず、バックルの上下端に入っているラインに、磨きを入れる。サンエーパールをつけたティッシュで挟み込んでみがく。

これが上側だけ磨いた写真。これは分かりやすい。


んで下側も同じように磨いたあと、次に、バックル中央の部分をみがく。ここはネットの他の個体を見る限り、サテン仕上げのようだ。

なので、ヘアラインを入れるためのスポンジヤスリで、横一直線にひたすら擦る。JLのロゴの部分、本来ならきちんと目張りをして養生するのだろうが、面倒なのでそのまま避けて擦る。

終わり。
結構マシになった……


ような気がする。




地味に弓環磨きが大変だった。


マイクロリューター欲しいなぁ…
電気ドリルで代用できないだろーか……


最後に、ゲイフレアーブレスのトレードマークの鹿さんマーク。なんで鹿なんだろなぁ。

ゲイフレアーブレス装着、Memovox E855

カテゴリ:



ついに!

Gay Freres社製ブレスの到来である。

カッコヨイー



このメモボックスのフェースデザインはあんまりすきではなくたまたまジャンクが手に入ったから直して使ってるのだが、こうして装備をそろえると段々愛着が湧いてくる不思議。

なーんだ、どっちでもかっこよかったんじゃないか。


どっかの掲示板に、ゲイフレアーブレスは軽くて傷つきやすいからなかなか残ってないとか書かれてたが、ほんとに軽い。軽いけど、安物ブレスのようにカチャカチャしておらず、擬音で言うなら、シャラシャラしている。

シャリシャリ、か?


サラサラ、か?


…まあいいか、追って磨いてコマ外ししよう。


SUUNTO CORE ALL BLACKでサッカー!

カテゴリ:
もう三代目のウレタンバンドである。
⬆️
純正品は黒メッキの尾錠であるが、これは取り替えたもの。純正尾錠残しとくんだった…めちゃめちゃ後悔。


本体は気圧センサーはぶっ壊れてしまったものの、購入五年目でも極めて順調に動いてくれている。


運動する時にはこれをつけたり、外したり。さすがに機械式時計では運動はできないからなぁ。


…ま、、運動する時に腕時計の必要性がどれほどあるかは知らんけど。


ボリューミーでカッコヨイー

HP-01のブレス長さ調整

カテゴリ:
について書いている記事がないので書いておこう。

Hewlett Packard 
HP-01
言わずもがなの、販売から40年経過した元祖スマートウォッチである。カッコよすぎる。ピッカピカである。

Goldモデルもあるのだが、なんといってもこのステンレスシルバーの方が何倍も格好いい!


この時計のブレス長さ調整について。


この時計のコマはとてもおもしろくて、ハンマーが要らない。なんと、各コマにスプリングが内蔵されていて、それがコマと噛み合って固定されている!のだ。すごっ。

汚くて申し訳ないが、この、真ん中のくぼみの中にスプリングがある。


以下はスプリングを押しているところろ。垂直方向に向いている。

なので、この窪みに針を突っ込んでスプリングを押し下げ、コマをスライドさせるというやや器用な真似をしてコマを取り外しする必要がある。


ブレスとコマ。
非常に珍しいショットではなかろうか。


この窪みにスプリングがはまって固定される。


以上、HP-01のブレス調整について、でした。


_____________________________
*In case you would like to read this article in English, please inform to me by comment or mail. 

ベルロスビンテージにNATOストラップを

カテゴリ:
2016-04-02-10-57-00


朝の一服とともに。


NATOストラップ、よいねぇー!一度使うと皮ベルトには戻れない快適さ。

2016-04-02-10-59-27



ぶっ壊れたiPhoneと。


この写真は昔使ってたiPhone4でとったのだが、ProHDRというアプリがかなりいい感じである。

2016-04-02-10-57-46

NATOストラップのこの色は、007でジェームズボンドがロレックスサブマリーナに装着して使用していたため、JBカラーと言われる。

ぴりっとしててかっこ良い。


おきにのキャップと.
2016-04-02-11-06-21



以上、
やたら視認性がよくヤミツキになるBELL&ROSS vintage 126でした。

NATOストラップ買い足し

カテゴリ:
あまりの快適さに、追加購入。

三つに増えた。

本当は昔買った青と黄色のやつもあるのだが、どこに行ったかわからない、


中央のが元々持ってたやつ。店員によると、左側の赤白黒のやつは本物、右の黒とグレーのものは中華製らしい。本物はフランス製といってたが、本当だろうか?

確かに、中華製のものは圧着ではなく縫われている。また、金具の柔軟性がない。品質は確かに違うが、比較しないとわからない。まぁ、縫い目は相当雑だなぁ。

このように、一見似ている。

こいつらが本物。

あと、違いとしては中華製のものは、臭い。悪臭というほどでもないが、ナイロンの匂いがする。

本物二つは、全く臭わない。

あと、中華製は短い。


本物。ジャケットなどの上からでも十分に取り付けられる長さ。

これはこないだジャンクを買って修理したウイットナーの手巻き時計の色に合わせて買った。

青焼きの針、赤い秒針、クリーム色に退色したダイアルに見事に合っているのではなかろうか。



以上、NATOストラップ買い足しのお話でした。

このページのトップヘ

見出し画像
×