カテゴリ

カテゴリ:Maintenance

エンポリオアルマーニの時計を預かる…驚きみが深い編

カテゴリ:
友人Nくんから預かったこの時計、外装の傷を少し取ってやろう…と思いバラしてみることにした。

見た目はこんな感じの渋さ。
皮バンドの質感が大変良い。かっこいい。

Emporio Armani
IMG_3663

いわゆるファッションウォッチ的な感じなのだが、意外とこれがなかなか良い。

IMG_3664
小ぶりなダイアルにシャープなバーインデックス、夜光が一切ないという潔さ。
そして何より目を引くのは、一見トゥールビヨン的な位置に配置された、両持ちテンプ。


裏側。
IMG_3665
グレード感の高そうなムーブメントである。オメガの如き輝きを放つムーブメント、丁寧なコートドジュネーブ紋様…


すごいなぁ、よくできてるなーと思いながら、まずは少し錆びた裏側のネジを取り外しにかかる。 
 
少しきつかったがなんとか外れた。そして軽く抉って裏蓋を開け衝撃を受ける。

IMG_3685


!!!!!


裏側のガラスが、色付きやん!!!!!


…初めて見た、ガラスに色付きの時計。

サングラスかて!

岐阜出身の先輩が、"〜かよ!"というツッコミの時に"〜かて!"と言っていた史実による


外して見たらこの通り、ごく普通のムーブであった。なんならコートドジュネーブか浅く表面的で、あんまり綺麗ではない…その他のパーツの仕上げもソコソコである。
IMG_3667

そりゃそうだ。なんか騙されたなぁという感じと、よくもこんな工夫をしたなあという気持ちで爽快みが深い。

裏を返せば、持ち主くらいしか見ないであろう裏側にもこんなトリックを仕込んで見てくれを向上させているくらいなのだから、ある意味ユーザーのことをキチンと考えてできる範囲での工夫を凝らしている、とも言える。

伊達に強大なシェアを持っているというわけではないようだ。ファッションブランドとしての努力がなされていて、頭が下がる思いみがある。


オモテ面。

まさか?と思いつつ抉ってみると…
IMG_3669


お前もか!お前も色付きガラスか!
IMG_3671


こっちはダイアル(文字盤)も綺麗なので別に色無しでもいいと思ったのだが。
まぁ、分けるとコスト高になるとかなのかもしれない。
IMG_3672

ファッションブランドだからこそ、自然とサングラス的な概念を時計に適用させる事ができたのだろう。

ロレックスやパテックが今後色付きガラスを搭載したモデルを出すことなど、とてもではないが考えられない。

夜な夜な時計雑誌やマニアの愛用時計画像を舐めるように熟読する、やや時計愛を拗らせたような方々には結構新鮮なのではなかろうか?


僕には新鮮であった…



…ポリッシュ編へ続く。

ドキドキ電池交換 ⚡️エレクトロクロン編その2⚡️

カテゴリ:
また電池が切れてしまった。ゼンマイで動かない時計は不便なものよのう。

Wittnauer 
Electro-chron
IMG_3209

裏蓋を開け、電池を取り出す。

蓋の裏にある白いのは、ダンボールで作ったスペーサー。我ながら適当すぎ…
IMG_3220
この時計は、ゼンマイ動力の代わりに電力で歯車を回しているだけである。なので、テンプも普通にチクタクチクタク音を立てて動いている。

電池の利便性と機械式時計のぬくもり、その両方を堪能できることがこの時計のオーナーの特権である。


大げさなほどに稲妻がデザインされた短針、長針、秒針、これらは当時としてはとても画期的であった電池式時計の販売を大いに誇ってい事の表れであろう。


さて、自作スペーサーのダンボールから出る粉塵は機械の大敵なので、いまさらながらビニールテープで補強してやることにした。
IMG_3224


これで…
IMG_3225


こう。
IMG_3226

余ったところはハサミで切る。結局断面が見えちゃってるのだが…まぁいいか 笑。
IMG_3227


電池。五百円程。
IMG_3258


スペーサーの真ん中のくぼみに、ポチっとな!
IMG_3257

ハマった。
IMG_3247


蓋を手締めする。

この正多角形の裏蓋は60-70年代の時計に多いのだが、正直開けにくいのであまり好きではない…いいオープナーが欲しいなぁ。
IMG_3256


今回も無事に動き出して何より、良かったよかった!この瞬間は本当に心臓に悪い。スペーサーの位置が悪いと動かなかったりするので、ほんま焦る。
IMG_3250
いつみてもカッコヨイ。テンプの振れる音がとても心強い。



以上、エレクトロクロンの電池交換でしたとさ。

ミニルーターをゲット!

