カテゴリ

カテゴリ:Wittnauer

お好み焼き

カテゴリ:
こちら、自称広島風お好み焼き定食。
IMG_2697

お好み焼きはもはやツッコミ所満載とかいう次元を超えて触れてはいけない系のオーラを放っている…のはいいのだが、

その右に佇むは、なんとオニギリ。


オニギリて。お好み焼きにオニギリて…


あと、味噌汁とサラダ、漬物も付いていた。


…そして悔しいことに、これがまた意外と合うのであった…。

白米がソースの味を中和するなど、良い仕事をしていた。肉野菜炒めと化したお好み焼きが、もはや白米と合わないわけがないのである。

しかしこーいう、お好み焼きに良く似た物を食べると、本物が恋しくなるばかりである。

広島のお好み焼き、食いたいなあ…広島に住んでいる全ての人が羨ましい…。


特に、中小企業で昼休みには全社員7、8名で近所のお好み焼き屋にのんびり食べに行く人達とか、めちゃめちゃ羨ましい…



関係ないけど去年行った伝説の名店@広島、ドバイーでの一枚。メニューはヤング風という。チーズハンバーグかお好み焼きの上に乗っている。うますぎ。⬇️
IMG_6068


Wittnauer Futuramaのプラ風防が売っている!!

カテゴリ:
ebayで。
FullSizeRender

ウィットナーの名作であるこの時計、レトログラード機構を備えており、針が最下部まで到達したら瞬時に跳ね上がる仕組みになっている。
僕は時計を好きになる前からウォッチズモというサイトでこの時計を見て以来大ファンであった。手に入れた時は感動したものだ。

特殊な形状ゆえに特に外装パーツの代替品などないと思っていたので、傷つくのが怖くてほとんど使えないままでありました…

前の記事で載せた写真👇
image
めちゃめちゃかっこええ…

image
タンタンとFuturama


…のだが、不意にebayで風防だけ売ってる人を見つけた!

出品物のスクショ👇
FullSizeRender
FullSizeRender

お値段約六千円なり。ちゃんと日付のところもレンズになっている。五個あるそうで現時点でまだ一つも売れていないw

日本に一体何人いるのか分からない(全員集めても小学校ひとクラス分ほどではなかろうか?)が、この時計の愛好者様方、風防にお困りでしたらこの機会をお見逃しなく…!!

Wittnauer 手巻き時計の美しいリーフハンズ

カテゴリ:
雨の中…




むかーし、某bayでかったジャンクの中に埋もれてた一本。初めて自分でバラして洗浄、組み立てして動いた時計であるので、思い入れもひとしお。

雨あがる。




なんの変哲も無い三針時計ながら、時針と分針はとても美しいブルースチールのリーフハンド。


ケースのメッキは剥げかけ。


なんとか文字盤綺麗にして、生まれ変わらせてやりたいのだが…


ドキドキ電池交換 ⚡️エレクトロクロン⚡️編

カテゴリ:
ドキドキ電池交換シリーズ!


Wittnauer electro-cronの電池交換。


ちなみに、シリーズと書いてあるが、他にはHP-01、Omega f300などがある。

ビンテージ好きだと、必然的に電池交換はスリル満点になってまうんよなー。もしダメだった場合、機械が複雑で、故障箇所がわからんから治しようがない。




裏蓋をあけ…


段ボールで自作したスペーサーから電池を剥ぎ取り、


入れて蓋して完成。


ふー、やった。無事に動いた。マジ嬉しい…




というわけで、昼飯に連れて出ました、とさ。

Wittnauer Electro-Chron めっちゃいい

カテゴリ:
タイトルで完結しているが…



Wittnauer Electro-Chron

電磁テンプ式の時計で、簡単に言えば電池の力でテンプを動かす、機械式とクオーツ式の時計の狭間の時代に生まれた一本である。

伝説のメジャーリーガー、リチャード・バートルがヤンキンスのオーナーからプレゼントされ、ジュリアーニ元ニューヨーク市長の手を経てオークショニアに渡ったモデルが、一万ドルで落札されたと言う逸話もある。


輪っかに見えるのは時針。秒針も分針もイナズマ針、おまけにロゴまでイナズママークという奇天烈なデザインで、めっちゃめちゃカッコ良い。

耳を近づけると、ものすごく元気の良いチックタックという音がして、温もりの感じられる時計である。動作品はかなり珍しく、出てくるものは動作しないものが多い。

茶色ストラップにしたりして…

ウィットナーは別に贔屓のブランドというわけでは全然ないのだが、これで多分三本目である。アメリカブランドの雄である(あった)ウィットナーは、先鋭的なデザイン、機構で、素晴らしい時計作りをしていたのであった。もっと有名になっても良いのになー…


以上、珍しいエレクトロクロンのご紹介でした。

このページのトップヘ

見出し画像
×