カテゴリ:
念願のミニルーターをゲット!



ブツはこれ、ドレメルのコードレスミニルーター。コードレスは必須条件であった。

サイズ感も手頃である。


なんと、先端にはLEDライトが三つくらいついてて、手元を照らしてくれる。僕は電動ドライバーでも同じようなのを待っているが、このライトが本当に便利なのである。

合わせて買ったコレットセット。市販のドリルもこれでばっちり対応!!

あと例えば爪楊枝とか綿棒、縫い針も装着できるようになる。

試しにバフにサンエーパールを塗り込んで、テスト用のジャンク時計で研磨してみる。

左側のラグが軽く当てて数秒研磨したもの。右側が未研磨。
くすみ放題のジャンク時計がピカピカに…!!


お気にの手巻き時計も研磨してみた。

主な用途は研磨なのだが、結構馬力があるため切断や切削、穴あけでもそこそこ使えそうである。早速携帯ケースに紛失時の連絡先を手彫りしてみたが、結構うまくできた。楽しい。

とりあえずこれで研磨が楽になる、かつ楽しくなれば良いなあ。


Hamilton Viewmaticのクリーンアップ その4

カテゴリ:
部品の乾燥を待つ間に注油をば。
テンプ受けの耐震装置のバネを取り外す。

すると、こんな塊がポロっと出てくる…


これが受け石。小さい。
一番上の石を開けて、古い油を爪楊枝で拭き取り、新しい油を差す。
そしてそれを穴に戻して、耐震装置のバネを戻す。
バネを戻す時はこの上なく優しくはめ込まないと、耐震装置が曲がってしまうので注意。



地板。
洗浄してないため、ベンジンをつけた爪楊枝と、ロディコとブロアーで丁寧に汚れを取る。目に見えない金属片とかはロディコでほぼとれるはず…


コハゼと、洗浄した丸穴車を取り付ける。AO-3を注油。
ピカピカ!


その他も黙々と組み上げていく…


んで、テンプまで着けて、テンプ受けのネジを締める前に、こんどはテンプ受け側の受け石に注油。
さっきと同様に耐震装置をぱかっと開けて、石の間を拭いて注油し、また戻して耐震装置をはめ直す。その後、テンプ受けのねじを締めて固定する。ぱかっと開いてる耐震装置をご覧ください。↓

ケースの研磨も忘れずに。このケース、何と部品を組み合わせて作っているため、仕上げが微妙に異なるパーツが混ざっている。ので、マスキングテープで、異なる仕上げのところを覆い隠して、鏡面仕上げの部分を磨く。
これは磨く前。


磨いたあと。ピッカピカ!!!



逆側も同じように。。マスキングテープをはがして付け直す。サンエーパールでひたすらこする。つっても一分くらいでキレイになる。



ケースが終わったらもう一度洗浄して、乾燥させたあとにムーブを装着。
これはもうムーブメントホルダーまで装着してしまった後の写真。
裏蓋もスタンバイ済みである。こびりついた茶色い汚れはベンジンや爪楊枝、サンドペーパーでこすって落とす。

さてここで、これまで大活躍であったパッキンにもう少し頑張ってもらうべく、グリース塗布。

いつもの塗布ケースにぶちこみ、ふたをしめてぐりぐり回すと塗布完了。

ピンセット二本を使い、抑えたり引っ張ったりしつつ裏蓋にパッキンを装着!
今後数年は、文字通り水際で水分の侵入を抑えてくれる役割を果たすことであろう。

パッキンは、さらにサランラップをつかってしっかりピンセットで押さえつつ、はめ込む。途中でねじれなどがないか注意すること。また、グリースがサファイアガラスなどについてしまわないよう、気を付ける。

裏蓋を閉める前に、お楽しみの歩度調整。
さすがETA-2824-2、この精度である。素晴らしい。ビンテージ時計に慣れていると毎回驚かされる…


できあがり!!みよ、このツヤ・・・

龍頭周りもこの通り。ぴっかぴか!

ひとまず緊急メンテを終えたHamilton君。生まれ変わったようである。
微妙にではあるがカレンダーの切り替えタイミングも調整しなおしておいた。

お試し用に革バンドを装着してテスト運用(という名の無断借用)。
よいねーーかっこよい!!



というわけで、Hamilton Viewmaticのメンテナンスでございました。


持ち主のT君には、個人的に似合いそうな革バンドを選んで勝手に買って、
抱き合わせで返却しようと思う。他人の金で選ぶ革バンド美味しいです。

Hamilton Viewmaticのクリーンアップ その3

カテゴリ:
ムーブメントの分解に入る。




自動巻機構を取り外す。

裏側はこうなっている。

ムーブメントは、ETA2824-2。右にあるロゴがETAを表す。関係ないが、このロゴが文字盤にプリントされたビンテージクロノをたまーに見るのだが、あれはどーいうものなのであろうか?

テンプを外す。


丸穴車を外す。と。うおっ…汚れが…

アンクルを外す。アンクルを外す前に、必ず香箱のトルクが残ってないことを確認すること!!
香箱を指で押さえながらオシドリをピンセットで解放し、ゆっくり回してゼンマイを解いていく。ていうか、整備の前には無闇矢鱈に巻かない…よね?


すると…釣れた釣れたw
アンクルがドライバーに吸い付くほどの磁気を初めて見た。


ヒゲ持ちもこの通り、見事なまでに帯磁している。ネジがくっついて持ち上がる。すごっ!!

速攻消磁器で消磁する。中華製のかなり怪しい器械なのだが、ちゃんと消磁できるからすごい。写真撮り忘れた。



輪列受けを外す。


香箱受けも外す。


さて、自動巻機構の分解に入る。裏側のプレートを外しバラす。


香箱内部。外壁付近にAO-3を塗布し、内側にはグリース。


ケースといくつかの部品を超音波洗浄。今回は日の裏側はバラしていないので、地板は洗浄せず。油汚れやカスは、ロディコや爪楊枝にベンジンを染み込ませたものでこすって取り除いた。


つづく…

























Hamilton Viewmaticのクリーンアップ その1

カテゴリ:
とある覇権会社(派遣会社ニ非ズ)のやり手の若手営業が巻いていたこの時計、

Hamilton Viewmatic
黒文字盤にドーフィンハンド、ミックスインデックスのキリッとした出で立ちのハミルトン自動巻デイト付き。


うーん、かっちょいい!!

八連ブレスの質感は高く、巻いていてとても柔らかく感じる。さすがハミルトン…おそるべし。

ビンテージ時計大好きの僕であるが、明確にビンテージ時計が現代時計にかなり大きく劣る点、それはブレスである。

ビンテージ時計のブレスの価値や楽しみは希少性という要素が多分に含まれていて、装着感や長さ調整の利便性などはイマイチという事も少なくない。

それに比べ、このハミルトンの時計のブレスの質の高さと言ったら、もはや極上と言ってよい。
素材の調達や加工機械の発達、人材チャネルの多様化など色々な理由はあるのだろう。あるいはロレックスが、かなり頻繁にブレスレットの仕様変更を行う点から見ても、日進月歩の世界なのであろう。


閑話休題。


…しかし、時計を手に取ってみるとどうも動きがおかしい。手巻きの感触が重い上に引っ掛かりがあるようで巻きが悪く、シースルーバックの中をのぞいて見ても心なしか乾いているような印象。


裏側。
ネジ周りの汚れから、公私にわたる
パートナーとして使い倒してきたのだろうなぁと、想像できる。




ので、預かってクリーンアップする事にした。ハミルトンの時計は初めてバラすため、楽しみ、楽しみ…


このページのトップヘ

見出し画像
×